水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1806192
朝、アラームが鳴り響き私もテレビをつけて情報を得ました。又、地震です。
地球規模で異変が起きて居る様です。当然気象現象や海の異変も起きています。
釣りに行っても釣れる魚が変わったりして居ます。
世の中が騒しく為って居てもスケッチブックを持って写生に行く事は日課として居ます。
昨日は高松港の朝日町にいきした。
水彩画家・長尾周二1806191
今日は少し西の方に行って制作する場所を探しました。
弟の庭にある枇杷の熟れた実を摘んで車を走らせしました。
昼過ぎ迄は青空が覗いていて美しい瀬戸内海が広がり思わず筆が進みました。
高台から瀬戸内海を望みましたが埋め立て地が随分増えて居ました。
街の風景も高層ビルが幾つか建って居て夜景も綺麗ではないのかと想像出来ます。
夕方には雨が降り出して帰路に着きました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1806142
弟と釣りに出かけて写真の様なベラを弟が釣り上げました。ベラとしてはかなりの大物で香川県では高級魚として扱われ居ます。私も竿を出したのてすが当たりも無く残念なから釣れませんでした。彼はその後カサゴ、ハゼも釣り上げ満面の笑顔でした。余り釣れる時期ではありませんが楽しく過ごしました。
水彩画家・長尾周二1806141
私は瀬戸内海の余りにも美しい風景に魅了されてイーゼルをだして写生です。
初夏の瀬戸内海も魅力ある風景で魚は釣れて居ませんが満足の一日でした。
子供の頃と海岸線は大きく変わって埋め立てが進み風景が変わって居ます。今、神戸行きのジャンボフェリーが出港して島なみに消えて行きました。瀬戸大橋が完成後変わったのがフェリー業界です。無くなった会社も有りますしジャンボフェリーも便数か本当に少なく為りました。時代の流れを見て臨機応変に対応する事の大切さを感じる出来事です。
また、瀬戸内海も同様に魚が取れなく為って居ます。餌を付けなくてからバリでもハゼが入れ食いだった頃が懐かしいですね。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1806112
島根県のある町で北海道のオホーツク海を望む街道と同じ様な光景を目にしました。
其処は国道から入った海水浴場です。
十数軒の民家がある小さな集落です。
その漁港で釣りを楽しみました。
砂浜に面した場所はコレでもか!と整備されて居ます。
シャワー室やトイレも完備されどれ程の人が来られるのかと思える公共事業の様です。

北海道のオホーツク海に面した街道も沿岸の町や村ごとに、海水浴場を同様に整備して居ます。
それに飽き足らず温泉施設も何ヶ所も見られました。

そうした施設や整備事業だけで地域活性化が出来ると思って居るのでしょうか?
水彩画家・長尾周二1806111
少し大きな都市でも中心部は空きテナントが目立ち、祭日でも人の通りが有りません。

九州のある市では、当地の観光協会・会長が経営する温泉ホテルが何度か訪れるうちに、ついには経営破綻して営業して居ませんでした。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1806091
写真(写真下)の大物は山陰で釣れました。
最近はタモ(手網)を持って釣りに行きます。
釣り上げた時はヒラメではと勘違いする程大きなカレイでした。
水彩画家・長尾周二1806092
小雨が降ったり本降りに為ったりで一時 傘をさしたりしながら釣りを楽しみました。
意外と今の時期、釣れないと釣り人が話して居ました。
小メジナ、カサゴ、スズメダイなどポツポツと釣れて居ましたが何が来たかと驚くほど竿がしなりました。勿論タモを出して取り込みました。
スーパーにみりんと砂糖と醤油を買って来て煮付けにして頂きました。
美味しく頂きました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1806081
名古屋から久しぶりに「20年ぶり」に岐阜、関ヶ原、彦根と走り京都を目指しました。基本的にこのルートは時間が掛かりますので滅多に利用しません。
明るい内に彦根城を右側に見ながら走り抜けました。
その日は京都から9号線を福知山方面に、途中丹波で左にハンドルを切り川を渡り畑の横で泊まりました。車を止めて電気を消すと星天と何か光って居る物が見えます。良く見るとホタルです。しかも大きなゲンジ蛍ではありませんか。
私が生まれて7才まで育った田舎の夏と同じでその大きなゲンジ蛍の軌跡を追って楽しみました。
水彩画家・長尾周二1806082
朝、鳥取経由で米子方面に走り約束より早かったのですが作品を受け取りました。
天気予報が微妙ですが釣りを楽しみたいと思います。
瀬戸内よりは大きな魚が釣れますので楽しみにして居ます。釣り道具屋さんで餌を買って更に西に走らせました。
釣れなくてもこうして居る時が一番楽しいですね。
美保関で小アジを釣って居る老夫婦と出会い三匹のアジを頂き捌いて刺身にして頂きました。
日頃の疲れを取るのにはコレが一番です。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1806061
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
梅雨前線が北上して愛知県も雨が降り出しました。夕方から降り出した雨は車の屋根を叩き真夜中に目が覚めブログの更新と為りました。
昨日は西尾市のメンバーとParisマドレーヌ展の打ち合わせをしました。
夢を語り目標に向かって進む姿を見るのは楽しい物です。そうした輝いた瞳の背中を押して一緒に活動出来る事は私にとっても幸せだと思って居ます。

