水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

2010年04月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記画像100407
最終日にスイス人が作品を買って頂いて話をした所、バカンスでフランスに来ているそうです。スイス-アルザス地方に住んでいるそうで夏是非遊びに来て下さいとの事、機会が有ればスイスにも行きたいと思って居ましたからとても嬉しく思って居ます。

展覧会期間中にはまだまだレポートしていない事が起こりました。フランソワーズさんから誘われ展覧会のパーティーに参加しました。生演奏が入りフルコースのディナーをご馳走になりました。その会場でも色々な人を紹介して頂きました。写真はその時の様子です。

金曜日に市長さんから招待を受けています。その時フランス語での挨拶をしなければいけない様で明日から少し練習をしなければいけません。

多くの新しい友人が出来ました。何より来年も6月約1ヶ月展覧会を同じ会場で企画して頂きました。フランスは公的ギャラリーがとても少なく地元の画家でも中々展覧会が出来ない中で一番良いシーズンを用意し て頂きとても喜んでいます。

8月はボルガールのシャトーで展覧会が待って居ます。その前に5月エクスアンプロバンスのガロさんのギャラリーでの個展が有ります。
又ドイツ-シュロスミツコ美術館で一年間一室企画展が開催中で
す。夏にはドイツに行こうと思って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記画像100405
ロワール渓谷には世界遺産のシャンボール城を始めレオナルド-ダ-ヴィンチ終焉の地アンボワーズ城等数多くのシャトーが在ります。その中一つで観光コースに入って居るシャトーでの出来事です。

又一つ嬉しい事が増えました。シャトーボルガールのマダムナタリーさんと再びお会いしシャトーを案内して下さり展覧会会場も見せて頂きその上で私の個展が8月このシャトーで開催出来る事に為りました。
詳しくは案内状が出来ましたらご報告致します。
通訳は向井円さんに御願いしました。
又オープニングパーティーには向井円さんに日本料理を作って頂くよう御願いたしました。
一つの旅が重なる度に友人の輪が広がり、より有意義な文化交流が開催出来る事はとても嬉しく思います。
シャトーのマダムナタリーさんが期間中シャトーに泊めて頂けると仰って下さいました。
フランス皇帝フランシス一世と縁があるこの場所で過ごせる事はとても楽しみです。

このシャトーについては個展が始まり滞在中に報告させて頂きます。

写真はマダムナタリーさんと向井円さんでシャトーボルガールの中で撮ったものです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
ブガッシュウ市のギャラリーで初日ベルサージュにいらっしゃって下さった向井さんからランチのお誘いが有り有り難くご馳走に為ることにしました。展覧会が終わる迄毎日御世話して頂けるとの事、有り難うございます。エクスアンプロバンスの友人ガロさんが親しくする事は国益に繋がると言って居ましたがそんな大袈裟な事で無くとも情報交換や親睦がはかれるだけでも有意義だと思います。

今日は火曜日に続き小学生の見学&絵の授業がありました。

市長さんが再び来られて作品を買い上げて頂きました。御世話になり応援迄して頂き有難い限りです。

↑このページのトップヘ