水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2014年11月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二141130
土曜日は弟と魚釣りに行って来ました。
季節と共に釣れる魚も代わって来ます。今回はサヨリを狙って海に向かったのですがサヨリはほとんど釣れて居なかったのでサビキで五目釣りに変えました。
釣れた魚はチヌ子、マダイの子、イワシ、コノシロ、海タナゴ、サバと十分楽しめました。その日は刺し身と魚の煮付けを楽しみました。

車に50号のパネルを積んで大串半島に向かいました。途中志度寺を通り海から望める五剣山を見て色付いた晩秋の風景を楽しみました。
その後大串半島に向かい瀬戸内海を描きました。
何人かと世間話をしながら晩秋の瀬戸を楽しみました。地元の方々と話しました。ヨーロッパや日本各地の景勝地の中でも最高ランクの風景だと話したのですが地元の方々はその美しさが認識されては居ない様です。旅をして居てこそ分かる事も有ります。
この美しい瀬戸内海を独り占め出来るこの場所が大好きです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1411281
大窪寺に向かう遍路道を走り渓流を描きに行きました。この道は標高800メートルの峠を越えなければ行けない遍路道の中でも難所が待ってます。標高差800メートルの登山は大変です。
そこでカナダから来られたジアレドさん27才と白石重行さんと出会いました。私が1日制作をして居て6人通られた歩き遍路をして居る方々の2人です。特にカナダ人のジアレドさんは野宿をしながら遍路を続けて居るそうです。
水彩画家・長尾周二1411282
そこで二人に接待をさせて頂きました。果物とお菓子を差し上げました。子供の頃、お婆ちゃんからお遍路さんには接待して差し上げるのですよと教えられました。
こうして機会が有れば私も接待をしています。
野宿の大変さは身に染みて分かります。
彼等は1日20キロ毎日歩いて居るそうです。
渓流で描いて居ると今度は画家の松井真善さんと出会いました。彼も遍路姿で流れている川を石を飛び渡り私が描いて居る場所迄来られました。
住所を交換し又お会いする約束で別れました。

歯アート美術館や銀座古径さんから電話が有り展覧会の準備が進んで居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二141126
街を走って居る車は軽四が主流になり東京の電車に乗って居ても老齢化を感じます。ましてや香川県は人口減少が進み空き家が7万件も有るそうです。1027000人居た人口も985000人に減ったそうです。
北海道のある町は更に人口減少が激しく為す統べさえ無い様な状況に見られます。昨年呼ばれてお伺いした処、空き家に住んで街の活性化にと言う話でした。勿論、欧州と日本の架け橋に貢献すべく交流事業を進めて居る今は定着は考えて居ません。日本文化を日本人作家を世界に紹介し世界の作家を日本に紹介する事によって相互理解と交流を図る事に全力を注いで居ます。

旅人だからこそ感じる事や企画する事が出来る事が有ります。

その感じる一つが日本の向かうべき道は若者や子供を第一に考え人口を維持する事だと思います。地方はそれらの事を早急に取り組む必要が有ると思います。子供中心に家庭が有る様に国家も同様だと思います。