日本の大学を卒業しParisの大学に留学中の麟太郎さんはルーブル美術館ピラミッドで五月個展を開催して早くもその才能を発揮し、高く評価されて居ます。
同様に今回出品し渡仏する千葉さんも素晴らしい才能と行動力があり未来が開けると確信して居ます。
夢を見なければ人生楽しく有りません。その夢を叶えるには行動しなければ夢で終わります。
そうした夢追い人を応援するギャラリストが日本にもいらっしゃってそのオーナーから5人の作家が紹介され出品します。

今年はそうした事も有って会を立ち上げて4年目、がむしゃらに突き進み次の夢に向かって居ます。国際交流は勿論の事、日本文化の為に出来る事を一歩一歩前にと思って居ます。
そうして旅を続けて山を愛で時に海に浸りおまけに魚釣りも楽しみたいと思って居ます。

水彩画家・長尾周二1806062
作品の海は蒲郡市で描きました。
麦わら帽子の釣り人は若い女性で写生が終わった後しばらく釣り談義と為りました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1806041
「白馬連山」
画材の絵の具で無くなった色が数種類あるので補充しました。
毎日の様に使いますから当然無くなります。筆も擦り切れて使い物にならなくなり補充です。
パレットは百均で買った物で十分ですが筆と絵の具はプロフェッショナル用を使って居ます。
取り寄せになる絵の具は次回帰国した時に補充です。

水彩画家・長尾周二1806042
「多摩丘陵の風景」
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
多摩丘陵で泊まる場所から一枚描きました。一日中そうした場所に居ると筆を持ちたくなる風景が現れます。すると直ぐ筆を持ち描き始めます。白馬連峰も何枚か描きました。
何枚も挑戦して居ると稀に納得する作品が出来ます。そうすると又新しい目標を探してトライします。
時間に追われて大作の準備が出来ず旅に出ましたが次の旅では万全で臨みたいと思います。
この後名古屋のメンバーと打ち合わせをします。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1806022
朝5時から大井競馬場のフリーマーケットを見に行く為に多摩から車を走らせました。
7時過ぎには入場して会場を回りました。先ず駐車場の場所と料金が以前と変わりました。6月から変わったそうです。駐車場の場所は敷地内から道路を挟んだ反対側に駐車です。以前は1日500円だったのですが1000円に値上がりして居ました。競馬場がフリーマーケットの盛況振りを見て値上げしたそうです。

