水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2016年07月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160729
教会の入り口のドアが全て開かれて居てパイプオルガンの演奏がされて居ました。
時間はたっぷり有るので聞いて居ました。どうやら若い音楽家がレッスンの為に学ぶ為の様です。信者も居なくは無いのですが数人祈りを捧げて居ました。

教会の中に牧師さんに悩みを聞いて貰う小屋の様な物が在りますよね。この大聖堂にも何ヵ所か設置されています。中に牧師さんが居る時は赤い小さな灯りが点 る仕掛けに為って居ました。今日はそうした日の様で何人か信者が小屋で待って居る牧師に懺悔とか相談をして居る様子を初めて見ました。

現代社会ではお寺や教会は冠婚葬祭しか関わらないのが流れです。しかし北欧の小さな村では朝夕教会の墓地に先祖を訪ねて居る風景を見ました。
約やかな日常生活です。この大聖堂の様なきらびやかなフレスコ画やステンドグラス、大きな祭壇に彫刻は有りません。私は人間の欲望の果ての遺物の様に思い ます。多民族をどんな殺戮しても救われるとかこの宗教を拝まないから不幸が訪れるとか今でも新興宗教も含め言われて居ますがそんな事で幸せを感じるので有 ればこんな楽な事は有りません。

こうした権力の象徴を見ると多民族や住民を騙して得たお金で出来上がって居ると思えて為りません。共産主義もそうした考え方が有っても良いと思わせられますが現実の共産主義国家は権力を把握する為に在って現在では最も弾圧下にあり悲惨な生活をして居るのが現実です。

私は少しの生きる為の糧は必要だと思いますが際限の無い欲望に付き合う気は有りません。
何故ならこんに立派な教会に眠る人も路傍で倒れて亡くなる人も死んで仕舞えば皆同じだと思って居ます。生きて居る間に何をすべきかが大切と考えます。口を 開けばお金、そんなに溜め込んで何の為に使うの?と私は考えます。カビの生えたパンよりは美味しいディナーが良いとは思いますがそんな事に生き甲斐は感じ ません。

ただ言える事は人の為にと言うは簡単ですが実際に人の為に実践して居る方を見るとそのご苦労は心に染みます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160728
きょうの午後は雷鳴が聞こえて来た後は強い風と共に激しい雨です。稲光に雷鳴、冷たい寒気が入って来たのでしょうか。夕方の散歩はとても涼しい陽気でした。

イタリアに居てイタリアの悪口を書くのは気が引けますが以前の旅で警察署の取り調べ室に連行されたりベローナで観光中、車の鍵穴を壊されたり等々何の落ち度も無いのにひどい目に合って居るのでどうしても印象が良く有りません。

ローマの日本大使館員と話をして居た時も特に南イタリアに進出した日本企業は散々な目に合って撤退していると話して居ました。ま、スペインもそうした同じ様な事が起こって居ます。ラテン系ですから約束が約束に為らず前に進めないと言うのが本音でしょうか。
しかし親しくしてワイワイ騒いで居るのには天国の様な国です。

美術館の受付をして居るジョバンニさんがパソコンに向かって真剣な顔をして居るので聞いたらネットオークションでロンジンの時計を落札しょうとして居たそうでアルバイトにも精を出して居ます。転売し利益を得ているとの事でした。
次の機会にバソコンに向かって居たので尋ねたら来期の展覧会資料作りで仕事もちゃんとしていました。

私的に安全な宿泊場所、お墓の駐車場次が恋人のメッカ(ホモセクシャルのメッカも在るので要注意)小さい村の駐車場少し恐いのですが誰も来ない林の中ですね。

皆さんに事件や盗難に合ったのを訪ねると都会の観光地、観光地のパーキング、インターチェンジのパーキングが圧倒的に多い様です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1607271
早朝余り暑くならない内に制作をしています。7時とか8時に始めて昼頃には描き終わり木陰に移動します。上手い具合に制作場所が木陰なら其のまま動かずにランチを頂きます。夕方まで動かず陽射しが弱く為ってから買い物や観光をしています。