私達老人が国家を頼りにして良いのでしょうか?守るべきは将来を託す子供達だと思います。

ま、画家の戯言と聞き流して下さい。

多摩で出会った農家の人はこの土地は国から預かって居て自分の物では無いと話されて居ました。立派な考え方だと思いました。農地改革と言う名の基に地主からタダ同然で貰って市街化で大金を得て挙げ句の果て全財産を無くした人が数多く居ます。財産を無くさないまでも御殿の様な屋敷を造り税金とか相続等どうするのでしょうね?
元の庄屋や地主は財産没収だと思います。何が法治国家ですかどさくさでまかり通る事が法治国家ですか?六本木で不動産業を生業にして居る社長とお会いした際に話をお聞きしたのですがそうした都会の一等地もそうして外国人等が不法占拠しウヤムヤに為って居る土地が信じられ無い程多数有ると話して居ました。知人の社長に聞いたのですが新宿に更地を持って居たのですが不法占拠されて半分を盗られたと話して居ました。私が美術予備校を経営していた頃の話です。
国民の財産、人命を守る事が国の基本です。未だにそれらが毅然と対処出来ない日本人に腹立たしく思って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二141124
東京でメンバーから高松市の歯アート美術館出品作品を預かり一路高松を目指しました。
その前日東京国際郵便局から通関で手続きが発生したと連絡が有りました。フランス側から送って来た作品にタックスが係ると言う事でした。そうした事務手続きを終えてメンバーと会合を重ね展覧会に向けて協力して対処する事と為りました。
箱根山を越えて1号線を西に走りました。1号線バイパス23号線を走り岡崎市に着きました。岡崎市には西洋アンティーク店を経営して居る鈴木さん家族と再会しました。
名古屋に入り中川区に在る小さな美術館で展覧会打ち合わせをしました。又、フランスから来日するアーティストの宿泊を決めて来ました。1月6日に名鉄グランドホテルを予約、5日は奈良ワシントンホテルを予約しました。
名古屋からは23号線で鈴鹿迄走り後は1号線で大阪、姫路、岡山を経て宇野からフェリーで高松に着きました。
フェリーでは船に設置して居るお風呂に入り汗を流しました。船のお風呂はエンジンが回ると波が立ちます。船が揺れると湯船も揺れます。疲れが取れるし楽しい船旅でも有ります。

高松に着きました。
東京の画材店でロールペーパーを買って此からの制作準備に入ります。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二141119
昨年知人が所有しているマンションに居候していました。八王子大塚帝京大学横に在ります。私は2階に滞在していましたが1階が毎日工事をしていました。途中でラーメン屋さんだと知り楽しみにしていました。残念ながらオープン前日に東京での用事が終わり退去しラーメンを食べる事が出来ませんでした。
今回、店にお伺いするとラーメン屋さんの店長やオーナーと再会しました。
店の名前は麺でるです。自家製の太麺でこれでもかと言った心意気が伝わるラーメンでした。1日目はラーメン二日目はつけ麺を戴きました。心にガッンと言った食感です。
ま、興味のある方は訪ねては如何でしょうか。

四国高松市の歯アート美術館の作品も日本に届きました。順調に準備が進んでいます。名古屋の小さな美術館かじたの準備も平行して進めて居ます。東京立川市のたましんギャラリーの準備も同時に進めて居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1411161
府中市の多摩川から富士山を描いた後にヨーロッパに向かう前に良く通った富士山を描きに行きました。
神奈川県の津久井湖から道志道を走り山中湖に向かいます。途中道志温泉に漬かって山中湖に着きました。午後3時で4度と表示されて居ました。
小山に抜ける峠で泊まりまです。ご存知の通り東京でも8度迄下がった日ですから明け方は暖気運転をしなければ我慢出来ませんでした。ま、寒いの何の氷点下迄下がった事は間違い有りません。
雲一つ無い快晴で刻々と変わる富士山の風景を描きました。
富士山の雪は思った程積雪が有りませんでした。
しかしその悠然とした姿は感動的です。
水彩画家・長尾周二1411162
又、道志道を戻り裏丹沢に入りました。
紅葉はこの辺りが盛りです。
明日は紅葉を描きたいと思って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二141115
東京府中の多摩川河川敷から富士山が見えます。
府中市に住んでいた時から此所で写生をしていました。
対岸はゴルフ場で自然が其のまま残って居て絵に為る場所です。駐車場も在って長時間制作する事も可能です。
そんな事で1日を過ごす機会も良く有ります。

