水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2011年06月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
美しいモニュメントや整然と造られた街並みは世界の人々を魅了します。
そんな街でも色々な人々が戦いながら生きて居ます。メトロに乗るとトランペットやアコーディオン、バイオリンにギターと演奏している姿が見られます。
旅行者にとって心地好い音楽演奏も時には騒音にしか聞こえない場合が有ります。早朝から深夜迄並大抵では出来ないと感心させられます。

マドレーヌ教会の入口には何時も物請いが居ます。
其処にも縄張りが有るようで時間によって三人でローティションを組んで居るようです。二人の老婆と一人の老人です。
少々の雨が降ろうが明け渡す気は更々無い様子です。毎日顔を会わして居ると彼女からも挨拶する様に為りました。

そう言う訳ですから泥棒も稼業として成り立って居ます。
旅で訪れたパリの街にも色々な人々が戦いながら生活して居ます。人種も育ちも考え方や思想も違う人々です。

パリの高級ブランドショップでは価格表示が無く価格を尋ねないのがマナーとされる店が在る半面1ユーロを生活の糧にしている人も居ます。

私も1ユーロを生活の糧にしている人の一人ですが、経済と言う魔物に呑まれたら最期何も見えない世界に入って終うのかも知れません。

限られた時間と生活スペースで有る地球の事も忘れないで下さいね。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真1106212
先日、日本から友人が遊びに来て一緒にアンティークショップに行きました。

一見して価値の有る物だと分かりましたので是非購入したらと何度も薦めたのですがノーと言われて私が購入した物です。18×36センチ位の作品ですが18世紀ナポレオン時代のシルク製品です。勿論手織りで絵を描いて居ます。

マダム・フランソワーズさんは美術大学の先生でも有ります。
見せると大変珍しい物で美術館に展示していても良い位の作品だと解説して頂きました。買った値段は約1万円です。

今までにも手元にお金が無く買えなかった物の中に一、二点惜しい品物が有りました。

そんな時は無理しても買うべきだと今は思っています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真110616
13日14日と搬入や準備で忙しくして居ました。
今日15日から29日迄パリのマドレーヌ教会で展覧会が開催されて居ます。
会場は丁度教会の入口辺りの地下です。昨日も準備中に係わらず何人もの人々が入って来ました。

写真は展覧会案内板正面入口です。

あっ!車は動かなくなり廃車が決定的です。
慎重に行動していても此ばかりは仕方有りませんね。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
今日はパリ、マドレーヌ教会の展覧会の準備でご一緒しました。
帰り道にフランソワーズさんが「shujiは笑顔で皆さんと親しく接するから皆さんに愛されるのだね」とおっしゃいました。

殆どの日本人は挨拶すらまともに出来ません。
私はフランス語も英語も殆ど話せませんが機会が有れば出来るだけ顔を出す様に心掛けています。
自分の意見や希望を言う前に人と親しくする事が大切だと考えるからです。名前と、顔を覚えて頂く事が一番です。モノを売るのでも頼み事をするにしてもです。それすら出来ない又は技能や才能があれば何とかなると勘違いしてる人がいます。

少しばかり馬鹿でも皆さんに可愛がられていた方が何かに付け面倒を見て頂けるものです。
勿論語学が堪能で社交的であればそれに越した事は有りません。
私には全てに於いて能力が優れて居るとは言いがたいです。
あえて言えば思いつく全てを実行する事だと思います。
どんな些細な思い付きでも実行してみます。
すると思わぬ答えが返って来るものです。

昔から言われて居るように可愛い子には旅をさせろと。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
ロンドンの二上さんのお宅で日本のテレビを見ていて感じた事を書いてみました。
総理大臣も自民党も民主党も東京電力、学者、マスメディア、新聞社、全てが真実を語らず責任を取らず嘘ばっかりでテレビを見ていて益々日本に帰りたくなくなりました。
何時から無責任な人々が総理大臣や官僚、新聞記者、マスコミ関係者もそう為ってしまったのでしょうか?
その上、最先端技術が世界最高とプロパガンダの様にメデアが取り上げて日本は優秀で云々、しかし現実はテレビ、携帯電話でさえ日本製品は国際市場では負け越し出る幕が有りません。
日本人の社会は豊かに為ったのでしょうか!
わずかばかりの現金を振り回し良いようにアメリカに利用されて居るだけでは無いでしょうか。
そして官僚や外交官、NHK,メデアが内向きで保身的で呆れる程です。

明日のパンさえ心配しなければ行けませんが行動を起こす事と他人との係わりを大切にする事だけは忘れてはいけないと思って居ます。
今に為って原子力発電所の爆発で危険とか言ってる学者やメデアが有りますが騙された人々はどうなるのですか?チェルノブイリ爆発と同じく危険地域が存在すると言う事実はどうなるのですか?何代まで奇形児や癌に悩まされる事になります。

余談ですがフランソワーズさんは東京に住む私の息子にフランスに避難してはどうか?と真剣に話して頂いた位です。

嗚咽感を感じる位メデアは腐って居ます。
NHKのクローズアップ現代やテレビ東京のエコノミスト発言を聞いても楽観主義と言うか未だ形に成りもしない発明や先端技術を振りかざし日本は世界最高と連呼しています。
ビジネスは世界の人々と仲良く付き合いお互いを理解し真の友人に為ってこそ経済に繋がるのだと思います。
最近出会ったパナソニックテレビ開発技術者も薄型テレビは既に巻き返しが出来ない位、市場は他の国に負けて居ると話して居ました。
私が感じる事は鞄一つで世界を渡り歩き友人を作れるビジネスマンを育てる教育こそ日本人が再生する秘訣だと思います。
残念ながら海外留学は年々減り海外旅行でさえ余り出たがらない若者が増えているそうです。
手を繋いで皆一等賞こんな馬鹿な教育をしてるからです。
戦って負けて悔しがり又戦い勝ち取るのが人生だと思います。

私の絵を買って頂いたお客さまのアパートには中国人留学生が入居して居るそうです。彼はその昔、沖縄や日本も中国領土だったと話して居るそうです。
笑って済まされますか?
ま、お客さまは次の個展で彼の家賃を使い私の作品を買って下さると話して居ましたが!?

