水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像や文言は無断での転用・転載を固く禁じます。
水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・2020年4月29日~5月10日(終了)
日仏文化交流展Part1「アートの散歩道・パリー群馬安中」
【後援:外務省、安中市】


・2020年6月23日~28日(終了)
日仏文化交流展Part2「人から人へつなぐ2020コロナを超えて・パリー瀬戸内」:愛媛県美術館
【後援:外務省、愛媛県、松山市、NHK松山拠点放送局、南海放送、テレビ愛媛、愛媛新聞、FM愛媛、愛媛日仏文化交流会】

・2020年6月20日~30日(終了)(同時開催)
長尾周二&フランソワーズ・イカール二人出会い展
愛媛県砥部町ミュゼ里山房
愛媛の展覧会の詳細はこちらをご覧ください。


当サイトは画家・長尾周二氏の投稿をほぼそのまま掲載しております。
※掲載においては長尾氏本人の責任において現行の国内外の法令や社会規範等を遵守するように努めておりますが、お気付きの点等がございましたら直接長尾氏にお問合せをお願い致します。適宜対応いたします。
※メールアドレス(下記はリンクではありませんので入力ください)
shuj-nagao-go-12@docomo.ne.jp

(サイト管理者より)

2011年05月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真110524
ロワール地方の皆様に支えられて東日本大震災チャリティー展覧会、荒井弘子個展、中台真帆個展、長尾周二個展が無事終了しました。

チャリティー展覧会では市長始め大勢の皆様に参加して頂き多額の義援金が集まった事に心より感謝申し上げます。

引き続き個展の際も荒井弘子さん、中台まほさんが色紙をチャリティー作品として協力頂き重ねて御礼申し上げます。

引き続き本年度アートテクト展覧会に出品する際や個展でもチャリティー作品を用意してチャリティーボックスに義援金として入れたいと思っています。

パリ・マドレーヌ教会での展覧会でもマダム・フランソワーズさんからチャリティーボックス設置とチャリティー作品販売を継続すると話が有りました。

話しは変わりますが車のラジエーターは新品と交換する事と為りました。熔接でと思った箇所がプラスチックでした。大枚が消えて行きます。
今年の旅も未々続きますので仕方有りません。此処でも皆様に協力頂きありがとうございました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
パリ・オペラ座近くのマドレーヌ教会での展覧会日程です。
6月15日から28日です。
午前10時から午後6時迄オープンしています。

パリに来られたら是非お立ち寄り下さい。
昨年秋に続き二度目のパリです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真ロワール川のポピー
先日ロワール川沿いに咲いているポピーを描きに行きました。車で移動中は何時も自分の好きな風景を見つけると地図を頭の中に記憶する様にしています。そのポピーを描き終えフランソワーズさんのシャトーに帰る途中ラジェターゲージがレッドゾーンに為りました。

昨年、ロンドンの二上さんにお会いした時にラジェターの交換時期ですよとアドバイスして頂いた事を忘れてチェックを怠って居た為に水漏れでオーバーヒートしてしまいました。
TOYOTA車とは言え既に20万キロ走り日本だと即廃車でしょうがどっこい欧州では動くまでは現役です。水漏れ防止剤を入れてもう少し働いて貰う様にします。せめて秋、スペ インにたどり着く迄はと希望を込めて居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真110517
今日はシャンソン小劇場のジョゼさんとカトリーヌさんが個展会場にいらっしゃいました。ワインをお土産に頂きありがとうございました。

CDを聴いて頂きピアニストの赤松真理さんの事をお話し、今度フランスに来られた際にお会いして頂ける様にお願い致しました。画家の交流だけではなくて音楽家の交流も始まります。

来月はパリ・マドレーヌ教会での展覧会も企画されて居ます。パリに行く機会が増えそうです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・新聞記事写真110514
内容は日本人三人のそれぞれ違った作品を展示しています。シュウジはフランスをこよなく愛していてその気持ちが良く出ている作品です。大変素晴らしい作品で日本の風景と共に約50点展示しています。

ロワールのパン屋さんが店先で簡単な内容翻訳をして頂きました。三人の名前は日本の新聞と違ってきちんと掲載されて居ます。

この個展でもブラッシュ市の市長さんが作品を購入して下さいました。有り難い事です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真110508
5月7日ベルニサージュが開催されました。
ブラッシュ市のギャラリーで個展が始まりました。
昨年個展開催の後、来年度は全室自由に使って良いと許可を頂きました。
日本から荒井弘子さんが一室使って頂き、ロワール地方にお住みの中台まほさんも一室使って個展を開催して頂きました。

ベルニサージュには市長始め美術協会会長、フランソワーズ・イカールさんプレスの関係者等50名以上の参加者が有りました。仕出しは向井円さんロワール地方のパン屋さんからも差し入れがあり日本料理と美味しい御菓子で皆様から喜んで頂きました。

市長や美術協会会長の挨拶の中で日本とフランスがリンクする事は大変意義有る事ですと話が有りました。

私からは東日本大震災のチャリティー展覧会のお礼と続いて個展でもチャリティー展覧会を続ける事を報告致しました。そしてフランス・ブラッシュ市の皆様の温かいご支援に心より御礼申し上げました。
写真は挨拶の後歓談中写真です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真110506
シャトーボガールに案内し肖像画展を見ました。その時ピアノ演奏家の赤松真理さんご夫妻に出会いました。
レンタカーで観光中だそうでロワール地方は初めてだそうです。
ランチを手製のサンドイッチでご一緒し、シャトーボガールを見学の後もロワール観光を一緒しました。
最後はシュウジのシャトーでカレーライスを作りジョンさんの友人も交え7人で歓談交流しました。
日本語、英語、フランス語が飛び交いそれでも意思の疎通は出来るものです。親しくしようとする気持ちは伝わるものだと感じました。

応接間にあるグランドピアノを弾いて頂きましたが日本に一台有るかどうかと言う100年以上前に作られた大変貴重なピアノだそうです。家具や調度品もアンティークに囲まれた素敵な部屋で演奏を聞くのも格別でした。

赤松真理さんご夫妻とは又再会する約束をして別れました。

写真はシャトーボガールの庭園でチャペルの前で荒井弘子さんご夫妻と赤松真理さんご夫妻です。

↑このページのトップヘ