暑いイタリア、良い事も有ります。西瓜が約5キロで3ユーロしません。此でも十分な大きさなのですがグッビオの展覧会の際はこの倍はあろうかと思える西瓜 が3ユーロでした。朝昼晩と西瓜を食べ続けて3日掛かりました。其ほど大きくは無いのですが日本で売られて居る其よりは遥かに大きい物です。
ご覧の様に朝昼晩頂いて2日は掛かります。西瓜がメインでパンはオカズの様です。甘くて美味しいスイカ如何ですか!
水彩画家・長尾周二1607272
今日はアレッオ迄帰って来ました。朝近くの村で1枚描いて買い物です。勿論スイカを買いました。高架下の駐車場で陽射しを避けてしのぎました。
5時を過ぎてから街のセンター迄2キロ以上有ったのですが歩いて行きました。荒井さんたちと観光した街です。私的にはシエナより良いと思います。
明日もこの近辺に居ようと思って居ます。今日の寝床は街を見下ろす林の中です。カップル御用達の場所ですね。使用済みの・・・が大量に散らばって居ました。ま、夜景も綺麗です。
昨日迄イタリアに着いた際に買ったパンが有りました。当然カチンカチンです。朝はかじって食べたのですが流石にカビだらけで止めました。制作した場所の農 家の方が飼っている鶏の餌に差し上げました。今日までブリョッシュやパンと食べ物には困らない位皆さんから頂いた食料が有りました。荒井さんの北海道ス モークチーズ重宝しています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160726
シエナでは2ユーロのピザを買って黄昏時の広場や大聖堂を観光しました。サイズは4当分したのもですが日本で買うとラージサイズのピザと同じボリュームです。夕飯は此で済ませました。しかも大変美味しくて地元でも大人気の店の様です。
しかし私はこうした観光地では制作する気に為れません。駐車場からかなり登らないと中心地は着けませんし人が多すぎます。
シエナからカプレゼミケランジェロ迄約100キロです。
丘の上の中世そのままの都市をその方向に走りながら気に入った場所を見つけ泊まりながら制作を続けて居ます。
日本でも同様ですが田舎ほど親切ですが排他的な面も有ります。
トスカーナ地方でも以前絵に為る場所で連泊していたら住民にポリスを呼ばれた事が有ります。今日は製作中ポリスがユータウンして此方に来ました。ま、製作中でしたから笑顔で職質も無く終わりました。もし住民通報なら必ずパスポート&ドキュメントチェックです。
夏の観光シーズンでも場所によって要注意です。
何度と無くイタリアに来ていますが余り良い印象は有りません。
風景はナポリを代表する様に大変魅力的なのですが昔の陽気なイタリア人気質が少し変わったと思います。長い経済凋落の結果でしょうか。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二160724
静かな山の頂上に中世の砦が在ります。其所がミケランジェロ生誕の美術館と為って居ます。

アートシップインターナショナルはその一つの建物の中の2階3階の3部屋を使用し展覧会を開催中です。開催に当たり日伊友好150周年記念事業と在イタリア日本大使館より認定して頂いての開催です。

2階にはロルジュ作品12点展示3階の2室にアートシップインターナショナルメンバー作品24点を展示しています。

展覧会の反響や感想を前回の報告に続きを書きます。
感想を書いて頂いて居るノートは14ページ目に入って居ます。ゆっくり翻訳出来ればと思って居ます。

山本さんの作品は額装しモノクロ作品の中に在ります。アイデアと知己に富んだ作品は無くては為らない作品です。小品ですが存在感の有る作品です。

龍ノ平さんの作品は抽象化去れた人物像と静物画の展示です。CHOUZYのARTEC展に3点風景画を出品した為会期が重なり風景画は展示出来ませんでした。しかしその意欲的な作品は大変クオリティの高い作品と為って居ます。

中尾さんの風景画は空気を感じるリアリティーが表現されて居て現場に吹く微風さえ感じます。今こうしてメールを書いて居る間にも8人入場者が居ました。

山崎さんの作品は花々の中に蝶が画かれて居ます。フランス・マタミュウゼでのARTEC展で作品をコレクターに買って頂いた事でもその実力はお分かり頂けると思います。勿論イタリアでも人気の作品と為って居ます。

水口さんの立体はトゥールのヤマト展での人気、マタミュウゼでのARTEC展でARTEC賞受賞でもお分かりの様に若い才能有るデザイナーです。
此処でも興味を持ってご覧に為る方が大勢いらっしゃいます。

後会期は8日間です。イタリアでの旅は後少しで終わります。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160723
ローマ観光もしましたが在イタリア日本大使館にカプレーゼミケランジェロ美術館の報告と日伊友好150年事業認定のお礼、情報交換に行って来ました。外交官と文化担当の方二人とお会いしました。
私はどんなに忙しくても現場の方とお会いする事を旨としています。文章だけでは分からない事も有りますから。今回お会いしてトスカーナ地方はミラノ領事館の担当とかですが勿論ローマ大使館でも対処して頂けるとの事だと教えて頂きました。

