水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2015年08月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1508311
土曜日、個展会場の鍵をマダムに渡しParisに向かいました。
日曜日夕方シャルル・ド・ゴール着で友人の上森さんが帰国です。個展開催中ですがマダムに一日開けて頂き迎えに来ました。
土日の午前中は此処ポートバンブーは蚤の市開催中です。
勿論見て回るだけでも楽しいので機会を捉えて来ました。
車中泊で夜明けと同時に見て回りました。もう夏の終わりで7時過ぎても準備中の店が殆どでした。
そうした中で日本人女性と出会いました。今日昼にはパリを立つそうでその前に来られたそうです。此処ポートバンブーは日本人観光客にも人気で良く見かけますが夜明けと同時に来られる方はさすがに目立ちます。声を掛けて品定めをご一緒しました。
水彩画家・長尾周二1508312
先ずはアクセサリーをお買い上げ、アンティークのアクセサリーです。後は靴、丁度彼女のサイズにピッタリでした。私も以前此処で2足靴を買いましたがサイズが合えば本当にお買い得な商品が有ります。彼女が選んだ靴は20ユーロ新個品で店で買うと最低数万円はする品物です。
後はリモージュの菓子入れとお皿二枚三点で30ユーロこれは超お買い得でした。支払いをした後に様子を見ていた老人が話し掛けて来て良い買い物だったねと 仰って居ました。買われた彼女は菓子入れの方が気に入って居るのかも知れませんが私は小さなお皿二枚の方に価値が有ると思って居ます。
菓子入れだけでも30ユーロで通用する品物でした。彼女と別れた後再度回って写真にある女性のレリーフをてに入れました。

人との出会いもアンティークとの出会いも楽しいものです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150827
よってガソリン代金節約の為にも野宿をしています。
ロワール地方は自然と共に生活している場所ですから私の大好きな場所が至る所に有ります。何ヵ所か川の河畔で絵になり宿泊可能な場所を見付けました。今日は小高い場所に教会が見える河畔に泊まりました。
目の前に殆ど手付かずの川が流れて居ます。日本の川の様相と違って川面はまるで湖の様に木々を写しゆったりとして流れて居ます。其処に風が吹いたり雨が降ったりと刻々と表情を変えて行きます。
館の生活はパソコンに向かって居る時間が多く為りますがこうした場所は心静かに自然を楽しむ事が出来ます。
夜半雨が振り出し木の枝をつたい滴が落ち車の屋根を叩く音で目が覚めました。
何とも幸せな事でしょうか朝の情景も楽しみです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150826
ギャラリーバガボンドはCHOUZYから南に約50キロに有るSELLES-SUR-CHERに有ります。上森さんと出会ったのもこのギャラリーでARTECのグループ展に出品していてこんな田舎のギャラリーで日本人らしい名前が有るので覗いて見たとの事でした。
街のツーリストオフィスの2階にありとても美しいギャラリーです。
しかし入場者が少なく私は依頼されても断わって居ました。毎年断わって居たのですが断り続けるのもと日本人的な判断で開催しました。
水彩画家・長尾周二1508262
当然売り上げは望めませんが異国の地で相手して頂くだけでも有難いと思って居ます。
自分の仕事を見詰め直し方向性を探るのには良い機会と捉えてます。
画家は能書きを言う前に描かないと行けないと言うのが本当だと思って居ます。こうして40点並べると良い反省の機会だと思います。所詮四角い白い紙に描くわけで絵空事の他何物でも有りません。
見事に絵空事が描ければ本望ですが其が中々難しいのです。幾ら塗りたくっても引いても足してもゝにも為りません。ま、ゝにも為らない事がやっと理解出来て来たと言うのが現状でしょうか。
さて!驚きです。予想に反してベルニサージュにはなんと52人の方々が来て下さいました。今日の来場者は62人でした。
ギャラリーのオーナーが力を入れて下さったお陰だと感謝しています。当然飲み物もつまみ物も綺麗に無くなりました。
本当に嬉しい誤算でした。50キロの道程を駆け付けてくれた友人が多数居たことも言うまでも有りません。
市長は都合上来られませんでしたが市の幹部職員が代わりに出席して下さいました。新聞記事にも取り上げて頂きました。
断らず開催して本当に良かったと思って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150821
8月25日〜9月2日迄ギャラリーバガボンドで個展予定されて居ます。
会期は9月6日迄でしたがParisのマドレーヌ寺院の展覧会が有る為に2日までとしました。
3年に渡り毎年依頼されて断り続けるのも気が引けての開催です。
ベルニサージュのカードも出来上がって友人知人に配り準備を始めました。
さほど広くない会場ですから30〜40点もあれば十分でしょうね。
近作のココリコ畑やロワール川の作品を出品しょうと思って居ます。
特に近年は作品発表よりも作品制作に重きをおいて居ます。勿論収入の作品販売が大切です。
あれこれ準備をして下さいと言われて居ますがその辺の事は余り興味が有りません。
価格表とかポスターとか、、。フランス語もろくろく出来ませんし、何時も作品で勝負と考えて居ます。
その作品も納得の行く作品が出来なくて困って居ます。
ですからその辺はもう好きにしてくれと言った心境です。
ロワール地方では作家として認知して頂いて居るようでギャラリーから作品を扱いたいと依頼が有ったり今回の様に展覧会依頼も来るように為りました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150819
リュックサックに画材を詰めて30号を抱え事故現場を通り河畔にイーゼルを立てて制作しました。
私が寝ている館から15メートル位の場所での事故でした。トラックのブレーキ跡が残って居るのに対して乗用車は殆ど有りませんでした。花束が2つ有りまし た。乗用車が無惨な姿に為って居た場所は20メートル以上離れた道路下の河川敷道路の場所でした。ま、乗用車の居眠り運転か飲酒運転でしょうね。
人の一生は予期せぬ事で終わる事も有ります。
私は既に余生と考えて芸術活動に取り組んで居ます。そうするとどんな馬鹿馬鹿しい事も楽しく取り組む事が出来ます。
今日朝は三枚水張りをして二枚額縁製作に取り掛かり昼から河川敷で制作しました。
私の大好きな風景が目の前に有るので毎日通っても飽きません。
明日も予定が無ければロワール川で写生です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150816
マダムと一緒に作品展示をしてきました。16日日曜日、犬のフェスティバルが開催され私達は彫刻や絵画作品を展示してきました。犬好きの人達が集まって ドッグレースをする様です。前日からキャンピングカーに犬と一緒に滞在中でした。又新しいシャトーの人達と親しく為るチャンスです。

