水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。
展覧会チラシ:表
展覧会チラシ:ウラ


フランス&砥部作家交流展ー新緑の陶街道にそよぐロワールの風ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二個展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
長尾周二ほか展覧会(仮題)【予定】
2019年7月

フランス・会場未定
個展プラス他アーティストの予定で調整中です。

日本人作家の作品展(仮題)【予定】
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル会員の他連携事業者様関係による展覧会

2013年07月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二130730
名古屋の友人の息子さんが日本国の為に亡くなりました。現代の戦死は銃弾でも剣でも有りませんが痛ましい事には変わり有りません。
過労死だったそうです。

青空の下今年も夏の象徴向日葵を描いて居ます。友人の悔やんでも悔やみきれない悲しみを思い筆を取りました。全体のイメージが出来た処で激しい雨中断を余儀なくされました。
私が余計な事をするから天から悲しみの雨が降ったのでしょうか?
青空は覗いたままです。

親より子供が先に逝くこと程悲しい事は有りません。強く明るく残された人生を子供の分まで生きて頂きたいと願ってやみません。

明日も向日葵に挑戦したいと思っています。
私が中学生の時にはゴッホのテオへの手紙が机の上に有りました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二130729
ポートレイトの依頼が有って描きました。ま、人物画は此方でポートレイトインターナショナル展がシャトーボガールで始まってから本格的に描き出しましたからまだまだですが描き出すと楽しくて又そして又と描きたくなります。そうして居る間に注文が来るように為りました。
現金収入は大変有り難いので何でも描きます。
今日はマダムのお嬢さんの友人が泊まりに来て丁度誕生日と言うのでポートレイトを描きました。
数をこなしてトライする事が大切と心得て描いて居ます。
写真は私の車を修理して頂いてるガレージのオーナーからの依頼で描いたポートレイトです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二130721
日本からいらっしゃった荒井さん平沼さんもご一緒してシャンソン公演を見て来ました。
何度見ても生の歌声は素晴らしいです。

蚤の市も相変わらず開催場所をインターネットで調べて回って居ます。今日はシャルル・ド・ゴール空港に送って行った後、パリの蚤の市を見て回りました。そう簡単に欲しい物が見つかる分けでは有りません。今日は生活用品の荷造りテープと靴を買ってアンティークは買いませんでした。
パリの価格は意外と高いので値段交渉すらしませんでした。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二130718
荒井弘子さん平沼邦子さんの個展がシュベルニーのワインハウスで開催中です。昨年も開催されて高い評価を得ている作家です。写真は会場でのベルニサージュの様相です。
会期中に平沼さんの友人がツァーで来られてパリから一人で駆けつけました。paris〜 orleans迄はあの列車事故で全面的に列車運行が停止して居ました。そこで彼女は別の路線でtours経由で最初の約束時間より大幅に遅れてbloisに到着しました。フランス語も英語も殆ど出来ない中でバスでモンパルナス迄向かいその上バスの乗客の携帯から私の携帯に遅れて到着するとの連絡をしての上でブロァの駅に到着しました。勿論帰りの心配もしないままに来られました。勿論私やフランソワーズさんはパリまで送って行くつもりでした。観光案内を終え個展も見て頂きtoursの駅迄送ってキップを購入しょうとしたら全て売り切れでした。バカンスシーズンと列車事故で予想された事ですがそうした事より友人の個展を見る為に一人で行動された事に拍手です。
パリのホテルまでお送りして帰って来たのは朝の3時半でした。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二130717
私の個展開催時の新聞記事です

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1307091
マダムが日本語で話しかけて来ました。日本語の堪能な方は殆ど居ない地域なので大変驚きました。ブラジル人でご主人が大学で先生をしていらっしゃるそうです。その家族がバカンスでシャトーシュベルニーにいらっしゃって展覧会をご覧に為って頂いた訳です。
そのお嬢様が絵のモデルです。
水彩画家・長尾周二1307092
会場で少し時間を頂いてモデルに為って描きました。もちろん何時でも描ける様に道具やパネルは用意しています。
ほんの一時でしたが家族の方と楽く過ごさせて頂きました。
その後フランス人の女性をモデルにもう一枚描きました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二130704
展覧会二日目シュベルニーの街に住んでる方から三枚制作依頼が有りました。
価格はともかくこの街の皆さんにも評価して頂けた事に意義が有ると思って居ます。フランス語で依頼されたのでマダムに通訳をお願いしましたがその前に大体意味が理解出来ました。
又一つ宿題が出来ましたので取り組む事に為ります。余り描いた事の無い風景も有りますがトライさせて頂きます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二130703
シャトーシュベルニーワインハウスでの個展が始まりました。ベルニサージュにも16人来て頂きました。一人での対応でしたから写真撮影をする間も無くベルニサージュの様子は撮れませんでした。
ブラッシュ市の市長始めブロァのギャラリーオーナーご夫婦、アートテクトメンバー等の方々や写生中に出会った人々も来て頂きました。新聞社の記者も取材に来て頂き通訳をブロァのギャラリーオーナーがして頂いて無事インタビューを終えました。

マダムはParis滞在中で何から何まで一人で本当に忙しく過ごしました。
そんな中でオーストラリアの観光客が先ず一点買って頂きその後3人の方から作品を買って頂きました。

ワインを開けて接待、作品の梱包と来られた方々とゆっくりする間も有りませんでした。
金欠病で綱渡りでしたが一息付けてほっとしています。来月はイタリア9月はポルトガルでARTECの展覧会が有りますのでそちらの費用もと願って居ます。
新聞記事はインターネットで掲載されると思います。

↑このページのトップヘ