水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
アートシップインターナショナル展(Japonismesジャポニスム2018参加記念)

2019年4月16日~4月29日
今夏にフランスで開催の「KOKORO JAPON展」PART1およびPART2(独立行政法人・国際交流基金主催Japonismesジャポニスム2018参加企画認定イベント)に出品したメンバーおよび一般アーティストによる展覧会を開催します。(【ジャポニスム2018】の詳細は下記参照)会場は2017年11月~12月に理事長・ 長尾周二が個展を開催した香川県高松市の「大西・アオイ記念館」で行います。
〒761-0302 香川県 高松市 上林町148番地
※もよりのインターチェンジは高松中央I.Cです。香川大学工学部、県立図書館近くです。
電話:(087)880-7888
施設入館料:100円

ホームページ


※ご参考:大西・アオイ記念館
アオイ電子および同社の創業者・大西通義氏が設立した「公益財団法人大西・アオイ記念財団」が、文化芸術の振興などを目的に開いた施設です。大西氏がこれまで集めた茶道具や絵画の作品が展示されています。

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。概要は下記の通りとなっています。
「日本とフランスの両国が連携し、芸術の都フランス・パリを中心に“世界にまだ知られていない日本文化の魅力”を紹介する大規模な複合型文化芸術イベントを開催します。」
(Japonismes ジャポニスム2018公式サイトより引用)
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1902171
私が一番感じる変化は通信だと思います。
日本国内でも30年前には通話料金が数十万円払った記憶があります。
渡欧した際に国際電話で通話する際にも大変な思いをしていました。
水彩画家・長尾周二1902172
スペインに滞在中、インターネット通信が始まった頃でネットカフェでカードを買ってそれに打ち込まれた番号を押してやっと繋がった事を思い出しました。
20桁30桁の数字を打ち込んで途中で間違えたりでした。
公衆電話の国際電話でやっと繋がった物です。
勿論通常の国際電話の通信は大変高い料金でした。
水彩画家・長尾周二1902173
今はスカイプを始め容易に繋がります。
先日もフランスから電話がありました。
何処に居ても電波が届く場所だと繋がります。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1902141
五剣山の先に庵治と言う地名が有ります。
山道を走って居ると大仙山と言う遺跡がありました。
標高136メートルの山頂に磐座と思われる場所が有りました。
解説板には数千年前に出雲から岡山に来て海を渡りこの地に根付いたと有りました。
高さ2.5メートルの立石が有り其処で祭事が営まれて居たと有りました。
小さな祠が後に造られ現在でもその場所では神事が行われて居るそうです。
荘内半島に在る立石同様で、神聖な場所だと感じました。
水彩画家・長尾周二1902142
この場所から西に庵治港がありその岬の先端に皇子神社が有ります。
高貴な方が葬られた地だそうです。
その西に屋島の長崎の鼻には古墳があり古から瀬戸内海は交通の要所だった証だと思います。
夕日の時間に瀬戸内海を写生しました。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1902111b
海外生活が長い七條公光子さんとお会いしました。
今日は七條さんの絵を見せて頂きました。
彼女は特別美術大学等で勉強した訳では有りませんが自分のイメージを高め作品にして居ます。絵を描く事は生活の中で心の叫びだったり夢だったり自分の心情を表現する事が本来の自然の行為だと思います。
そうした本来持っていらっしゃる感性を十分表現して居る作品群で鑑賞する側に感動を伝える事が出来る秀作です。
今後の作品も楽しみです。
水彩画家・長尾周二1902112
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
五剣山の作品は日没前に太陽が有る場所から少し離れて見られた彩雲です。
珍しいので落日を描かず彩雲を描きました。
自然は時に感動を届けてくれます。
水彩画家・長尾周二1902113
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
筆が進まず眺めて一日が終わった事も有ります。二度と同じ光景は見る事が出来ないと分かって居ますが圧倒的な大自然の中で過ごすと描けない事もあります。
そうした情景をイメージしながらその時を待って居ます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1902101
朝日が射して天気の回復を予感させてくれます。
車を大好きな大串半島に走らせ夕方を待って居ます。
