水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2012年11月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1211301
久方ぶりに羽田空港を利用しました。
北海道に向かった飛行機にはスカイマークと書かれて居ました。空港カウンターには私が知らなかった新しい名前のカウンターが何社かオープンして居ました。
スカイマークは勿論、初めての搭乗です。冬の北海道も3度目ですが以前は函館近辺の観光で訪れました。30年前の事です。
今日は札幌すすきので泊まりますのでラーメンを戴きたいと思って居ます。
水彩画家・長尾周二1211302
先日、立川市に在るたましんギャラリーにお伺いしました。関口さんやフランスで展覧会を開かれた作家と再会しました。写真はその時の物です。身も心も温まるプレゼントを頂き有り難うございました。心より御礼申し上げます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二121123
今、東京に滞在中です。画材一式は四国高松に有りますので絵を描きたくても出来ませんでした。
そこで最低限の画材を買って来ました。
筆はナムラ製です。日本の筆は私の作品制作にとって最も使いやすいです。画材は勿論、ヨーロッパでも購入して使用しましたがそれに優る物は有りませんでした。
水彩紙も日本製が一番使いやすいので日本で買ってフランスに送って居ます。

そんな事も有って画材店に行って来ました。

絵筆を持って居ないとどうも落ち着かない性分で揃えました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1211161
有楽町駅前で衆議院解散の号外を配って居ました。
水彩画家・長尾周二1211162
水彩画家・長尾周二1211163
次の日は大安吉日、七五三宮参り風景や結婚式風景が見られました。

慌ただしい政治や社会情勢を余所に森は静寂で参拝出来ました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二121112
パリは秋の風情で街路樹も色付きとても綺麗でした。勿論、人々のファッションも個性的で列車で出会った女性にも機会が有れば是非モデルにと話した位でした。
日曜の東京、我慢強い日本人静かに楽しんで居る様子が感じられました。
ドゴール空港でも私は見回りの警察官から旅行者に見えなかったのか声を掛けられる位現地人と馴染んでいます。
空港や飛行機でご一緒した日本人からも日本人に見えない風体服装です。

しかし日本はさすがに世界から羨望の的で狙われるだけに若い女性は勿論年配の男性までお洒落を楽しんでヨーロッパ各地の人々に負けない位小綺麗にしています。
それだけ個人主義と経済の豊かさが為せる業だと感じました。

元来日本人は聡明で正しい判断力を持って居ると思いますのでヨーロッパ各国が陥った移民と不法流入者による対立、治安の悪化や経済危機を教訓により破滅に向かう自由化はストップさせると信じて居ます。
自分の国は自分で守ると言う事は当たり前だと思います。
ヨーロッパと日本の両方を見ていて感じた事を記しました。
画家は社会の鏡で有と同時に幸せを運ぶ使命も有と思って居ます。
私は特に美しい自然の風景を描く事で人間の感性が持って居る限界にチャレンジしています。

