水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2015年05月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1505311
フランス国境から10キロの場所にVOLKLIHGENと言う街が有ります。パリから400キロの位置です。その街はユネスコ産業世界遺産第1号だとかで 製鉄所の工場跡です。ま、一度機会が有ればご覧下さい。人間の英知が成せる業を目の当たりに出来ます。鉄鉱石、石炭が近くに産出する為に出来た熔鉱炉等全 ての遺構が残って居ます。その世界遺産の工場跡のスペースに展覧会会場が有ります。其処を彼が紹介して下さった訳です。
水彩画家・長尾周二1505312
ベェルナーさん宅に泊めて頂いた際にシャトーボガールの写真撮影をした数点をオーナーのナタリーさんに送った処、早速お礼のメールが来ました。
彼はプロフェッショナルの写真家でギルドのメンバーです。写真は製鉄所跡の風景とご夫婦の写真です。

製鉄所の熔鉱炉の高さは45メートル有ります。頂上迄登って見学出来ます。上がったり下がったり山歩きの様でした。地底の炭鉱跡の見学は次回としました。ぐっすり寝られた事は言うまでも有りません。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150528
展覧会の為や友人に会う為に各国を旅します。
建築家はデスク仕事では良い建物が出来ませんから現場100回と言われる様に現地に答えが有ると教えて頂きました。
私は風景画家ですから100パーセント現地で描きます。
こうして旅をし人々とお会いして居て感じる事は良きヨーロッパがある意味で壊れて人々のマインドが変わり始めた気がします。
ユーロ圏と言う経済統合の実験がもたらしている弊害が人種対立に寄る心の豊かさを失いつつ有ると思います。
勤勉で実直な日本人に似たドイツ人社会に多民族が都市部や田舎の街迄押し寄せて居て街の一角にゴミの山が有ったり公園にゴミが散乱していたりします。少なくともそんなドイツ人は居なかったと思います。
こうした現象はドイツに限らずベルギーやフランス、いやユーロ圏全体に見られます。
フランス・サンレミ・プロバンスの友人が毎年夏の観光シーズンに3000件の車上荒しが有ってその地域の人々のおおらかで明るい心迄変わったと言って居ましたが私もそれを感じました。
先日会ったベルギー近くに住む友人も1ヶ月に30台車の放火が有ると仰って居ました。大通りでも1週間前に有ったとの事です。
正に暴動寸前のやりたい放題です。3年前にオランダ・ベルギーを旅した際、ベルギーのオランダ寄りの小さな村の駐車場で寝ていたら夜ポリスが来て此処は危 険だらか街の駐車場に移動して下さいと言われました。明らかに生活習慣や宗教が違う他民族の経済基盤を持たない人々が大挙押し寄せて来れば当然社会は壊れ て行く事に為ります。
パスポートコントロールも国境も事実上無い現在そうした夢の様な国を目指したのでしょうが結果的に其処で生活している人々の心の豊かさを奪ってコミュニティーの対立と為ってしまって居ます。
何れの国もそのうち他民族の国家に為るやも知れないと警告する方も居ます。
日本も移民をとの話が有りますがこうした現実を目の当たりにすると差別ではなく理解しえない人々を一挙に受け入れる事には問題が大き過ぎると思います。
イタリアで出会ったジタンの方が話して居ましたがこのイタリアも経済が良くないと同時に人々も変わったと話して居ました。

画家で有る私達はそうした事を踏まえて文化交流を通じ親睦を図る事から始める事が肝要だと思って居ます。
こうして各国に友人知人が増えて日本文化と西洋文化を紹介し人々との交流こそが幸せに繋がると思います。そしてそうした事で心の豊かさを実感出来るのでは無いでしょうか。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150527
山本さんと蚤の市に行った際に日本の骨董品を販売しているジルベール ゴンザルベースさんと出会いました。ロワールに帰って来て直ぐジルベールさんから携帯電話が有りました。
私も出会いは大切にしますので400キロを走り伺った訳です。また一段落しましたしドイツに向かうのでベルギーの直ぐ横、国境が200メートルの彼のお宅を電話して訪ねました。
何故、私に電話してきたのか不思議で為りませんでしたがお会いして伺った事で分かりました。
彼は日本にフランス映画を紹介したと同時に日本映画をカンヌ映画祭に紹介したその人でした。頂いた名刺に叙勲のマークが有りましたが彼の功績からすると当 然です。又、私より2歳年上ですが同年齢で気持ちも通じ合った事がそうさせたのでしょうね。昨年、日本人の奥様を亡くされた事も新しい出会いに繋がったの かも知れません。
こうして新しい友人が増える事は人生を豊かにする事ですね。
円さんが作った惣菜を二人で味わいながら頂きました。
作品は昨日と一昨日80号を2枚仕上げて来ました。その1枚が写真の作品です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150525
バンブーマラコフのギャラリーアーモンドで山本荘太郎さんの個展が無事終わりました。最終日にはバンブーのメイヤーが来て頂きました。オープニングに来て頂けると聞いて居ましたが都合で最終日に為ってしまったと仰って居ました。
ParisのギャラリーはARTECが企画しています。会期中にも地元のアーティストが何人も此処で展覧会を開催したいと申し出が有りました。
意外かも知れませんがフランスは発表する会場が殆ど無くて有っても高額の為なかなか発表出来ません。