帰り道ブラッシュに在る円さんのお店に立ち寄り夕食のお寿司や惣菜を買って帰りました。
私は昨日、円さんのお店うまみでランチに柴沼さんご夫妻に招待されてお寿司のコースを頂きました。2日連続の日本料理を頂いた訳です。
柴沼さんご夫妻と日本で依頼されて居る柴沼さんを含む三人のコレクター作品の展覧会をプロデュースする話や私が考えて居るイタリア・グビョウの企画展と併せ柴沼さんのコレクションのロルジュ作品展も可能かどうか訪ねて来て欲しいとの事等話が有り和やかに会食をしました。

イタリア・グビョウは一昨年展覧会で3週間滞在し街の美術協会会長のアーナルドさんや観光局の所長等親しく為って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
長尾周二150811
麦わら帽子を被り陽射しを避けては居ますが暑いのには参ります。30 、40分描いては日陰に逃げます。湿度が低いので日陰は涼しく感じます。
ま、日本のジリジリした暑さに比べれば快適でしょうが陽射しが強いので本当に暑く感じます。車を木陰に停めて其所に避難します。時間が有ってお金に余裕があればブルターニュ地方かピレネー山脈に行きます。確実に4度以上涼しいし、もし暑くても夜は快適に寝られます。

マダムから16日は何処か場所は分かりませんが犬の展覧会が1日だけ有るそうでそれに誘われて居ます。犬であれ何であれ頼まれれば描き上げます。前日15日が飾り付けだそうです。ちょっと離れた場所の様です。