水彩画家・長尾周二1806021
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
当然出店料金もワンブロック4000円から6000円に値上げと為って居ました。出店者も利益確保の為に商品の価格もそう為っていました。以前程魅力が無くなって居ました。フランス作家の額縁も此処で安く手に入れましたがそれも此れからは難しいと感じました。
しかし来客数は相変わらず多くて外国人も大勢いらっしゃっていました。
ジーンズとワイシャツをと思って来たのですが程良い商品が有りませんでした。
結局駐車場料金に見合うだけの商品は買えませんでした。出店者数も何割か少なくなって居ました。
時間つぶしにはいいかも知れませんがわざわざ行く程の魅力が無いと感じました。
この後アートシップインターナショナルのメンバーと会ってから名古屋に向かいます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1805291
「白馬村からのぞむ北アルプスの連山」
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
昨日釣れたイワシを煮付けおかずにして昼食を頂きました。昨日描いた浅間山と北アルプスの作品を掲載して居ます。
水彩画家・長尾周二1805292
「浅間山遠景」
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
糸魚川市の姫川を遡りヒスイ渓流に行きました。ま、縄文の古からその美しい宝石を大切にしていた訳です。私も姫川河川でそれらしい石を探しましたが勿論見つかりませんでした。
その先の高波池も訪れました。
風景が心に響く物でしたら制作します。
残念ながら引き返し白馬に車を走らせそこで車を止めて暫く時間を待って居ます。
残雪の白馬連峰は素晴らしいです。
何度と無く訪れて居ますので何処に行けばいいのか分かって居ます。幸い一日中白馬連峰が見えて居て楽しみました。
今日は此処で泊まろうと思って居ます

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二180527
「妙義山」
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
草津温泉から長野市に向かおうとしたのですが白根スパー林道が全面通行止め、引き返し嬬恋村で一泊しました。朝、浅間山を嬬恋村から描いて長野県上田方面に走りました。今回は途中から地図を見ないで走りました。そうすると皆神山神社と有りましたので車を走らせました。以前、インターネットで皆神山ピラミッド説を見た事が有りますので立ち寄りました。
多分山頂の神社も古墳と関係して居るのではないかと私は感じました。
長野市駅前に山小屋と言うカレー専門店が有ります。
友人の息子夫婦が経営しています。そこで昼御飯を頂き新潟県を目指しました。
水彩画家・長尾周二180528
此処も20年前に直江津港で釣りをした事があり向かいました。
港でイワシが釣れて居ました。最初は見て居たのですが私も竿を出しました。
餌は買って居ませんがサビキ釣りで始めました。
そうすると群れが通る度に釣れました。約100匹は釣れたと思います。15匹だけ鍋に入れて後は地元の方に差し上げました。
その内5匹は刺身にして頂きました。残りは煮付けにしました。
今晩の夕食は此れで頂きました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1805261
「榛名富士」
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
旅は良いものですね。名古屋から信州を走り何故か榛名湖湖畔に居ます。此処は初めて訪れました。夜明け前から目が覚めて東の空を見て居ました。
言われてみれば箱根にも似た風情があり湖面には釣りを楽しんでいるボートが何槽か浮かんで居ます。
水彩画家・長尾周二1805262
「妙義山」
昨日は高崎市に在る古墳を見て来ました。埴輪も再現されて居て興味深いものでした。
現地に行かないと分からない事も有ります。
そうした感じた事を制作に繋げていけばと思っています。
下手な絵ですが続いて描き続ける事で前進も有ると思っています。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二180523
TGVでシャルル ド ゴール空港にむかいました。ストライキの心配も有りましたが汽車が動いて居るので一安心。
昼過ぎには空港に着いたのですが最初のフライト時間は午後5時台だったのですが変更で7時台に変更、其れが最終的に9時過ぎのフライトと為りました。スペイン等では良くある事で空港で2泊してフライトを待った事も有りました。
待つ事は仕方ないのですが何度もスケジュールが変わると予定が立ちません。乗り継ぎ便の格安航空便でしたから乗り継ぎ便の時間も変更そして待つ事2時間又、その出発時間が2時間遅れでフライトそして成田空港に着きました。
最近のフライトでは味わえない事で貴重と言えば貴重な体験でした。
そして朝の便で高松空港にむかいました。
自分の制作だけでは無くて色々な事をこなしながら前に進んで居ます。成田空港の日の出は5時前でした。今日も一日が長い日になるのでしょうね。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1805201
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
天候のせいで例年より早く咲き始めたココリコ畑も盛りに為りました。
館の対岸にその畑は有ります。車だと橋を渡らなければ為りませんから片道14キロです。
フランスの田舎町だと隣街まで10キロ前後は有りますから近いと言う印象です。しかもロワール川を眺めながらのドライブですから快適な道程です。シャトーショウモン迄7キロでそこまで殆ど民家が無くゴルフ場が有る位です。
水彩画家・長尾周二1805202
橋を渡って左折し数軒民家が有りますがカンデまでは畑や森が有ってこれ又快適なドライブです。ロワール川の支流が有りその橋の手前を左折すると現場に着きます。
木陰に車を停め画材を持って畑真ん中迄歩いて通って居ます。
こうした恵まれた環境で制作出来る事に感謝です。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二180516
麟太郎さんと一緒にユネスコ日本代表関係者とお会いしました。
機会あると日本政府高官とお会いしています。
情報交換だけでも大変有意義です。
朝の約束でしたから私は久しぶりにParis郊外のフリーパーキングに車を停めて一泊しました。
日本ではスズキの軽四エブリですからそれに比べると室内は倍は有ります。何も荷物を積んで居ませんから広くて申し分ありません。
帰って来て今日は庭のバラの花を描きました。
昨日と一転、暑くて堪りません。
どんどん上着や下着を脱いで夏仕様で描きました。
数日後は帰国です、私のカバンの中はメンバーの作品で一杯で衣類はリュックの中に数点入れて帰ります。自分の作品やアンテークを持ち帰りたいのですが儘なりません。
私の部屋からロワール川が望めます。丁度目の前に瀬が有って其処に白鳥が30羽位居ます。私が来てから約一カ月ですが毎日其処に居ます。
朝夕窓から見える白鳥を見て過ごして居ます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1805141
主にカルチェラタンのアンテークショップ街とギャラリー街を見て来ました。
役5時間かけてのんびりと見て回りました。途中ランチはセーヌ川河畔で頂きました。
常に時間が取れればこうして色々な芸術作品と触れています。
現代の動きや作家の息吹きも見る事が大切だと常日頃思って居ます。