車検を終わらせたらドイツに向かいます。シャトーボガールで出会ったアーティストを訪ねる為です。
又、Parisで出会ったアンティークショップのオーナー宅も訪ねる予定です。ベルギー近くに住んでいらっしゃいます。

今年も赤いジュウタンに為って居る畑の季節です。
明日は80号に挑戦です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150520
日本人は何故かモンサンミッシェルが好きですね。
私は絵を描く為には行きますが観光目的では行った事は有りません。
展覧会会場は友人のポゥルさんにお願いして日曜日夕方モンサンミッシェルを目指して400キロの道を走り午後11時に着きました。未だ薄明かるいので走るのも楽でした。
何時もの場所に車を停めて仮眠して夜明け前からイーゼルを立て準備し一枚描きました。その後、彼をバス乗り場迄送り帰って来るのを待っ間にもう一枚描きました。
夜明け前の寒さは夕方到着した時の気温が9度でしたか多分5度以下だったと思います。パレットを持つ左手が冷たいのを通り越して痛く感じ本当に寒かったで す。野外で真冬も描いて居ますから5度以下と言うのは間違って居ないと思います。帰って来たParisの火曜日雷雨と同時にモンサンミッシェル程寒くは有 りませんでしたが、冷たい雨でした。
モンサンミッシェルを後にしてサン・マロで彼だけ観光、私はその間昼寝をしてParis迄の運転に備えました。
280キロ走った後に高速道路から降りて下道を走りました。街と麦畑の続く一般道はドライブしていても楽しいです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1505141
山本荘太郎さんの個展(写真上)を企画して別室に私の作品を展示しました。(写真下)
会期は14日〜20日です。
水彩画家・長尾周二1505142
岡崎市の友人西洋アンティーク店の鈴木さんの紹介で出会ったイ ラストレーターの山本荘太郎の個展をお世話する事に為りました。
その個展を新しくオープンしたギャラリーで開催の運びと為りました。
14日午後6時からのベルニサージュにはバンブーのメイヤーも出席して頂けるそうです。
来られたお客様からは絶讚の声が係って居ます。ニューヨークでの個展でも高く評価されてのParisの個展です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1505102
5月7日Parisバンブーマラコフのギャラリーがオープンしました。
13日〜20日迄日本から来られる山本さんの個展が開催されます。私も奥の部屋に作品展示させて頂きます。Parisセンターでは有りませんが環境の良い場所です。早速、ニコラさんがインターネットで展覧会案内を2500名に配信して下さったそうです。
水彩画家・長尾周二1505102
先日、作品をレンタル販売しているギャラリーから依頼が有った作品を用意しています。水彩画ですので額を作って預ける予定です。材木を買って来てその額を作り始めました。50号3枚作って居ます。
次いでに小品の額もと思って居ます。画面保護の為にアクリルガラスを使います。
80号2枚水張りして作品を描く準備も怠りません。
忙しいのは仕方有りませんが連絡や企画、先方の交渉と絵筆を持つ時間が昨年より減った事は間違い有りません。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150507
シャトーボガールのポートレイトインターナショナル展が終わり、Parisのアーティストに作品の返却にマダムと共に来ています。
私の車に満載された作品を返却の後はバンブーマラコフのギャラリーに行って明日のオープンに向けての準備をします。
今日の朝、インターネットを見ると先日出会ったドイツのフォートグラファからメールが届いて居ました。帰ったら7月にお伺いする旨返事をします。

こうして日々忙しく過ごして居ます。
このプチパレスは入場料が無料でモネやセザンヌの作品も展示されていて私は良く来て作品を観賞しています。
今日のParisはイベントが有るのか至るところにポリスがいて通れない道路がいくつも有りました。

今年は例年になく雨が多くロワール川の水位も高くマダムの庭に在る調整池も満ちて居ます。シャトーボガールに行く途中の畑も水で池の様に為って居て麦が水に浸かって居ました。
私も雨の中時間が取れれば写生を続けて居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
長尾周二150502
Parisの蚤の市が毎週末開催されている近くのバンブーマラコフにARTECが関係するギャラリーをオープンする為に来ました。使わない家具を移動し、金具を取り付けたりして準備を進めて居ます。

先日、シャトーボガールで開催中のポートレイトインターナショナル展の受付を手伝いに行きました。
そこで出会ったドイツ人アーティスト&フォトグラファーと意気投合、7月に会いに行く約束をしました。彼等はギルドのメンバーで私達と展覧会の企画が出来ると良いねと言う事です。
又、まほさんが出品している展覧会に招かれお伺いしアーティストや友人を紹介して頂きました。大規模の展覧会で大勢の方が参加していました。

そうした中、季節は確実にめぐり藤の花が咲き乱れ牡丹も盛りです。シャトーボガールの八重桜の並木道はピンクのジュウタンと為って居ました。
例年と違い行事をこなしながら制作です。
こうして日々が過ぎて行きます。
描きたい花達も私のスケジュールには合わせてくれません。
今年は雨の日が多い気がします。ここ数日は寒いし雨だしと言う感じです。5月1日はシャトーシャンボールの大規模な蚤の市ですが雨で中止です。私は一番楽しみにしていたのですが天候には致し方ないですね。

↑このページのトップヘ