水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2014年07月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二140730
私の部屋には10年以上前に描いた30号の桜の絵が掛かって居ます。
その下に最近の6枚の絵が立て掛けて居ます。残念ながら日本で車上生活しながら描いた絵の方が良い作品に感じます。
情けない話ですが描けば何とか為ると思って頑張って居ますが困った物です。
画はテクニックでも色でも形でも無い事は分かって居ますが私程下手な作家も中々居ないのでは無いでしょうか?ブラッシュとシャトーシュベルニー展覧会で大小合わせて14点買って頂きましたがその事は大変有難いと思って居ますが昔の作品の方が出来が良い事に情けない思いです。
特にこの一週間の作品は疲れ気味なのか々なのか分かりませんが納得出来る画は有りません。
同じ場所に毎日通って追及して居た充実感が無くて毎日モチーフを探してさ迷いながら描いて居る感じです。
パネルも古い作品を剥がして水張りして描いて居ましたがそれも限界で又、パネルを作り始めました。今回は10号8号が中心で30号は2枚だけで約30枚作ります。
私の収入の殆んどがガソリン代と画材代で消えます。
ベニアを買ってカットし作りますがベニアも日本製のそれとは違って厚さ5ミリのベニヤでも真っ直ぐでなくよれて居ます。釘も計り売りの釘を買って使って居ますが日本製のそれとは違って曲がって居たり短いのが混ざって居たりです。普通の店には3ミリベニヤは有りません。以前置いて居た店は無くなりました。
そんな事で何から何まで自分で用意しています。
しかしその分良いことも有ります。大作の水彩画を描く画家は殆んど居ませんからそれだけで十分注目されます。苦労するだけの意味は十分有ります。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二140728
先日南仏に行きましたよね。ポートバカレスで出会ったベトナム人潜水夫が何人か尋ねて来ました。最初にカンボジア人、次はフィリピン、ベトナム、タイ、インド、中国どうしても日本人と言う答えが出て来ませんでした。昨日ブロァに在るアジアンショップに行った際にも聞かれたのですが日本人と出て来ませんでした。今日は観光地でシャトーアンボワーズに写生に行きました。十数人の日本人観光客が通ったので挨拶しました。日本人にも日本人には見えないとだめ押しです。
ま、毎日野外で写生していますから顔は真っ黒身なりも現地に合わせていますから仕方ないと思います。
と言う訳で何人か判断着かないアジア人が今日も写生してきました。

作品の出来も今一でごめんなさい。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1407251
南仏Port BarcaresでARTEC会長のマダムと一緒に来年の企画に付いての会合が有りました。バカレス市の美術担当者と共にディナーをご一緒しました。カタロニア地方でも在るこの地はスペインのカタロニアと繋がりが深くそうした事も有りスペインカタロニア地方在住のカルロスさんの個展が市の美術館で開催されて居ます。こうして新しい友人と出会う事は大変嬉しい事です。スペインでの活動の話も有りましたので機会が有れば是非参加したいと思って居ます。
水彩画家・長尾周二1407252
写真左から2人目3人目がカルロスさんと奥さまです。

やっと向日葵が描けました。(写真上)
メチャクチャな日程をこなしていてゆっくり制作する時間がほとんど取れませんでしたのでとても楽しく描けました。
次の行事迄制作出来る時間が取れると思いますので風景の中で楽しみたいと思って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二140721
7月18日Paris日本文化会館スタッフと来年6月16日〜27日迄開催される展覧会打ち合わせをしました。この日のParisはとても暑い一日でした。Parisも車で行ったのですが往復約400キロです。
次の日もマダムとブロァから南に200キロ先に在るchateau meillantで打ち合わせをしその後南仏port Barcaresに向かいました合計約800キロ早朝3時に近くに到着、今日は美術館関係者とミーティング明日はカルチャーメイヤーと展覧会の打ち合わせです。
当然企画を進める為には打ち合わせが必要ですからこうした地道な活動も大切です。
そんな合間に制作したのが作品です。全く出来は良くないのですが筆を持つ喜びは何物にも代えがたいですね。
暑いはずの南仏が涼しい位で雨と風が強い一日でした。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二140718
一日平均50人以上の入場者があり無事二人展が終了しました。
シャトーシュベルニーワインハウスでの展覧会も3回目3年が過ぎました。
野外写生で知り合ったり展覧会で出会った人々が増えて応援して下さる方も少しずつ増えて来ました。
そうした人々の支えで作家活動が続けられて居ます。有り難い限りです。

