水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2012年06月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真120629
先週ブログを更新出来なかった時にシュウジのマダムの館に落雷が有りました。早朝3時位に稲光で目が覚めて起きた時に私の部屋の屋根に着いている避雷針に落雷が有りました。石造りの建物が落雷と同時に揺れた位衝撃が有りました。

昨年プロバンスの友人宅にも落雷が有り石の壁に大きな穴が開き電化製品全て壊れたそうです。幸いマダムの館では被害が有りませんでした。
雨、風、雷と夏が来るのかと思わせる位低温の日々が続いて居ましたが暑い夏がやって来ました。
ロワール川は自然のままの流れを保って居ます。雨が続いて居た時に比べ既に1メーター以上水位が下がりました。
河川敷には作品の様な野の花が咲いて居ます。
ロワール地方はお城巡りも良いのですがこうした自然豊かな環境も見逃がせません。
青鷺に大白鳥、他にも色々な小鳥の囀ずりが聞こえて来ます。朝、弁当を持って夕方まで河畔で過ごして居ます。
一抱え以上有る柏ノ木の木陰で製作をしています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真120625
7月ブラッシュ市のギャラリーで個展を開催する荒井さん上川さん平沼さんのポスター制作に取り掛かりました。デザインも出来上がり後は印刷に入ります。マダムからも宿泊する5人の部屋割りの話しもあり準備をしています。
立川たましんギャラリーでの紹介から芸術家の国際交流が始まった事に大変嬉しく思っています。

色々な条件が幸運にも重なったの結果開催になります。地下室には日本から届いた20キロ梱包が9個有ります。
ブラッシュ市の担当者始め美術協会会長、アートテクト会長マダムフランソワーズさん日本人の友人等多くの関係者のご協力に依るものです。
フランスはパブリックの展覧会会場が非常に少なく会場を取るのも大変です。
余談ですが広島で出会った在仏8年経験した画家がフランスで展覧会を開催するのが夢だと話して居ましたが知り合いが居ないと無理からぬ事です。
勿論大金を払って貸しギャラリーですれば話しは別です。所謂、貸しギャラリーでの個展はフランスではアマチュアがする場所と云われていてフランス人は会場に来て頂けませんし、メデアに取り上げられる事も無いと思います。
ですから南仏では画家の個人ギャラリーが大変多く有ります。

来年はマダムがParisのセンターノートルダム寺院近くの会場をセットするそうです。
Parisはパブリックのスペースでも使用料は勿論高いですね。
私も出品予定ですが大変楽しみにしています。

dc9e5b28.jpg
投稿カレーからドーバーにカーフェリーでイギリスに渡りました。風速30mの強風で出港は一時間以上遅れるしドーバーの港近くに着いても入港待ちで何隻か待機していて大幅に遅れての到着でした。

無事数時間おくれでLondonの友人宅に着きました。

土曜日、此方でも蚤の市が開催されて居ると言う事で二上さんと御一緒しました。写真はその時の物です。

売られている品物はどちらかと言えば日本と同じ様に新しい物が多いですね。スペインの蚤の市はゴミか新品でアンティークはベルギーやフランスに比べると有っても割高でした。それでも二上さんはメイドインUKのアンティークテニスラケットを手に入れました。見て回るだけでも楽しい一日でした。

彼は車の輸出輸入車を扱う事を生業にしています。日本に輸出し納めて居ます。と言う訳で新車又は中古車は輸入手続きをしても日本で買うよりも安く買えるそうです。興味の有る方は直尋接ねて下さい。

オリンピックが始まりますよね。レンターカーも彼のオフィスで出来ます。オリンピックを見た後、私の様な欧州放浪の旅も可能です。
メールアドレスをお教えしますので詳しい事はお尋ね下さい。

※メールアドレスが知りたい方はinfo@town-clinic.comまでご連絡ください。お取り次ぎいたします。(ブログ管理者)

二上さんです。私の旅も此処から始まり6年目に為りました。数日滞在しフランスに向かいます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品「モンサンミッシェル」1206
今は大西洋岸、世界遺産のモンサンミッシエルに来ています。対岸からの風景を楽しんで居ますが相変わらす雨が降りだして中断し止むのを待って居ます。

対岸のモンサンミッシエルが見える駐車場から観光バスを利用した大勢のハイカーが降りました。バス三台分位の人数です。
大潮で干潮に合わせてのハイキングで対岸からモンサンミッシエル迄歩いて渡る様です。
最初は海岸線を歩いて居たのですが私が描いている先から一直線にモンサンミッシエルを目指して向かいました。普段でも干満の差が激しい大西洋岸ですが大潮ともなると10m以上引くと思われます。

素敵な大自然を色々な方法で楽しんで居るフランス人は遊びの達人と言えるのでは無いでしょうか。

横の牧場には馬が四頭ドンキーが一頭、草を食んでいます。
朝は穴兔が何匹も居ました。小高く為って居る場所には住みかの穴が一杯有ります。雉の声や小鳥のさえずりも風の音と共に聞こえて来ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真120604
ロワール地方ブロァから350キロ走り大西洋岸に有る世界遺産のモンサンミッシエルに来ています。
30度は有った夏日から一転肌寒い天候です。

普通の観光バスやツーリストが通う道には行かず。川が流れている対岸に居ます。それでも今、7台の車が止まって居ます。
静かな場所から絵を描いた方が集中出来ますので前回も此処で何日か車中泊しました。今は風が強く吹いていて日射しも殆ど無いので良いタイミングを待って居ます。この場所は朝の光の方が私は好きです。

夕方から一枚仕上げたのですが外は寒くてダウンジャケットを着て制作しました。
昨夜は向井円さん宅でホームパーティーが有りお伺いしました。7家族25人の大変賑やかな夕食会と為りました。その時の写真です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真120602
背中に画材の入ったリュックサックを背負い写生に来ています。

ま、早い話がガソリン倹約とフランスの自然公園等で遠くまで写生に行く際利用する為に購入しました。
近くの村の蚤の市で何と40ユーロです。トーマスさんの話ではフランス自転車二大メーカの一つで大変お買い得なスポーツサイクルだそうです。

四国高松に居た頃は自転車で徳島県とか小豆島等に行って良く写生したものです。61歳に為ってフランスの野原を駆け巡り写生出来るとは夢にも思わなかった事です。爽快な走りは言うまでも有りません。

昨日は上森さん宅で今日は向井円さん宅でバーベキューパーティに呼ばれて居ます。このロワールでは皆さん仲良くして頂いて情報交換や親睦を深めて居ます。マダムからParisの画廊での展覧会話を上森さんの為にして頂いたりです。

海外で生活している邦人は本当に皆さん頑張って居ます。
私の様な旅人がそうした人々と幸せを分かち合える事は非常に嬉しい事です。
スペイン在住の槙さんが正かフランスのミュウゼで個展が開催出来るとは本人も思っても居なかったと話して居ました。

無事槙さんの個展も終わりスペインに帰りました。

↑このページのトップヘ