風はまだ冷たいのですが青空が太陽の温かい日差しを届けてくれています。
梅の花が咲いて青空と青い海に映えます。
その梅の花を見ていると小鳥が何羽か蜜をついばんで居ます。
海の上はヒサゴが魚を狙って舞って居ます。
穏やかな一日が過ぎて行きます。
水彩画家・長尾周二1902102
こうして高松で過ごして居てもフランスから連絡が有ったり、東京や松山から企画展の連絡や打ち合わせが進んで居ます。
今日はモーリエール瞳さんと連絡してフランスから画家が来日するので宜しくと伝えました。
さてそうして居ると夕日の時間に為りましたから写生します。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1902091
88歳になられて居ますがお元気の様子です。昨年度の活動報告や5月にARETEC(欧州造形美術振興協会)・会長フランソワーズ・イカールさんが来日予定ですと伝えました。
今でも現役で役職や美術館運営等に精を出して居ます。
明日は大阪に向かうそうで毎週の様に出掛けて居ると話されて居ました。
フェイスブックでは趣味の写真撮影の映像を掲載されて居ますが美しい被写体を留めて居ます。
水彩画家・長尾周二1902092
午前中はギャラリーほのほで企画展の打ち合わせをしました。
会期は4月22日~30日で決めて頂きました。
私の展覧会が決まった事でそうした事を念頭に進めて居ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1902053
高松市での展覧会や愛媛県砥部の展覧会が決まり、展覧会準備の一環として色紙も描き始めました。
水彩画家・長尾周二1902051
渡欧する前は毎年400枚は描いていましたが、近年は色紙を描く事が少なくてフランスではパネルに張った余りの水彩紙でスケッチしてそれを販売して居ます。
日本には色紙と言う便利な用紙が有りますのでそれを使い描き始めました。サイネリアを買い求めたのですが少し早いと言われパンジーにしました。
毎日これから色紙を描く様にします。
水彩画家・長尾周二1902052
ARTEC(欧州造形美術振興協会)会長のフランソワーズさんが5月に来日予定に為ったので、その事を愛媛県の宮崎さんにお伝えする為にお会いしました。
高松に立ち寄るとの事でしたので待ち合わせしました。
「愛媛県松山市に来られた時にお世話になります」とお願い致しました。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1902031
今日も瀬戸内海が望めるミカン畑に行って写生しました。
天気が良くて瀬戸が輝いて居ました。
結局、暗く為るまで其処に居て写生して居ました。
梅の花が咲き始め華やいだ雰囲気の中夕陽に染まる瀬戸は夢の様な光景でした。
そうした空気を吸って光の中で写生して居ました。
水彩画家・長尾周二1902032
一枚二枚三枚と絵筆を走らせましたが思う様に行きません。
何年道々廻りをして居るのかと情け無い気持ちに為りました。
所詮絵空事だけど目の前には素晴らしい風景が在ります。
気合いを入れ直してもう一枚と挑戦しますが残念ながら思い通り行きません。
ロワール川の河畔で何日も挑戦したり富士山を何年も追い続けましたが中々一歩前進する事が出来ません。
明日こそと野外写生に出掛けます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1901311
此処は私が時々車を走らせ風景画を写生して居る場所の一つです。
鬼ヶ島で有名な女木島や小豆島、対岸の岡山県も望めます。
季節は立ち止まらず春に向かって居ます。
梅や蝋梅が咲き始め華やいだ雰囲気に為りました。写生する楽しみが加わって心が踊ります。
雪の風景も描きたいと思って居ますが今年は四国でも降雪が少なく前回寒風山に向かった時でも非常に雪が少なかったです。
水彩画家・長尾周二1901312
2月に東京に行きますが雪の風景に出逢えば是非写生したいと思って居ます。
四国に居る時も美術関係者の方々とお会いして交流を進めて居ます。
東京に向かう前にも色々な打ち合わせも必要な事も有ります。
そうした事も進めながら過ごして居ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1901302
体調は戻ったものの咳が止まりません。人と話したり電話したりすると時々咳き込みます。
困ったものです。
野外清掃や写生の時はそうでも有りません。
大作は手を付けて居ませんが6号サイズの写生を続けて居ます。
昨日は強い風が吹き海も荒れ気味でした。
水彩画家・長尾周二1901301
高松市に在るNPO法人ギャラリーMONの川添巌さんを訪ねました。
長年高松市の文化に貢献され素晴らしい活動を続けて居ます。
何度かお目に掛かって居て親しくさせて頂居て居ます。
このギャラリーは壁面約75メートル有ります。
そして私が率いる(一社)アートシップインターナショナルとARTEC(欧州造形美術振興協会)、そしてNPO法人現代美術普及協会とコラボして展覧会企画を進める方向で話が纏まりました。