このギャラリーの前は教会が建って居ます。日本も同様ですがフランスも教会に集うのは結婚式と葬式が主です。
最終日11時から葬儀が有りました。100人近い人々が参列して居ました。鎮魂の鐘が鳴るなかで始まりました。
昨年は土曜日に結婚式が有りました。
フランスの教会も人生のイベントとしての利用が主な行事と為って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二140715
肌寒い雨の日々でしたが青空が帰って来ました。
毎日雨が降って青空が少し覗いても雷や雨でした。
バカンス本番で今日はフランスの戦勝記念日で休日です。
全国で夜、花火が打ち上がります。花火を見て喜ぶ歳では有りませんが夏が来たなと言った感じです。
今週は晴天が続くと予報が出て居ますので出来るだけ野外写生に出掛ける予定です。
今日はアニマルポートレイト展の為に写生に出掛けて描いたのですが出来が今一なので再度挑戦します。
春に藤の花を描かせて頂いた農園のオーナー宅にはダチョウや鶏が庭に40羽ほど放し飼いにしています。その鶏を描いて来ました。親しくする事はこうした事も可能で幸せに繋がります。ブラッシュ市の個展では牡丹の花の絵を買って頂きました。
明後日に又お伺いする予定です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1407141
シャトーシュベルニーワインハウスでマダムとの二人展が始まりました。例年この時期にギャラリーを契約しています。今年はブラッシュ市のギャラリーと重なってしまったので前半はARTECメンバーのマリエバさんの個展となり後半はマダムの個展の予定でしたが二人展と為りました。
このシャトーは観光ルートに入って居るシャトーで大勢の人が訪れるシャトーの一つです。1週間マダムと交代しながら会場に居ます。
正直なところ少しでも滞在費が稼げればと有り難く思って居ます。

日本人の私を含め遠慮したりしてイエス、ノーを言わない場合が有ります。マダムからはそんな時にイエス、ノーどっちハッキリしなさいと言われる事が有ります。
私がハッキリしない場合はカフェのお代わりとか食事のお代わりとか些細な事で展覧会場だっだり費用の件など交渉事は当然ハッキリ言います。曖昧な返事や空気読め的な日本人の人の良さだと交渉事は突け込まれてとんでもない事に為ります。
いい加減井の中の蛙的な発想は止めなければ国力が落ちて未来の日本が危うく為ります。
人は全て善人的な発想はとても危険です。
8年ヨーロッパで過ごして究極の貧富の差や多民族が一緒に生活しているこの地に居て個々の人が自分の考え方や信念を持たなかったら生活さえ成り立たない現実が有ります。
泥棒や詐欺は有って当たり前、盗難や騙される事はされる方が悪いと言う観念は自然に身に付いて来ました。
長年、多民族がせめぎ会うヨーロッパではそうした事で財産や命まで亡くする事と為りました。ですから親しくする事はとても大切な事ですしイエス、ノーもとても大切な事です。
水彩画家・長尾周二1407142
写真はシャトーシュベルニーの教会です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1407071
個展入場者は500人を超えて盛況の内に終わりました。作品を観賞して頂く事も大変有り難い事ですが自分の方向や反省点を冷静に見る機会でも有ります。
70点以上を一同に見る事はこの機会を除くと有りませんからとても有意義でした。
又、昨年の個展時と同様にモデルに為って頂いて人物画を4枚描かせて頂きました。写真は依頼されて描いた作品です。人物画はほとんど描いて居ませんからその事だけでもワクワクする事です。
しかも買って頂いた訳ですから尚更有り難い事です。人物画も機会有る毎にチャレンジしたいと思って居ます。
技術的に私の画はおせいじにも上手とは言えずむしろ下手くそです。以前私が予備校を経営していて2000人を美術大学に入れましたがその生徒達の方が遥かに優秀です。画は技術的な側面だけでは無くてより感性や想像力を求められます。そして描いて居る作家本人が楽しんで描いて居るかが重要だと思って居ます。絵空事と言いますが所詮そんな事ですから何を感じて何を伝えるかだと思って居ます。
そうした意味ではフランスに滞在し全て恵まれて居てこんなに幸せな事は有りません。
ブラッシュ市の皆さん始め関係者の皆さん有り難うございました。

