水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。
展覧会チラシ:表
展覧会チラシ:ウラ


フランス&砥部作家交流展ー新緑の陶街道にそよぐロワールの風ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
長尾周二ほか展覧会(仮題)【予定】
2019年7月

フランス・会場未定
個展プラス他アーティストの予定で調整中です。

KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル会員の他連携事業者様関係による展覧会

2013年04月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二130429
マダムが出品している展覧会のベルニサージュに行って来ました。南西約60キロ先に有る村です。
ロワール川の流れを見ながらシャトーアンボワーズを通り抜け幾つもの村や地平線迄続く麦畑を走り抜けました。
フランスの素晴らしさは観光地でなくてもいたる所に美しい風景が有る事です。ですから初めて訪れる場所は尚更心がときめきます。期待を裏切らない感動が有りました。特に草原の中にある古い農家の建物には心を奪われました。
展覧会会場は村外れにある古い教会です。5月1日に、この会場で水彩画のデモンスト
レーションをする事に為っています。

先日パソコンで遊んで居たら水彩画家で検索画像をクリックすると私の作品や写真が出てきて大変驚きました。ブログには自信作もボツ作品も日記代わりに載せて居たのですが少し考えて掲載しないと行けませんね。私は殆どインターネットの世界には無知でしたので本当に驚きました。インターネットは歴史的にも便利で凄い革命的ツールですね。 

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二130423
先日マダムと共にパリに行って来ました。毎週パリの放送局でラジオ番組を担当しています。大学の教授もそしてARTECの会長としても活動しています。今回はパリのARTEC会合で行きました。
ほとんどフランス語の出来ない私は別の机で居眠りです。
パリの街も新緑が芽吹き始め爽やかな風景が楽しめました。会合が有ったのはポンピドウ美術館の直ぐ近くでした。行き帰りは地平線迄続く緑に覆われた畑を望みながら帰って来ました。私の大好きな季節が戻って来ました。
と言っても花粉症でくしゃみが堪りません。

作品はマダムの庭で制作しました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二130417
私は本当に友人知人に恵まれて居ると思います。
日本でもヨーロッパでも泊めて頂ける友人が多数居る事に感謝です。

スペイン・ポルトガルからの旅から帰って来ました。寒い日々が続いて居ましたがロワール地方にも暖かな春がやって来ました。
館の庭にある桜の花も満開です。
帰って来て早速庭で制作をしています。
庭に小川があり石造りの橋が二ヶ所に有ります。私が滞在中初めて川が満水です。それだけ毎日雨が降り続けた証拠です。
池と小川の風景を描きました。
又黄色い花や白い花が一面咲いていてとても美しい風景に為って居ます。

しかし描いても描いてもイメージ通り仕上がりません。旅行でも14枚帰って来てからも3枚描きましたが中々思う通りに為りません。
一斉に若葉が芽吹き始め心は踊るのですが作品はいまいちの作品ばかりです。
明日もトライです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二130413
30数年前にスペインを旅した際に強く印象に残っているのが赤い大地です。マドリッドからトレドに向かう車窓から見える赤い大地は日本では先ず見られない風景です。
地平線迄続く丘陵の畑が走れど走れど赤い大地でした。その赤い大地の真ん中で今日は泊まります。一日居て農家の車が1台通っただけの場所です。
風は強いのですが陽射しは初夏の様相です。
こんな場所でも動物は居ます。穴兎が遠くから様子を伺って居ます。これから夕日を迎えます。どんなドラマを演じてくれるか楽しみにしています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1304081
地中海に面したスペイン・ベニドームに居ます。イバイロさんもポートレイト画家でランチをご一緒しました。寿司レストランです。勿論この地域に日本人全て数えても五人しか住んで居ないそうですからチャイナレストランです。ヨーロッパで何軒か寿司屋で食べましたが日本人以外の店にしては先ず先ずでした。しかし店の店員の服装は怪しげな韓国+ベトナム風のスケスケの服、食器や箸は中国商品とミスマッチの組み合わせでした。さすがにチャイナレストラン中国の春巻きや唐揚げのソースは中国風でした。日本風の提灯や富士山の写真、浮世絵は良いとしてカーテンは中国の書が書いている図柄で何処の国のレストランかと不思議な感覚で頂きました。
水彩画家・長尾周二1304082
前日にアルテァの行き止まりの丘の上で絵を描いて居たら車が止まり日本人ですかと声を掛けられました。五人住んでいらっしゃる一人の方です。一時間半ぐらい現地でお話を伺いアドレスを交換して別れました。ま、私も先方も驚いたのは当然です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1304061
スペイン・ベニドーム槙さん宅に滞在中です。スペインも場所によっては洪水で家が流されたりしている場所が有るそうです。道理でスペイン・ポルトガルを走った感想は大地が青々していてちょっと違う印象を受けました。ま、今年はそれだけ良く雨が降って居ると言う事です。
ベニドームに着いて早速スタニヴィールさんやアナトリーさん一家と再会しました。
水彩画家・長尾周二1304062
今日は槙さんはサンドイッチを作りゴルフに出掛けました。
私は槙さんの作ったサンドイッチを持参して写生です。此処バレンシアは比較的雨が少なく過ごし安い所で一日中降ることはほとんど無いそうです。
写真はスタニヴィールさんと描いた風景画です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二130402b
ヨーロッパの中でもポルトガルは一番好きな国です。素朴な街並みが心に響きます。人々は私が子供の頃の日本人の様に心優しく暖かく接して下さいます。

スペイン国境に沿って200キロ位何ヵ所の街を訪れました。残念ながら毎日雨でちょっと青空がのぞいた時は一枚描きました。
風も強く傘も飛ばされそうでした。
写真は世界遺産の街で城郭都市です。ま、他の世界遺産の様に為って欲しくはない風景です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二130401
ロワールの古城は春霞でとても美しく素晴らしい風景でした。一路西に向かいスペインを目指しました。夜が来ると満月の月は東の空から霞の中昇って来ました。スペインに入って山中で野宿、ガソリンを満タンにしてN1号線をマドリッド方面に走りました。空は鈍より雨が降ったり止んだりです。するとヒッチハイクをしてしいる若者が居ました。話を聞くと近くの街まで乗せて欲しいとの事でした。

彼の名はブロンジィさんです。あの巡礼の道を既に500キロ歩いたそうです。途中友人に会う為だそうで喜んでご一緒しました。彼は心の中で感じる詩を詠うそうです。後300キロ余り頑張って下さい。
四国生まれの私は心に染みる彼の言葉でした。
マドリッドから満タンにして地図を見ないで走り出しました。無駄な走りですが本当に気儘な旅でも有ります。

↑このページのトップヘ