写真は東京駅の夜景です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1211081
ブロァからパリまで列車の旅をしました。
駅のホームでステファニーさんと出会いました。
電気故障で20分位遅れて到着とアナウンスが有った時に何が有ったのかと言った話から話が弾みました。
パリまでもご一緒したのですが今度は乗り合わせたソリーヌさんモロッコ人のモナさんも話の和に加わりました。
ステファニーさんはベルサイュにお住まいでソリーヌさんモナさんはパリにお住まいです。
私が画家と言う事で早速ステファニーさんが携帯でインターネットに繋ぎ作品等の影像を皆さんにお見せしました。
皆さん日本食が大好きのご様子でパリの日本食レストランの話に為りました。シェフが日本人でないと美味しくないとか中々の食通です。パリの美味しい寿司屋を教えてと言われたのですが私はこの6年間でパリの日本食で食べたのはラーメンと讃岐うどんだけですから何も分からない私は今度お会いしたら案内すると話しました。
日本食レストランを良く利用するマダムにお伺いして返事しょうと思って居ます。
勿論アドレス交換をして分かれました。
三人の美女の写真をお送り致します。
勿論掲載許可は得て居ます。
水彩画家・長尾周二1211082
フランス人のお洒落な事目がくぎ付けです
水彩画家・長尾周二1211083
勿論モロッコ人のモナさんも美しい方でパリまでが短く感じられました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二121107
25度有ったと思ったら次の日は13度、大陸の天候は夏から即冬の様相です。
アパート住まいを引き揚げ車上生活を始めて11年が過ぎようとしています。
幸い今は大半を居候させて頂いて居ますから冬の厳しい季節は日本でもヨーロッパでも野宿は少なく為りました。
大自然の中、夏のキャンプ・テント暮らし最高ですよね!
風の音や虫の鳴き声、鳥のさえずりと心を癒し身体もリフレッシュ、活力が湧いてきます。
先日、車でParisのセンターに野宿しました。Parisは時々車で行って野宿しますが郊外の静かな住宅街に停まります。
車もテント同様に鉄板一枚ですから外気も光も音や気配もダイレクトに伝わります。
人間が生活するには最悪の場所に停めて寝ました。丁度歩道にはテント暮しのホームレスの方が居る前でした。夜中も車が途切れる事が無い大通りです。真冬の寒さと騒音、ヘッドライトが常に走ります。こうした場所では私が常日頃求めて居る大自然の美しい状況とはまるで正反対で身も心も只々堪え忍だけで精一杯です。勿論長い放浪生活でも初めての経験でした。

日本も新自由主義に侵されお金が全てを支配する社会に為りつつ有ります。
ヨーロッパに於いてもユーロ圏と為って新自由主義の実験が行われて居ます。
ご承知の通り謀略諜報、弱肉強食の世界が罷り通り一部の国は豊に為り潰れて行く国も出て来ました。
しかも人も金も自由ですから豊かな国々は移民と不法流入の全く相容れない人種が同居して居ます。その結果各地で暴動、犯罪の多発で理想の国々は荒廃し警察の力が及ばない地域が発生しています。
ベルギーも同様に人々の心が荒んで正に戦争前夜の様相です。
南仏プロバンスでも小さな農家が安い近隣の国から農業製品が入り立ち行かなく為って廃業に追い込まれています。治安が悪化し昨年此処ロワール地方でも暴動が発生しました。
結果、儲かって居るドイツでさえイスラム教人の移民と住民対立が激化して居ます。当然ドイツは東ドイツを抱えていて只でさえ税金を使わなくては行けない状況が有る上に他国救済に使う事に違和感を感じるのは当然です。
アメリカが押し進めて来た新自由主義の破綻は明らかです。
そのアメリカ自身も新自由主義に因って豊かさや心の荒廃が始まって居るのだと思います。

日本でも改革改革と規制緩和を進めた結果益々経済が悪くなって居ます。
人間の知恵や努力でその地域や文化を育んで来ました。
古き良き文化を守る為にも一定の区別や規制は必要だと思います。

騒音と喧騒の環境の中では私が目指す感じる美しい幸せ感を表現する事は難しいと思って居ます。

僅かなお金で人々を奴隷に使う様な社会には戻したく有りません。

今回の旅はそうした事を確認出来た意味で大変意義の有る旅でした。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1211021
水彩画家・長尾周二1211022
寒い雨が降って居て最高気温も10度と真冬並みです。マダムの館も暖炉に火が入っていて暖を取ってフランス料理で疲れを癒して下さいました。本当に親しい友人ほど有難い事は有りません。
今年はこの後、スペイン・マドリッドで展覧会が予定されて居ます。
来年はパリの展覧会とイタリア・アッシジでの展覧会が待って居ます。勿論私の個展もロワール地方シャトーシュベルニーワインハウスで待って居ます。
そんな予定をマダムと話ながらディナーを頂きました。

↑このページのトップヘ