水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2013年01月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二130129
暫くヨーロッパで生活して日本を見ていると本当に皆さん頑張って居る様ですがもう少し明るく陽気にと感じたりします。
私の年齢に為ると定年生活を迎える友人も居ます。日本の友人を見ていると定年イコール仕事を放棄して趣味の世界で生きる方が殆どの様です。
ヨーロッパの友人は生涯現役で何かしら仕事を続けたり社会と関わりのある事をしています。
私には年金も生活を支える貯えも何も有りませんが絵を描き続ける事が有ります。ですから暇でする事が無いと言った事は全く有りません。

新宿に用事が有って出かけたら写真の様な人形ロボットが車のトレーラーに引かれて街を走って居ました。風俗店でもパチンコの様なギャンブルでも表向きはきれい事を言って置き何でも有りの日本はどうかしているのでは無いでしょうか。パチンコで自殺者が毎年2500人居るそうですが民間会社と称する闇社会のインチキ賭博を認める歪さは虚しささえ感じます。
インチキカジノを無制限に田舎の田んぼの中まで設置しているのと一緒ですからね。
公営ギャンブルならその収益の一部が社会に還元されて居るのですがそれは社会悪でしか無くご承知の通りです。
テレビのコマーシャルにもサラ金とパチンコが堂々と流れて居る事に驚きです。闇社会が強くなると社会が疲弊して国力が弱まる事に為ります。
娯楽の域を超えたのは何時からなのでしょうか?
少なくとも私が上京した時は娯楽の範囲だったと思います。
そう言えばゲーム会社等もオレオレ詐欺と何処が違うのでしょうか?

やっぱり大自然の中で美しい輝きを描き留める仕事が私には一番です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二130128
四国高松からジャンボフェリーに乗りました。午前1時出発朝5時神戸三ノ宮港に到着です。その後電車を乗り継ぎ奈良壺坂寺に寄り近鉄電車で名古屋に向かいました。数日間中川区の加藤さん宅にお世話に為りました。その間名古屋の友人とお会いしました。
岡崎市の西洋アンティーク店を経営している鈴木さんや日進市の自然生活の朝日さん等にお会いしました。
名古屋からバスで東京に到着です。途中、富士山が美しい姿を見せてくれました。
日本の風景も素晴らしく感動的です。

北から南に西から東に旅を続けていますが車窓の風景は制作意欲を刺激します。
東京でも歯医者さんや友人とお会いし毎日忙しく過ごして居ます。画材の手配や名刺発注荷物の整理と動いて居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二130119
大串半島に居ます。
昨日と変わって穏やかな一日でした。
五剣山を描きました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二130118
爆弾低気圧が東京にも雪を降らしその余韻が残ってとても寒い一日でした。青空が見えて居る間は美しい瀬戸の海でしたが雲が出て風が吹くと一段と寒くなって来ました。
制作した場所にはグリーンヒルが在ります。
こんなに美しい風景が有って最高の温泉が利用できたグリーンヒルが閉鎖されて居ました。昨年迄四国に帰ると必ず温泉に入りに来ていました。
国立公園の真ん中、素晴らしい場所に役所が作った施設です。
利用者がほとんど居ない施設、交通アクセスや駐車場等問題の多い施設でした。野外音楽場や釣り施設、陶芸の釡が有る建物や観音様。広い半島に点在する施設はワインハウスを除いて全て使われて居ないようです。香川県全体でも人口100万人の小さな県です。
無駄な公共事業の遺物に思える施設です。

しかし画家に取っては本当に素晴らしい場所です。
機会が有れば是非一度訪ねて見て下さい。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1301131
先日、描きに行った渓流に再度行きました。
天気予報で気温が上がりそうでしたので50号のパネルを積んで弟と一緒に行きました。
お弁当を買って渓流での昼食は最高でした。
水彩画家・長尾周二1301132
山は白くなって居ます。
朝はさすがに寒くて凍って居ました。日中は過ごしやすかったですけど先日同様陽が陰ると寒くて堪りません。
なんとか無事仕上げ帰って来ました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二130109
讃岐山脈を目指して車を走らせました。先ず塩江温泉方面に向かい渓流を望みながら絵になる場所を探しました。
少し高い峠は雪が残って居ました。
探しながら川を遡ると内場ダム上流に私がイメージする渓流が有りました。
陽が射して居る時は然程寒さを感じなかったのですか夕方は寒くてパレットを持つ手は手袋をしました。
50号のギャンバスに描きました。
回りには未々描きたい風景が在りますので是非又来て描きたいと思って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1301073

水彩画家・長尾周二1301071
水彩画家・長尾周二1301072
香川県高松市庵治町に在る齒ART美術館にお伺いしました。
美術館は瀬戸内海志度湾を望む素晴らしいロケーションの中に在ります。
写真の青い屋根が美術館でヨットが係留されて居るビーチも美しい風景です。
先日、駐車場から望む風景を30号に描きました。美術館から見える東の半島は私の大好きな大串半島です。
美術館のオーナー和田さんと再会しました。
三時間以上ご一緒させて頂きました。
芸術や郷土香川県の話をお聞かせ頂いたり、ヨーロッパ放浪前にお会いした後の話をさせて頂いたり有意義な一時を過ごしました。

又、郷土料理をご馳走に為り讃岐の味を堪能させて頂きました。

香川県の文化に大変貢献していらっしゃる和田さんと一緒に活動が出来る事が有れば幸せに存じます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1301013
水彩画家・長尾周二1301011
元旦は栗林公園に行って来ました。
讃岐うどんを来場者に配って居て頂きました。
この公園は小学、中学、高校生の時に毎日の様に通って居ました。
又、同級生が茶屋を公園内で経営して居ます。茶屋では甘酒を頂きました。

写真の様に日本庭園が美しい公園です。

↑このページのトップヘ