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
ロンドンの二上さん家族と再会しました。
今、乗っているトヨタカリーナハッチバックも二上さんからお世話して頂いた車です。
車の点検をして下さってタイヤの装着が左前輪が外側に着けなければいけないのが内側になっていると指摘されました。タイヤにインサイドと刻印が有ります。

フランス人だから英語が解らなかったのではとジョウダンを言って居ましたが・・・。  

事の顛末を話すとボンネットを開けてチェック。
すると交換したラジェターのキャップが合わない物でもう少しで水が無くなる所でした。又ウオッシャー液タンクも工具を置いたままボンネットを閉めて破損した様子です。
オッチョコチョイも此処までくると怒る気にもなりません。しかし車は生命に係るので笑って済まされません。タイヤの装着ミスは片方はブレーキが掛かり易く片方は滑り易くなるので高速でブレーキを掛けると大事故になりかねません。
又、新品に変えたラジエターも意味が無くなるキャップでした。その上タイヤメーカーをみて物価の高いイギリスでも14000円位で交換出来ると追い打ち43000円位払ったタイヤの値段はどうなってるのでしょうね。
くれぐれも初めてのガレジーに頼む時は慎重にです。

二上さんにロンドン日本人会が行うチャリティーに荒井弘子さんの色紙と私の作品&色紙を渡しました。私も今後ともチャリティー活動は継続します。東日本大震災の写真展の話もありました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品「ドーバー海峡の夕陽」写真
昨日九時間以上車を走らせ着きました。今日3時20分のフェリーでイギリスに渡ります。

久しぶりに海が見られ、狭いながらも住み慣れた車の一泊は格別でした。
雲が多く星空は見えませんでしたが夕陽は海に沈みとても素敵で疲れて居るのにもかかわらず二枚描きました。

チケットに変えて後はフェリーに乗るだけです。

カレーは今日、蚤の市です。雨で少ししか見ていませんが霧雨に変わったので時間潰しに見て回ります。

フランスは恵みの雨で3ヶ月殆ど雨が降らず困って居たのです。どうやら本降りになりそうです。

イギリスに行く目的はロンドンの日本人会で東日本大震災のチャリティーを行うとの事ですから数十点作品を寄贈する為とパスポートのスタンプを貰いに行く為です。
イギリスのスタンプが有ればユーロ圏から一度出国した事になるからです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二・旅行記写真110604
フランソワーズさんとミシュリンさん等と展覧会のベルニサージュの後ブロァーのレストランに立ち寄りました。ジュースやアイスクリームを注文したのですがご覧のサイズです。普通のグラスがとても小さく見えます。
キングサイズのアイスクリームやジュースでした。

シャトーシュベルニーでの展覧会には上森司敏さんも出品していて中台まほさんもいらっしゃって居ました。後日フランソワーズさんのシャトーで再会する約束をして別れました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・パリ・マドレーヌ教会写真
6月15日から6月28日迄Parisマドレーヌ教会で展覧会が有ります。
先日マダム・フランソワーズさん日本から来られて居た赤木さんと一緒にParisを巡りました。勿論オペラ座やエッフェル塔、ルーブル美術館と見学したのですが展覧会会場でもあるマドレーヌ教会も見てきました。
会場はマドレーヌ教会の地下に有ります。昨年度に続いて二度目の展示です。

ルーブル美術館は久しぶりでした。
展示場所が全く変わっていてまるで新しい美術館に来たようでした。この美術館も学芸員が作品に精通して無いようで教会に飾ってたで有ろう大作がとても低い位置に展示して居たり、アングルの作品等わざとらしく同じ部屋に展示せず何の為なのか
理解出来ない展示方法が見られました。

現代はアーティスト同様作品の展示方法すら分からない人が美術館を管理している様です。アングルの作品の間に他の画家の作品を列べて何か意味でも有るのでしょうか。他にも理解出来ない展示が多々見られました。

マダム・フランソワーズさんも同様な意見を述べて居ました。

写真はマドレーヌ教会です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真110531
先日ブラッシュ市のギャラリーで出会ったクロデーヌさんのお宅に画家の中台さんと私の友人赤木さんと共に3人でお伺い致しました。

東日本大震災チャリティーに作品を荒井さん中台さんそして私の作品も購入して頂き寄付して頂きました。その御礼も兼ねて日本料理のちらし寿司を作りランチをご一緒しました。

クロデーヌさんは日本人3人で食卓を囲むとは思ってもなかったわと大変喜んで頂きました。

クロデーヌさんはブラッシュ市の別荘に秋には帰って来るそうで又再会する約束をして後にしました。

↑このページのトップヘ