水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

2013年11月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1311021
弟と朝、スパーマーケットでお弁当を買って香川県と徳島県の県境にある大阪峠に向かいました。

古の道は険しい道です。峠の展望台からは瀬戸内海と吉野川が流れる風景が望めました。
一枚描いて昼食を取りました。

峠を後に安戸池を目指して走りました。そして近くの海岸で海の絵を描きました。
水彩画家・長尾周二1311022
昨年、同じ場所に行った時はゴミが無くてとても美しい海岸でした。地元の方にお伺いした所、台風26号の影響で汚れて居るとの事でした。年に何回か皆さんで清掃活動をしているそうです。

しかし、台風の爪痕はこうした場所まで残って居ました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二131101
瀬戸内国際芸術祭が瀬戸の島々を舞台に開催されています。
地域の活性化としては見事に成功していると思います。島々を巡る観光とアートが一体化して作品観賞とか言った大袈裟な事では無くてイベントが楽しめる事が成功の理由の一つだと感じました。

私は直島のベネッセ地中美術館を目指して歩きました。山の上に在りますので島々が輝きとても美しい景観が望めます。
外国のお客様も多数いらっしゃって居ました。私と一緒に歩いて美術館に向かって居た御夫婦はノルウェーから来られたそうです。

アーティストの作品はあくまでも趣味の問題ですがアーティストが参加して地域の活性化を図る事は大変意義が有る事だと思います。港は勿論アルバイトの案内人がイベントに一役かって居ます。
芸術祭にしろ作品制作にしろ現場に立って自分で感じる事が大切だと常日頃から行動しています。

私は美術館には一ヶ所も入場しませんでした。パリのルーブル美術館より高い入場料金を払って見る作品が有るとはパンフレットを見る限り有りませんでしたから。又、私の趣味には合う作品が有りませんでしたからそうしました。

それはさておき島のそこかしこに美術館が点在し飲食店やお土産屋さんも活気に満ちて居ました。問題点も在ります。県の補助金が一億円注ぎ込まれて居るにも係わらず地元の作家作品が無い事には驚きでした。
税金を払って居る居住者地元の作家に取っては如何な物かと思います。

それはさておき美しい島々を巡る旅は心に残る旅でした。

↑このページのトップヘ