絵の話し
所詮2次元の世界に3次元を表現する訳ですからいわゆる絵空事です。
況してや自然の光の中で描いて居る訳ですから思う通り行く筈が有りません。
どうにも為らない事にチャレンジしているのですから馬鹿と言うしか有りませんね。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
長尾周二1508101
小雨は勿論風が強い日でもロワール川に通って居ます。
どう表現すれば風を感じるか!
空間表現出来るか!
空気感を感じるか!
流れる雲や水を表現出来るか!
流れ行く季節感を表現出来るか!
と模索しながら毎日を過ごして居ます。
対岸に車を走らせる事も有りますし館の前で描くこともあります。
パンとチーズたまに魚の缶詰を持って一日を過ごして居ます。今日はマダムがハムとチーズを持たして下さいました。昨夜作ったチャーハンと一緒です。ちょっぴり豪華なランチでした。
長尾周二1508102
帰って来てからメンバーから依頼されていた額縁を完成させました。
絵を描く事と同様に物を作る事は楽しいものです。
私が作って居る額の材料は建築資材の材料を使って作る額縁です。当然額縁専門店の様に完全とは言えませんが制作コストは半分以下です。しかもコーナーに金具を使って居ますから落とした位では壊れません。
日本から持参した工具や目止め用のとのこを使って処理しています。
木工用の工具は日本製が一番です。先日も金具を付ける際に日本から持参したキリを用意した所、フランス人も便利にしていました。アクリル板をカットするのも弟に教えて頂いたカッターの替え刃を使ってカットしました。
巷に溢れて居る中国製の其よりは楽に早くカット出来ました。
材木に塗った塗料もアクリル絵の具の黒を使いました。三度塗りで仕上げました。ボコボコのベニアで釘なんかどうすればこんなに不揃いなのかと思える位アバウトです。そういった面では日本製は間違い有りません。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150807
マダムが中国のエージェントと数年前から展覧会を通じて交流をしています。8月5日ParisでARTECのメンバーと会って会合を持ちました。
私も招待作家として出品しています。昨年個人的に出品依頼が有りましたがアソシエーションを通じての出品ならと答えました。
こうした芸術分野に於いても積極的に動いて居るようです。
ま、中国の展覧会に何人か参加した作家の中から行かれるそうですが私はお金もないし皆様にお任せです。
メンバーのリクエストの額縁は木地とパネル迄出来ました。後は塗装してアクリルガラスを入れれば完成です。
フランスで注文すると結構良い値段がしますので安く済ませる為に引き受けました。

本当は毎日外に出て制作したいのが希望です。
今日は額縁制作の後は展覧会のベルニサージュにマダムと一緒に行きます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1508021
写真の作品はテレビ取材中に描いた作品です。

私が寝泊まりしている部屋はロワール川に面している日本だと3階の裏屋根部屋です。その川の横と館の間に国道が通って居ます。館の前はカーブしていて70キロ制限です。
夜明けと共に異様な音で窓を開けるとエンジンが焼けた時の匂いとゴムの焦げ臭い匂いがしました。
下りて国道に出ると写真の様に大型トレーラーと乗用車の正面衝突でした。堤防の上を走って居る国道から乗用車は河畔の道まで約5メートルを転げ落ちて居ました。
一般道路は90キロ制限ですから一般国道と言っても高速道路と同じです。
事故原因は分かりませんが死亡事故でした。
急救隊が脈を取りましたが直ぐに運びだしませんでしたし写真の有り様ですから助かって居ないと思われます。
水彩画家・長尾周二1508022
あまりこの前では事故は起きないとマダムが話して居ましたが大きな事故でした。数年前スペインの友人槙さんが泊まって居るときに飲酒運転の若い女性がポールに当たり堤防の道路から脱輪して動かなく為って居ましたがま、policeの厄介に為って終わりました。
今回は4時間以上通行止めが続きました。
明日は我が身と気を付けて取り組みたいと思って居ます。
写真の朝陽に染まって居るのがマダムの館です。

水彩画家・長尾周二1508023
事故直後の写真


写真の風景が何時も望めますが今日は事故で車が悲惨な状況で転がって居ました。

話は変わりますが昨年私の部屋の上の屋根にある避雷針に雷が落ちてこの石造りの館が揺れました。ま、雷も恐いですね。
シャトーボガールの展覧会が明日で終わりです。ガーデンのフランス庭園の花も今年は暑さのせいか元気が有りません。
ですから今年はロワール川の河畔に通って居ます。

↑このページのトップヘ