水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

2016年05月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160510
色々な事が有りましたがヤマト展が終わりました。インスタレーション作品も今日取り外しに行って来ました。
明日鱗太郎さんが日本に帰国しますので空港まで送って行きます。帰りはパリの画材店に寄って来ます。
水彩画家・長尾周二16051022
今,藤の花が咲き満開です。80号25号4点と5枚制作しました。特に藤の花の命は短く直ぐに終わってしまいます。次回のブログではそれらの作品を添付致します。
早いものでフォモンタンのマタミュウジアムARTECの展覧会も明後日には撤収です。
藤の花と菜の花が終わるとココリコの咲く季節がやってきます。

野に出て既に日焼けして顔は真っ黒に為って居ます。
こうして制作出来る事に本当に感謝です。

ARTEC展覧会の新聞記事のリンク(ARTECより)
https://docs.google.com/folderview?id=0B7uPAZaeF3Lfd1I4U2ctMFBzbnc&usp=drive_web

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1605051
初日、約200人2日目約300人3日目500人以上の来場者があり盛大な内に展覧会が終わりました。
後日鱗太郎さんが帰国後写真を掲載用に持参しますのでご覧下さい。
ARTEC会長フランソワーズさんジョンさんシスレーヌさんも駆け付けて頂きました。
水彩画家・長尾周二1605052
2日目はフォモンタン マタミュウジアムの搬入作業が有って私は会場に居ませんでしたが雨が降っていたにも係わらず大勢の人がきて頂きました。
鱗太郎さんは折り紙を皆さんに作って差し上げて居たのでより身近に人々と交流を深めて居た様です。
水彩画家・長尾周二1605053
私も初日は羽織袴で皆さんのお世話をしました。
作品価格を全員に聞いて居なかつたのですがお客様から問い合わせが多数有りました。

同時にフォモンタンのマタミュウジアムでのARTECの展覧会が5月2日~10日まで開催中です。

此処でも日本人作家の評判はとても良いです。
水彩画家・長尾周二1605054

↑このページのトップヘ