水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2010年09月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
今日は当サイトおよび長尾周二先生の国内ホームページを管理しているタウンクリニックドットコム本部よりお知らせです。
9月16日に長尾周二先生が日本に帰国されました。
フランスでの活動の成果として下記の期間・会場で日仏秀作美術展覧会が開催されることになりました。
すべて入場は無料です。お気軽にご来場ください。

★2010年9月25日~10月7日名古屋ちいさな美術館かじた
(名古屋市中川区上流町二丁目15-2・電話052ー 351ー7505)
http://www6.ocn.ne.jp/~t.sakura/index.htm

★2010年10月28日~11月2日長野市ギャラリータカハシ川中島
(長野市川中島町原1392-10・電話026-284-7055)
http://www.gakubuti.net/gallery_top.html

★2010年12月7日~12月13日京都法然院
(京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30番地・電話075-771-2420)
http://www.honen-in.jp/

詳細は随時ご連絡いたします。ご来場をお待ちいたしております。


またフランス側で出品される作家のリストや、挨拶文、一部の作品の写真を掲載いたします。
★開催にあたってフランス側の画家・フランソワール・イカール氏よりのご挨拶(本文をそのまま掲載・一部敬称略)
「このたび展覧会を企画するということには、多大なるエネルギーと、多くの日本人の友人の協力を要するものでした。
今回この素晴らしい展覧会を実現することを通して、そのことを痛感いたしました。
この度手伝ってくださったフランス人アーティストたちに感謝すると共に、特に、長尾周二氏なしではこの展覧会の実現はありえなかったでしょう。芸術活動を行っている、代表的なアーティストをここに紹介いたします。

・表現主義派expressionist  イザベル・ベリヤール氏
・幾何学コラージュgeometrical sticking  ベルトラン・レサンプールティビエルジュ氏
・幾何学描写  フェレン氏geometrical drawing セボ(ベルギー)
・抽象派abstract works  シャンタル・ダルメ氏 ジョアナ・ゴレッカ氏 ファティマ・ビネーウアカ氏(モロッコ)
・新表現・自由表現new representation or free representation    アニック・ピカール氏 フランソワーズ・イカール(本人) 

このアーティストたちが、ヨーロッパで現代美術の完全なアウトラインを皆様に披露いたします。

これからご覧頂けます、素晴らしい水彩風景画家である長尾周二氏。そしてその友人達により企画されたこの展覧会を、ご来観の皆様に喜んで頂ける事を願います。

フランソワーズ・イカール」


★フランス側で出品される作家のリスト
Ferenc sebok
フランク スボック
Joana GORECKA
ジョアナ ゴレスカ
Bertrand Lesimple
Thivierge
ベルトン ルサンプル ティビエジュ
Florent Prudent
フロゴン プリュドン
Chantal Darmet
ションタル ダミ
Anic Picard
アニック ピカ-
Jacqueline Llpszyc
ジャクリ-ヌ リプシック
Irene des Mineres
イレ-ヌ デミニェ-ル
Isabelle Belliard
イザベ-ル ベリア-
Genevieve Villain
ジュンビェ-ル ビラン
Fatima BINET OUAKKA
ファテマ ビネ ウアカ
Odile Bianconi
オデ-ル ビオンコニ
Martial Provost
マルシァル プォウ゛ォ
Francoise Icart
フランソワ-ズ イカ-ル
Shuji Nagao
シュウジ ナ゛ガオ

★出品作品の写真(一部)
2010日仏友好展覧会出品作品写真1
2010日仏友好展覧会出品作品写真2
2010日仏友好展覧会出品作品写真3
2010日仏友好展覧会出品作品写真4
2010日仏友好展覧会出品作品写真5
2010日仏友好展覧会出品作品写真6
2010日仏友好展覧会出品作品写真7
2010日仏友好展覧会出品作品写真8
2010日仏友好展覧会出品作品写真9
2010日仏友好展覧会出品作品写真10

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真100914
ベニドーム槙さん宅に何日か滞在しマドリッド空港に向かいました。

滞在中槙さんの仕事先、海岸の教会横広場に遊びに行きました。
彼は30年以上ポートレイトを描き続けて既に20000人を越えた
そうです。その作品は素晴らしく皆さんに愛される訳で着いた時も作品を制作していました。写真はその様子です。

夜11時59分バレンシア地方ベニドームのバスターミナルからマドリッド空港に向けハイウェイバスで向かいました。

深夜バスですから当然室内灯が暗くなります。しかし走りだすと運転手はラジオ番組を選び出して音楽を流し始めました。案内アナウンスでも有のかと思ったのですが彼の好きな音楽を流して居るだけの様です。
勿論慣れて居ない私は最初寝られず驚いて居ました。ウエスタン音楽から始まってピートの効いたラテン音楽迄流して居ました。
ボリュームを下げて居る様子は無く室内に響きわたって居ました。何ともスペイン的と言うか朝7時前にマドリッド空港に着くまで流して居ました。

例えば東京、大阪行きの深夜バスでラテン音楽を流して居る様な物ですから文化の違いと言うか只、驚くばかりでした。さすがに朝方少し寝ましたが!?

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
フランスロワール地方を旅立ちスペインに向かいました。ピレネー山脈中央292 号線を峠越えしスペイン・アインシアに向かう予定でした。
久しぶりの車上生活、ピレネー山脈が望める場所で野宿したのですが寝付かず車を移動しました。深夜の移動で側溝が見えず左側前輪を脱輪してしまいました。ジャッキアップ 、しかし一回で脱出出来ず朝まで待ちました。外は前線の影響で雨、雷、突風と車が揺れて居ました。朝、雨の中で木やレンガ等を拾ってきて車輪の下に橋を作りましたが近くに材料がなくかなり歩いて探し集めました。
あとは一回で脱出ピレネー山脈中央の峠越えを目指しました。しかしどうやら通行止めの様子。スペイン側からは見たことが有る場所なので峠付近まで行って見ました。天空のダム湖が2つコバルトブルーが輝くとても美しい風景でした。

N20号線に回りアンドラ経由でピレネー山脈を越えスペインに入りました。峠は霧が濃く殆ど前が見えず苦労しました。アンドラで泊まりサラゴサ経由バレンシア地方ベニドーム迄帰って来ました。

帰国迄余り時間が無く直行となりました。

↑このページのトップヘ