水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

2010年05月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記画像100505
何度か通ったN7号線はパリに向かう主要国道です。リヨンを通ら ずN82号線を通り又元の7号線に戻るルートを走りました。

何と峠付近は積雪が有りビックリです。
若葉の上に雪が積もって居ました。しかも霧で視界が悪くやっとの思いで越えました。
ロワール地方のパン屋さん〔こずえ&デイデイエさん〕から冬に戻った位寒いとメールが有りましたが、此処は正に冬景色です。

そんなに急ぐ必要は無いのですがロワール川の上流にある小さな街が気に入っていて其処で過ごそうと思って走りました。
走っていると重要文化財建造物のマークが有ります。
教会やお城、橋等です。雪道を通り抜け走って居ると重要建造物のマークが有りました。

国道から迂回し辿り着いたら橋でした。とても古くて威厳の有る橋ですが橋の上からは余り良く見えません。

橋の横に有る道を車で入ったのが大変な間違いでした。行き止まり、しかも未舗装小雨模様登り道。
行き止まりでタイヤパンク。
パンクはスペアタイヤに交換慣れたものです。しかし小雨で未舗装、これが厄介でした。
何度となく登り道をトライ、横の崖に落ちない様に注意しながら道を踏み固めやっとの思いで脱出。
タイヤ交換と冷や 汗でグショグショに為りながら一般道路に出ました。
FFの車でなかったらレッカー車を呼ぶか晴る迄待つかでした。

今日は近くの村の教会横で野宿です。もう動きません。
早いけど夕飯に味噌ラーメン用意して温まって寝ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二近影201005
※写真は制作風景です。
写真家のジョンさん宅で写生している時に熱中していてジョンさ んが写真を撮って居るのが分かりませんでした。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・プロバンスの古い壺
エクスアンプロバンスの展覧会を開催しました。
ガロさんのギャラリーに有ったプロバンスの古い壺がとても気に入って描きました。体力、気力が戻り絵を描くのが楽しくて楽しくて毎日の様に描いて居ます。

ランチを共にしていてガロさんから死んでから有名に為るよと云われました。
十数年前にも日本で聞かされた言葉をフランスの一流アーティストから聞くとは夢にも思って居ませんでした。やはり死なないとダメな様ですね。
日本に帰った際はロープか練炭、日本刀を用意していて下さい。作品の価値が上がるそうです。〓

画学生の様な静物画を描きましたがめったに描きませから楽しかったです。
今の作品の方向や内容がこのまま続けて行けば又一つ階段を昇れると感じています。
セザンヌやゴッホがし残した色や光の表現にチャレンジしたいと思って居ます。ピカソ以降の作品を追い掛けるつもりは全く有りませんし人真似をする気は有りません。
デザイナーかイラストレーターに任せて置けば十分です。〔現代は画家より内容のある仕事をしているのはデザイナーやイラストレーターかも知れませんね。〕

先日Parisの美術館やギャラリーを見て回りましたが今、私が感じている美しさより素敵な作品あまり有りませんでした。表現出来るかチャレンジです。
ま、アトリエの中で描いた風景画に負ける筈が有りませんよね。
負けず嫌いは何処までも負けず嫌いです。

絵空事と言う言葉の通り感じた事を表現する難しさを毎日痛感しています。写生で良いのですが只写生しただけでは感じる美しさが表現する事が出来ません。この延長線上に自分の仕事が有のだと思います。

↑このページのトップヘ