私の場合はそうした作品に触発されはしますが真似したり作品に取り入れる事は有りません。
所詮、自分の作品は自分が創り出す物で今迄の延長上にしか無いと思って居ます。
天才でも奇才でも有りません。只の絵描きでこうするしか能がないので仕方なくそうして居ます。
水彩画家・長尾周二1805142
今日もココリコ畑通いです。
見る側も私もチョット違う花のエチュードをと思ってパンジーを描きました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1805121
久しぶりにブラシューの「レストランうまみ」でオーナーに再会しました。
相変わらずの笑顔とバイタリティーで次の夢を語ってくれました。
Paris、ビジネスで成功するのも希望と夢ですよね。
私も何故此処に居てロワール川を眺めて居るのか時折り不思議な気持ちになります。
様々な出会いが有って今日が有ります。人のご縁や思いもしない事って有りますね。
目をキラキラ輝かせて前に進めば必ず形に為りますね。
水彩画家・長尾周二1805122
今年は世界遺産のParisマドレーヌ展の他は市長や自治体、アソシエーションからの依頼で展覧会に為って居ます。
8年フランスに滞在してフランスで個展を開くのが夢と語ってくれた画家が居ましたがそうした事を考えれば本当に幸せな事だと思います。
昨日はスケッチして居て作品を買って頂きました。話をして居たら私の作品は見た事が有ると仰って居ました。エチュードでしたが有り難い事です。大作も見たいとの事でカードを交換しました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1805102
昨日までは暑くて畑の真ん中で迄行って帰ると汗だくでした。今日は一転寒い位です。
このブログを送信したら又写生に出掛けますがこの気温の変化は身体も戸惑って居ます。
快晴が続いて居ましたが朝からどんよりとした厚い雲に覆われて居ます。
中々思い通りの作品が出来ませんがそんな事にはお構い無く毎日同じ場所でイーゼルを立てて居ます。
昨年も納得の行く作品が出来ませんでした。泊まり込みで憲兵がやって来る位畑の中で粘り何とか一枚ものにしました。
水彩画家・長尾周二1805101
今回の場所は館から近いので泊まり込みはして居ません。
食事や水、運動量の変化で少し体重が落ちて来ました。その為か加齢のせいか疲れ気味でベッドで良く寝て居ます。
日本で再会すると良く体重が落ちたねと言われる位だと思います。実質的に四階の部屋まで上がり下りをして居ますし畑でも良い運動ですからトレーニングに為って居ます。
日本に帰っても同様な運動量だと太らないと反省です。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1805072
寒かったり真夏の暑さだったりで咲いて居ない筈のココリコがご覧の様に咲いて居ます。
毎日、車を走らせ描いて居ます。今日は特に暑くて車を木陰に止めて昼食を取りました。
おかげで顔は真っ黒ますます何人か分からない程日焼けしました。
制作場所は本当に畑の真ん中で300メートルは
菜の花畑の中を歩いてココリコが咲いている場所迄行きます。画材一式と水、パネルを持って歩くと汗が噴き出します。
水彩画家・長尾周二1805071
そうして描いた絵もこの程度で情けない作品です。絵は本当に難しいです。自分の行為思考其れしかそれがそのまま画面に現れます。
夕方、フランソワーズさんと絵画論を交わしましたがプロとアマチュアの作品は一見すると分からない作品も有ります。特に私の作品なんか上手いのやら下手なのやら分かりません。
自分でもそう思う時が有ります。
只、アマチュアは偶然一見素晴らしい作品が出来ますが、長年の制作の間で考えるとそれなりのレベル以上の作品は殆ど有りません。

