水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2011年01月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
私が高松工芸高校在学中、日本は70年安保闘争の最中でした。
学校の教壇に先輩の美大生が立ちアジ演説をしました。此からは前衛芸術の時代だ!とダダイズムを叫んで全て破壊から始まる、デッサンも古典的考えも全て壊せば新しい芸術が生まれると。(アジ演説をした先輩は現在、芸術活動を続けて居ません。)あれから40数年、前衛芸術の辿り着いた先はパリのポンピードウ美術館に見られる様にセックスとバイオレンス、パフォーマンスだけに為って行きました。私が美術予備校の生徒によく話して居ましたがもし、それらの活動が芸術ならばコマーシャルアートの方が余程完成度が高いのではないかと。

石や木を並べて美しいだろうと言ってみたり。体に絵の具を塗りキャンバスに転がったり、知性とか感性とかまるで感じられ無い物に為りました。抽象絵画(具象絵画には抽象絵画の要素も当然含まれていると考えて居ます。)は未しも偶然とパフォーマンスだけでは作品とは言えないのでは無いのでしょか。

当時基礎デッサンは最低5年間は続けないと物事の真理は理解出きないと言われた事を信じトヨタ系セントラル自工デザイン課に就職した後も続けました。

具象でも抽象でも心に響く魂からの叫びを表現する事が芸術作品だと確信して居ます。昔の見世物小屋の様なろくろ首や人魚擬きで人を欺く事が芸術作品だとは思いません。

私の師はダ・ヴィンチでありセザンヌであり北斎でありそれら人類の宝である感性とエネルギーを感じつつ自分がこの地球から与えて下さった感動を画面に表現する事が私の仕事だと思って居ます。

感じた美しさや感動を表現仕切れない悔しさや未熟さを背負いながら生きて居ます。
今に見ていろ!と!何時か納得の行く作品を、日々努力しています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
アパートを引き揚げ車上生活を始めて10年近く経ちます。過酷な生活が続いた結果、歯と目が加齢と共にガタが来ています。昨年は腹膜炎、胆嚢炎を併発入院手術となりました。こんどは歯の治療です。日本に滞在中は数ヶ月おきに歯垢除去と共にチェックして頂いたのですが海外先では儘為らず帰国時に面倒を見て頂いて居ます。
今月中は歯の治療に専念です。

話は変わりますが海外から日本人を見ていると時々理解出来ない出来事や自信過剰と言うか井の中の蛙と言った事を感じます。
毎日メディアでエコノミーエコノミーと連呼し日々一喜一憂している日本の現状を見ていると滑稽さや哀れさを感じます。
日本各地を旅していて挨拶をするとキョトンとしたり返事が返って来なかったりする事が有ります。隣近所でさえ交流が無く孤独死で紙面を賑わせています。

トヨタ自工の社長がアメリカで涙を流して謝罪して居た時、フランスに滞在していましたがフランスの人々はアメリカの野蛮人が騒いで居ると私に話していました。もし彼にアメリカの要人何人かに友人が居たらあんな茶番劇に為らなかったと思います。(帰国してトヨタの社員から聞いた話で社長が友人を作る事の大切さを訓示したそうです。)日本を代表する会社が此ですから言わずともお分かり頂けると思います。

人々が親しくする事によって信頼関係や経済に繋がって来ることは当然で人間関係の基本だと思います。トヨタの社員に限らず海外勤務を命ぜられた時から帰国する事を目標に仕事し、子供は現地の言葉をマスターし仲良くしますが大人達は日本人村で過ごして居て現地の言葉処か友人すら作らず帰ってくるのが大半です。
私も各国で駐在員や企業の社員と出会う事が有りましたが人を見下げた態度や馬鹿にした態度で接した人々が殆どでした。何様で何を目的に海外勤務されて居るのかと疑う程でした。
中には気持ち良く今でも連絡を取り合っている人が数名居ますが珍しい位です。
先端技術であれワインであれ扱うのは人間ですから如何に人々と親しくする事がその販売や経済に繋がる事と為ります。

海外に出ない日本人、出てもツアーと同じ様にぞろぞろと仲間で自分勝手な我が儘で通してる日本人。

私は貧乏で日々の暮らしに事欠いて居ますが心の貧しい姿を見ていると寂しい限りです。
日本の都会で周りを見渡し100年後残っている建物や物が幾つ有るでしょうか?後世に受け継がれ残る物が文化です。一生懸命生きた証が文化遺産になると思います。
又それらの活動全て人との係わりで生まれ来ると思います。

先ずは周りの人々と仲良くする事を心掛けたいと日々願っています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真1101101
アパートを引き揚げ車上生活を始めて10年近くになります。家財道具は処分しましたが作品を友人知人宅に預けて居ます。それらの作品を収容する倉庫を作りました。
四国高松の弟が住む車庫の中の一角にコンパネ30枚と材木を用いて倉庫を作りました。スペースとしては2トン車位のスペースにコンパネで部屋を作り棚を着け完成です。

倉庫を作り始めまもなくした年末29日に母が亡くなりました。
フランソワーズさん一家が日本から飛び立った18日に入院しまし た。風邪だったそうですが肺炎を併発29日午後8時過ぎに亡くなりました。酸素吸入をしていて危篤状態でしたが正かの出来事でした。殆ど日本に居なかった私ですが最期の親孝行が出来て有難い事だとしみじみ感じました。享年87歳でした。年の瀬の葬儀で身内のみで行いました。

倉庫が完成したのは正月4日でした。母の部屋に預けていた作品と額縁を納めるとそれだけで半分は埋まりました。長野、東京、滋賀、高松に預けて居る作品は次回の帰国時に回収したいと思って居ます。
弟と二人で手作りの倉庫です。ドアを付け鍵を掛けたときはホッとしました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真101227
新春のお慶び申し上げます。
本年はうさぎ年、私も気が付けば還暦、年男となりました。
ヨーロッパ放浪の旅も5年目を迎えます。
昨年フランス、ロワール地方の世界遺産群シャトーボガールで個展を開催して頂いたご縁でシャトーのゲストルームを用意して頂き作品制作を依頼されました。
今年は車上生活から一転、世界遺産群のシャトー住まいとなります。車上生活も十近くと為りましたがその厳しい生活から卒業となります。雪の中で立ち往生して朝を迎えたり体調を崩し入院、手術と為ったり本当に厳しい生活でした。
今年はシャトーボガールから四季の木々や草花の香りを描きながらロワール地方のお便りを送りたいと思って居ます。

↑このページのトップヘ