今迄コッコッと進めて来た事が又形に為りそうです。
早速NPO法人現代美術普及協会に連絡して一緒に進める事に為りました。
2月東京で会合を持ってパリマドレーヌ寺院展と合わせ詳細を詰める事に為りました。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1901252
電話で会長の和田さんは不在と分かって居ましたが立ち寄りました。
この美術館にはプライベートビーチが有ります。
瀬戸内海の海岸はゴミで美しいと言える海岸は殆どありません。
しかしこの美術館の海岸は綺麗に清掃されて居て見ていても気持ち良い風景です。
水彩画家・長尾周二1901251
挨拶をして後にしました。
その後、対岸の大串半島に向かいました。
私の好きな場所で海岸清掃をする為です。
水彩画家・長尾周二1901253
ごみ袋や道具は常日頃から車に積んで居ますので直ぐ始められました。
丁度干潮の時に始め終わったのは満潮に為っていました。
45リットルのごみ袋15枚使って集めました。
小さな浜辺ですがいつもこんなにゴミが有るのかと呆れます。
ゴミの種類を見て居るとペットボトルが目立ちます。その次が観葉植物のプラスチック容器です。自宅の庭やベランダを花で飾ってその容器が大量に捨てられて海が汚れて居ます。
前回同じ場所で清掃した際には漁具が目立ちましたが其れは少なく為っていました。
海水はとても透明度の高く綺麗ですから渚のゴミが無くなればと思って居ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1901241
新居浜のスポーツ公園で泊まって香川県荘内半島にむかいました。
紫雲出山がありこの周辺は私の大好きな場所でもあります。
浦島太郎の伝説や神社が在ったり数々の遺跡や史跡が有ります。
水彩画家・長尾周二1901242
海洋民族である私達の歴史が詰まった瀬戸内海を眺めて楽しんで居ます。
此処からの朝陽や夕陽は特別美しく感じます。
瀬戸内海に突き出た半島はそうした風景を私達に見せてくれます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1901231
寒風山連山を一日中眺めて楽しみ暗く為って下山しました。

夕方にフランス・ARTEC(欧州造形美術振興協会)会長のフランソワーズ・ イカールさんに電話して愛媛県砥部のミュゼ里山房での企画に関して了解を得ました。都合が付けぱ展覧会のオープニングに来て下さるとの事です。
水彩画家・長尾周二1901232
ヨーロッパに旅立ち14年目になりコツコツと積み上げた人間関係がこうした交流に発展して居ます。
フランス人は個人的な信用を得ると活動の幅が広がりますが日本の場合はそうした信用を得る迄時間が必要です。
何度も会って積み重ねて少しづつ前に進む事が可能です。
歳を重ねて人脈や友人の存在を尚更大切だと認識して居ます。又、人を紹介する事の難しさも感じます。
自分を天才アーティストとか才能があるとか勘違いして振る舞って居る作家を偶に見ますが本当に世の中に出るには信じられない位の応援や人々の援助が有ってこそなし得ると思って居ます。あまりお行儀の良く無い方はその時代にチヤホヤされたとしても消えていくと私は思って居ます。

今日は香川県荘内半島で海を眺めながら過ごして居ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1901221
早朝暗い時間から寒風山トンネルを抜けて林道を登りました。
標高1000メートル位の林道を瓶ヶ森方面と逆の道を少し走り其処で一日過ごしました。
朝は流石に寒く地面もカチカチに凍結していました。
先ず迎えて来れたのは野ウサギでした。
満月に近い月明かりで幻想的な景色が見られました。
水彩画家・長尾周二1901222
夜明けを待って写生を始めました。
山は少しの残雪と霧氷で冬の険しい姿を見る事が出来ました。
未だ咳が少し出ますが問題は無さそうです。
旅立つ前に作ったおにぎりは無くなってコンビニで買ったパンを朝食に、
昼はインスタントラーメンを作って頂きました。
山の食事は何を食べても美味しいですね。
流れる雲が染る頃もう一枚描きたいと思って居ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1901211
矢野徹志さんとお会いして概要が決まりました。
会期5月11日〜18日
10日搬入  11日レセプション
「フランス作家と砥部のコラボ展」で進んで居ます。
長年、砥部芸術文化発展に寄与された矢野さんと一緒に企画出来る事はとても楽しみです。