さあ野外で写生だ!
水彩画家・長尾周二1407072
ちなみに新聞記事は3社に掲載されました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1407041
経緯は定かでは有りませんがミッシェルさん宅にお世話に為りながらミッシェルさんと共にマダムの館に働きに来ていました。葬儀にも娘さんと兄弟親族合わせ3人で本当に静かな葬儀でした。マダムと私達合わせても7人でした。葬儀社の人数の方が多い位でした。彼はブロァ郊外に在る墓地に眠る事と為りました。享年80歳です。
晩年は痴ほう症も発生して一緒に生活して居たミッシェルさん家族は大変だったと思います。
葬儀社は此方でも淡々と儀式を進め土の中に戻る事と為りました。
水彩画家・長尾周二1407042
予め掘られた墓地に棺は納められて後はダンプカーの土が勢い良く埋めて終わります。
人柄は穏やかで何方からも愛される人でした。
マダムの館にお世話に為ってから二回目の葬儀でした。献花はマダムが用意した物だけで実に質素な葬儀でした。

私は息子にヨーロッパで亡くなったら灰を地中海に散骨してくれと話しています。
日本では散骨は出来ませんがヨーロッパでは可能です。
私の歳に為ると残りの人生を考え無い人は余程の人で無い限り居ないと思います。
葬儀を済ませて個展会場に向かいました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1407011
皆様のご尽力により2紙、新聞記事に為りました。ラジオ放送でも放送して頂いたそうです。
ありがとごさいました。
水彩画家・長尾周二1407013
ココリコ畑はシャトーボガールの昨年の風景です。カメラマンが制作している時に来ているのは挨拶して知って居ましたが私の制作中の作品と一緒に撮って居たとは知りませんでした。新聞の特集で風景写真を20点載せているのを持参して下さって知りました。
その一点が写真です。
水彩画家・長尾周二1407012
話は全く変わりますが旅をしていて時々警察や憲兵に職務質問される事が有ります。日本でも同様で弟の車を借りて地方に行った時等に有ります。熟練した警察官は挨拶しただけで判断して免許証やパスポートを見せろとは言いません。若い警察はマニアル通り受け答えします。そんな時に世界のポリスの話をしておどけて居ると本音がポロリと出て来ます。キャリア出身の若い署長の訓示で悪い人達(暴力団等)と関わらない様にと言ったそうです。2人で大笑いしてどうやって悪い人達の情報を得ようとすれば良いのでしょうね?
又、最近の暴力団には昔ながらの仁侠道は何処へやら私は何も悪い事はして居ないとシラを切り一般人を装いマフィア化して居ると話して居ました。どんな人達でもざっくばらんに話して居ると面白い話が聞けますね。
日本のペーパーーテストで優秀とされている人達の中に世間知らずで常識さえ無い御仁は見掛けます。肩書きが無くなった時にどうするのでしょうね?
以前私が住んでいた地域に元官僚で定年後近くのゴミ出しをチェックして1個でも違う物が入って居たらその家の玄関に置いて回る方が居ました。勿論地域の鼻つまみ者に為って居ました。肩書きが無くなって誰にも相手にされないのは残念ですよね。
海外で出会った方でも在る国の駐在員で私が良く各国の人々から招待されたり泊めて頂いてますと話すと真顔で、君そんな危険な事しちゃダメだよと仰有いました。
彼は残念ながら外国の駐在員をしていながらその国の友人が居ない様です。自分の目と身体で情報を得なければ行けない方でもこうですから推して知るべしです。
私はジダンでもマフィアでも富豪でも機会有る毎に話を聞かせ頂き友人に為る努力をします。勿論危ない人は即逃げますが情報を頂けるだけでも大変有り難いと思って居ます。

↑このページのトップヘ