現代美術と言われて居るパフォーマンス作品は誰でも参加出来る点は評価出来ますがレベルの点ではかなり問題が有るとフランソワーズさんは話して居ました。
同じ会場で其れらが展示した場合ややもすると見る側や出展者に誤解を招く事が有る作品が多いと嘆いて居ました。
そうした現代だからこそ制作を続けて自分を磨く事が大切だと思います。
ま、描いて居る作家には敵いません。
それでも全力で立ち向かっても中々納得の行く作品は出来ません。
明日もイーゼルとパネルを担いで畑の真ん中で戦いに臨みます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1805051
2、3日前の朝は車のフロントガラスに氷が張り付いて居ました。暖炉に火も入って居ました。
そんな真冬の寒さが今度は初夏の陽気に為るそうです。
そうした異常気象の所為なのか何とココリコ〔ポピーの花〕が咲き始めて居る畑を発見しました。歩いて現地を確認しました。
水彩画家・長尾周二1805052
掲載して居る作品の畑に赤い花が咲いている風景画がそうです。例年5月末から咲き始めるので今年は制作出来ないのではと半分諦めて居ました。明日から気が済むまで描きたいと思って居ます。未だ咲き始めで時間と共に赤いジュウタンと為ります。
今回見つけた畑は車が横付け出来ないので大作は1枚位にして持地運びしやすいサイズに制作しようと思って居ます。
しかもそう遠くない場所で丁度川向こうに在る畑です。
そうした訳でやる気が出て来ました。
絵描きは絵を描かなければ只の遊び人に為りますから絵筆を持つ事が大切と心得て居ます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1805041
在フランス日本大使館で麟太郎さんと一緒に外交官とお会いしました。フランスでの企画に後援をお願いする為です。
フランソワーズさんが企画して居る展覧会のベルにサージュが今日ある為に車でご一緒にParis迄来ました。
先日の騒動と鉄道のストライキが重なって高速道路が大渋滞、大使館には約束の時間より若干遅れて着きました。
暴動が有ろうがテロが有ろうが未だ未だ魅力の有るParisです。政治、経済に問題が有っても芸術の街です。
水彩画家・長尾周二1805042
トゥールのヤマト展やParisで出会った日本人は私も含めて所謂日本人的な規格から大きくはみ出して居ますね。私なんかフランスでも日本でも日本人にも何人か分からないと言われる始末です。

海外に居ると特に中国人、朝鮮人、フランス人も一筋縄では行かない人種でそうした人々の中で揉まれて10年もすると嫌応が無しに精神的にもタフにならざる得ない状況になります。
ま、良く良く話して見ると皆さん隣に居る日本人とはまるで違う濃さを感じます。それだけ海外で仕事を続けるには企画外のタフな神経を持って居ないと生きられないと思います。
メンバーの麟太郎さんもそうした人種の一人で確実に力を溜めて育って居ます。
皆さんにも彼の活躍を見て頂けると思います。

↑このページのトップヘ