政治も世界情勢も関係無いと言えば画家なんてそうかも知れません。しかし、収入を得る為に作品を販売する展覧会を開催するとそうした呑気な事を言っては居られません。フランスに滞在していて感じるのはリーマンショック以後、高額作品の販売は難しく為って居ます。日本もそうした状況が続いて居る様です。
特に画材店や画商の経営が立ち居か無くなった話は良く聞きます。
益々画家の生活も厳しく為って居る事は間違い有りません。
ま、そうした下世話の事も無視して車上生活をこの東京でも続けて居ます。
日本文化の一翼を担って居ると肝に命じ歯を食いしばって居ます。
1月東京たましんギャラリーの企画展と1月2月の高松市歯アート美術館の企画展に併せてフランスからARTEC会長とアーティストが日本を訪れます。その受け入れの為に旅の計画もして居ます。
そうした事も含めて東京滞在後、名古屋京都も周り高松に向かいます。
フランスからは旅行日程や展覧会の作品を4個口送ったと連絡が入って居ます。民間でこうした国際交流を続ける事は費用も含め困難を伴います。
日本のメンバーにも協力を得ながら企画を進めて居ます。
又、来年6月にParis日本文化会館での企画展を開催しますがその準備も進めて居ます。
フランスからはスペインマドリッド展の搬入に向かったとの連絡も入って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二141110
夜8時の宇高フェリーで高松を立ちました。弟の軽四に荷物を満載し東京に向かいました。
1時間の船旅ですが客室後尾にお風呂が設置しています。長旅の前に身体を温めて来ました。
宇野から岡山迄走り後は国道2号線を大阪までその後1号線で四日市に抜け23号線で岡崎市過ぎ迄走り1号線に戻ります。浜名湖からは1号線バイパスが有りますから意外と走りやすく気が付けば沼津です。
浜名湖近くの潮見坂パーキングでは足湯のサービスが有り足を温めて来ました。
又23号線は随分延長されていて自動車専用道路に為って居てスムーズに走り抜けました。後は246号線で御殿場を通り厚木迄走り東京多摩に着きました。約21時間休憩や仮眠フェリー乗船を含めてですから順調に走り抜けました。

下道の良さは時間は係りますが気に入った風景が有ったら直ぐ止まれる事です。色々な風景を楽しみながら走って来ました。夜の風景も中々興味深く瀬戸内海を渡る時に瀬戸大橋がライティングされていてとても綺麗でした。大阪の夜景も素晴らしいものでした。
特別急ぐ時は高速道路を利用しますがそうでない場合は何時も下道です。

ま、貧乏画家の負け惜しみですか!

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二141107
日本で活動する為に軽四の箱バンを買いました。
何と2015年3月末まで車検付で5万円です。(名義変更含む)当然修理しなければいけませんが80号のパネルを積んで写生に出かけるには最適です。
弟の軽四を借りて旅を何度となくしましたが箱バンは積める量がずいぶん違いますから助かります。来年は1月2月3月と展覧会が続きます。搬入搬出も有りますから車をさがして居ました。普通車がベストですが維持費を考えると軽四が一番です。修理に10万円掛けても15万円です。展覧会を乗り切る為にも制作をする為にも必要ですから購入しました。
高松市歯アート美術館の展覧会にはフランスからアーティストが来ます。送迎車としても活躍します。

先日高松から広島迄高速バスに乗りました。行き帰り私の周りを見渡すとシートベルトをしていないお客様が半数以上居ました。見渡せる範囲ですがその光景を見て香川県人の交通マナーの酷さに唖然としました。例え時速40キロで衝突したとしても大怪我になる事は間違い有りません。ましてや時速100キロで走る高速バスですから身の毛の立つ怖さを感じました。
フランスの一般道路の最高速度は90キロです。その道路を横切る際に友人のフランス人は気を付けろ!直ぐ渡れ!と激しい言葉で注意して下さいました。そうした緊張感と教育が行き届いて居るから事故に対する考え方がまるで違うと感じました。香川県の信号機がない横断歩道で渡ろうとしても歩行者の前で止まる車は皆無です。当然事故率は最悪です。
自分自身を守るシートベルトさえしないのは私には信じられません。

長い間、風邪で制作が出来ませんでした。ようやく快方に向かいパネルを積んで写生にと気力も戻って来ました。
週末には東京に向かいます。

↑このページのトップヘ