その後松山で宮崎さんや飯尾さんとお会いして砥部展に向けて協力して頂ける様に依頼しました。

飯尾さんは国際的な七宝作家でフランス トゥールのヤマト展に出品して頂いたご縁が有ります。
又、高松市のギャラリスト二見さんを紹介して企画展の話が進んで居る様です。
地方文化もこうして前向きな取り組みが進んで居て大変楽しみです。
フランス在住作家の上森さんもギャラリストの二見さんを紹介して企画の話が進んで居ます。

さてそうした活動の合間を縫って釣りに行って来ました。
冬は余り魚が釣れない時期ですが私が行った場所はまるで釣り堀のようで約30センチを筆頭に80匹位アジが釣れました。釣れたアジは塩焼き刺身で頂き絶品でした。
あとは友人の宮崎さん、飯尾さんに配って頂きました。

今日は西条市から高知県に向かい寒風山トンネルを抜け石鎚山系瓶ヶ森スーパー林道入り口迄車を走らせ、標高1000メートルの場所に居ます。
夜明けを待って制作します。
流石に所々に残雪があり危険と隣り合わせです。
スーパー林道は四月迄通行止めに為って居ますので反対側のスーパー林道に入って来ました。
凍結して居る場所も有ります慎重に走って来ました


※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1901182
未だ体調は万全では有りませんがおにぎりを作り愛媛県砥部に向けて走り出しました。松山まで140キロですが下道を走りますから余裕を持って行きます。三豊で地産の生産物を買いました。スーパーマーケットで一袋300円はするミカンが半額の150円で売って居ましたので購入しました。その後西条市の歴史博物館を見学しました。
弥生時代に標高220メートルの山に住居跡や墳墓が見つかったとの事です。その時代には香川県にも同じ様な標高に住居跡が有る場所が有ります。どちらも瀬戸内海が見渡せる場所です。
そうした古から航路として重要だと認識させられます。
そんな事を思い描きながら石鎚山系の雪を被った風景を描きました。
次回のブログに掲載します。
明日は砥部のギャラリストと打ち合わせです。
フランスのフランソワーズさんとも打ち合わせをしましたので其れを加味して決めたいと思っています。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1901151
未だ咳が出て居ますが暗く為るまで浜辺に居ました。何度となく大串半島に来て風景に浸り光の中で染る時を楽しんで居ます。
この場所は渚近く迄車で入れる場所で私は大好きな場所です、
以前ここでも海岸清掃をした事が有りますが国立公園の浜辺でもゴミの山状態です。
近くの海岸よりはマシですが又大量のゴミが流れ着いたり捨てられて居ました。
今度行ったらごみ袋を持参して拾いたいと思って居ます。
水彩画家・長尾周二1901152
今週末は愛媛県砥部のギャラリーオーナーと打合せです、
体調を万全にして釣りも楽しみたいと思って居ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1901131b
春の桜や若葉の作品をイメージ して構想を練って居ます。
季節が周のは思いの外早く過ぎて行きます。
ま、体調を万全にしてからの話ですが大作を描きたいと思って居ます。
元気に為ったら先ず釣りに行きたいですね。
水彩画家・長尾周二1901132
フランスのARTE C会長フランソワーズ イカールさんと連絡を取り高松市に在る美術館や砥部のギャラリーでの企画を進めて居ます。又 フランスParisでの企画やロワール地方での企画の打ち合わせを進めて居ます。フランソワーズさんも来日の予定が有るそうで日本のメンバーや銀座のギャラリストを紹介したいと連絡しました。
勿論アートシップインターナショナルの名誉会員 佐藤さんも紹介したいと思っています。

明日は外に出て写生です。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1901121
未だ咳が止まりませんが居ても立っても在られませんから車を大串半島に走らせました。
とは言っても完治していまはせんから夕方まで待てず帰って来ました。
部屋で寝ている生活は退屈です。

