水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

2016年01月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1601051
昨日のパネル設置で膝も肘も悲鳴を上げて居ます。全身筋肉痛で大変でした。
しかも今日は風が強く吹いて居て昼食時に軽トラに帰って食事をしていたら車が揺れる程でした。当然制作にも影響します。
思った程進まず疲れも重なり四時過ぎには今日の仕事を止めました。
気温は例年より高くその点は良かったと感じます。
今夜は雨が降らない事を祈ります。
水彩画家・長尾周二1601052
今までの旅で3回贅沢な旅行経験が有ります。その内2回は植村鷹千代先生とのヨーロッパ旅行でした。現金国外持ち出し30万までの時代ですが皆さん靴下の中に忍ばせ持ち出したものです。
どんなに美味しいヨーロッパ料理でもやはり日本料理を食べたく為るものです。パリで日本食を食べに行きました。
知人から調布飛行場に来いと連絡が有りました。8泊9日の旅に誘われました。一度伊豆諸島に調布飛行場からフライトした事が有りましたがそれとは違いプラ イベートジェット機の旅でした。先ず向かったのは対馬、勿論最高級の旅館でした。島の高台に行った時余りにも絶景でしたから写生しました。交通の便はタク シーしか有りません。タクシーを待たせて制作したのは最初で最後でした。
種子島、屋久島と離島の旅でした。屋久島で台風と遭遇、予定では五島列島にも向かう予定でしたが屋久島のリゾートホテルで動けません。台風が去った後、毎日最高級の食事をしていましたが流石に飽きて500円の豚カツ弁当を買って食べた思い出が有ります。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1601041
早速制作場所の河川に着き80号4枚並べ立て制作の準備をしました。
独りで準備は大変でした。4枚繋いで立て支える材木を付ける時、風が吹き三度倒れ昨年渓流を描いた時に比べると時間も係りました。
天気予報が高気圧圏に入り数日間温かく晴天が続くと有りましたから迷わず現場に直行です。
塩江に有る渓流で以前何度も50号の作品は描きに来ています。
1日目はパネルを組み立てるだけで終わりました。
水彩画家・長尾周二1601042
5時間位時間を必要としました。車から材料を何度となく運び組み立てです。
昨年大作を制作した際は渓流に生えている木に紐で張りパネルが倒れ無い様にしましたが此所は河川の中で其れは出来ません。
ビニールの買い物袋に石を入れて固定しました。
運動不足の私はこれ等の作業で筋肉痛です。
周りの雑草や竹を刈って明日からの制作に備えました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160101
今年も宜しくお願い致します。

今日は山口県に滞在中です。ヨーロッパに旅立つ前に日本を巡って居た際にも瀬戸内側や日本海側を走りました。その際に山口県の瀬戸内の風景も素晴らしいと記憶していましたので何日間か制作をしながら旅を続けて居ます。
昨日泊まったのは砂浜が其のまま残って居る湾のすぐ横です。その湾には2、3軒の建物が遠くに見える位で大自然のままで灯りも近くに有りませんでした。
日本海側もそうですが自然と人の生活が調和している数少ない地方で私は大好きなエリアです。
旅を続けて居るとその地の風土や生活も感じます。

作品は思う様に描けなくて情けない状態ですが四国に帰ったら大作を制作予定で居ます。
一般人とかけ離れた生活を長年続けて居るとお節料理や宮詣りも縁が無くなりマイペースの生活と為って居ます。
ま、気楽で我が儘な生活です。
パソコンを持参せず旅を続けて居ますので関係者の皆さん連絡も途切れ途切れですみません。

↑このページのトップヘ