日本の報道を見て居ると文化と呼べる物が殆ど有りません。
テレビでは「カルチャー&スポーツ」と謳って居る番組ではスポーツは分かり易いのでしょうか?
スポーツにより多くの時間を割いて報道しています。
そしてカルチャーは芸能人の離婚や不倫などが主です。
クラシックのコンサートや展覧会の報道は殆ど見た事が有りません。
日本で発信されているいわゆる「カルチャー」は個人的には見聞きしたくもないような内容だ、と思っています。
水彩画家・長尾周二1901122
リーマン・ショックの後、多くの新聞社では文化部の記者が退職させられて、街の取材も経済や政治の記者が兼務して居るという話を聞いたことがあります。
そうした場合、文化分野においては素人の様な記者の取材では、なかなか内容が有る物には為りません。

何度か日本でも取材されましたが、フランスのそれとはまるで違います。
展覧会の情報、特に作品の解説文は、詩として鑑賞出来るレベルの文章です。

ところが私の個展の際に日本の記者が書いた文章では「離婚してどうのこうの・・・」というものが有りました。作品とどう繋がるのでしょうか?
また日仏文化交流展の際もフランスの作家紹介や評論は全く無く、記事になってもフランス作家に日本の記事を持って行けない代物でした。
友人は記事に為っただけでも良かったと話して居ましたが、私は情け無い気持ちで一杯でした。
ハイヤーで若手の記者が長時間取材した結果が的外れの記事ですから・・・。

しかし、昨年銀座等で見聞きした作家やギャラリストには熱気や創作意欲の一端を見せて頂きました。

こうした動きから新しい鼓動が聞こえて来ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
ヨーロッパ23ヶ国を回って居て未だ未だ色々な逸話が有ります。

南仏・エクス アン プロバンスのJ カルロス ガロさんとの出会いが旅の一番でした。
泉の街センター、裁判所横の一画がガロさん家族所有の建物です。
其処に京都の町家を想像させる竹林が有るギャラリーが在ります。
其処で出会ったのがガロさんです。
水彩画家・長尾周二1901092
ガロさんは四年前肺ガンで他界されまし たが私の大親友でした。
4回個展を開催して頂きフランスの芸術に関するイロハを教えて下さいました。
そうした彼から受けた感動と彼の才能は私の財産です。
水彩画家・長尾周二1901091
スペインから南仏コリオの街に入って市内観光をして居る時にトイレに行きました。
其処に「ジュリエット50ユーロ」と落書きが有りました。
其れを見てロミオは誰だと見渡し、「アッ!俺か」と感心したり驚いたりでした。
舟の写真はその時に撮った物です。

サンレミ プロバンスではノストラダムスが住んで居た家に現在住んで居る知人が出来たり、
洞窟に住んで居る戦前にドイツから来たパイロットだった父を持つ知人等、
ヨーロッパ中に知人友人が大勢出来ました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1901081
サンマリノやベローナを回って居た時のヤバイ出来事です。
渡欧して2年目小さな村の教会裏で休憩をして居ました。
すると中学生らしき男の子が寂しそうに座って居ました。

その子とたわいの無い話をしてる時に警察官が3人来ました。
同行して欲しいとの事で警察署に連れて行かれました。
何とイタリアの警察署取調室に入れられました。
その取調室の扉は金庫室の扉と同様な見た事も無い頑丈な物でした。
「ガシャーン!」と閉まると外界の光も入らない代物でした。
水彩画家・長尾周二1901082
後から聞いた話ですが、その子が自分の親戚の警察官が所有する腕時計を盗んで手配されて居る時に私が一緒に居て連行された訳です。
勿論身に覚えかありませんから堂々と笑顔で質問に答えて居ると途中からその扉は開けられ、
此れで助かったと確信しました。
その子の母親か無実を証明したとの事でした。

母親は「懲りずに又来て下さい」と言われましたが、警察署の取調室に入った村など2度と来るつもりは有りません。 一歩間違えれば罪人になるところでした。

又釈放の際に警察官が「私にこの村から出て出て行け」とえげつない英語で叫んだ事でも有り何が起こるか分からないイタリアには近づかない様にして居ます。

イタリアでは他にもベローナで観光して車に帰ると車の鍵穴が壊されて居ました。
幸いオートロックでドアは開かず荷物は無事でした。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