ローマからカプレーゼミケランジェロに向かう途中昨年知り合った日本人女性シゲコさんとリサイクルショップを経営していてシゲコさんを紹介して下さった オーナーと再会しました。ごイタリア人の主人や息子さんもご紹介頂きランチをご馳走に為りました。勿論、ローマのレストランのスパゲッティより格段と美味 しい物でした。

話は変わりますが人は老いて行くと色々な困難や問題を生じます。当然私もそうした年代に入って来ていますから他人事では有りません。私の母は82歳で亡く なりましたが半身不随で困ったのですが幸い痴呆症には為らず意識も確りしていました。しかしそうした色々な病を抱えながら老いて行くと家族は大変な思いを 強いられ事に為ります。
身近な人にそうした方がいらっしゃるのを見ると心が痛みます。
助け合いの精神はヨーロッパの方が現代に於いては良いのでは無いでしょうか。お祖母ちゃんがお遍路さんには接待して差し上げなさいと云われて居た事を思い出します。四国は死国とも昔は言われ老いて巡礼の旅は正に死を意味して居ました。
私も其が出来れば本望です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160722
昨年同様日本大使館近くに車を停めて市内観光です。大使館近辺は警備がしっかりしていますから車上荒らし対策には良いと思って居ます。大都会は何処でも危険と隣り合わせですから注意を怠らないのが肝要です。

ローマは一日にして成らずとは良く言った物で何度来ても驚かされます。
あても無く歩いて居ると教会が多い事。お金を払わずに美術館に入って居る様な物です から通りすがりの教会を覗いて見ました。

先ずテルミニ駅前の教会、其所からスペイン広場そして又、テルミニ駅を目指して歩きました。
10ヶ所は訪れたと思 います。
夕方はミサを行って居る教会が多数有りました。

一度は世界を征した国はその遺産も素晴らしいですね。キリスト教に関する彫刻、フレスコ画や油絵そ の素晴らしさに魅了されました。又、こんなに沢山の教会が在ることにも驚きました。

40年前歩いた通りは画廊や美術品が売られて居た店がブティックの店に 変わって居て時代の流れを感じさせられました。昨年来た時に探してポリスに聞いたらオーナーが撤去して無くなって居たトレビの泉は再現去れて居て大勢の人々 に囲まれて居ました。
掲載した写真がそうです。
スペイン広場の階段も改装中で立ち入り禁止でした。

相変わらず物乞や詐欺がいの書名依頼、テルミニ駅前のコールガール気を付けて下さいね。
今日は昨日行かなかったローマ遺跡や広場をあても無く歩いて見たいと思って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160720
1日会場に居ました。
観光ですが美術館に入場料金を払ってご覧に為って居ますので皆さん時間を掛けてご覧に為って居ます。

オープンした初日加藤さんの作品 を一度ご覧に為ってから別の部屋の作品を見た後、再度作品をご覧に為って居ました。部屋から出てて来られたのは20分以上経ってからでした。ご夫婦で作品 が気に入ったご様子でした。

荒井さんの作品も津波かとかアウシュビィツをイメージした作品と解説すると納得して観賞されて居ました。

美術館の職員からも大変良い展覧 会だとお誉めの言葉を頂きました。

感想を書いて頂くノートを水口さんの作品前に置いて居ますが数日しか経って居ないのに多数のコメントが寄せられて居ます。

先に帰国された荒井さんたちの写真をアートシップインターナショナルのコーナーに掲載予定です。

美術館に滞在して居た日は70人以上入場者が有ったと美術館の職員からお聞きしました。
色々と大変な事も有りましたが開催できて本当に良かったと実感しています。

特にグッビオの美術協会会長アーナルド&マチルドご夫妻には本当に御世話に為って居ます。最終日作品搬出の際も手伝って下さるそうです。グッビオから90キロの道程を駆け付けて下さるそうです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160718
やっとイーゼルにパネルを立てて制作を続けています。展覧会の為とは言え絵筆を持たないのは良く有りません。
制作するのには気力体力が必要で続けて居ないと残りカスで手だけが勝手に動いて仕上げて仕舞います。
何を追究していたかも忘れて困った物です。
やはり描いて描いて其でも描いて一歩でも前に進みたいと思って居ます。

幸い何日か涼しい日が続いて居ますので此と思った風景は描いて居ます。
明日、フランソワーズさんが来られますので美術館、グビョウのアーナルド&マチルドさん宅と巡ります。
ニースでテロが有ったそうですね。世界中が騒わしい時代に為りました。
芸術家はこうした時代でも絵筆を持ち自分の考えを表現、訴え続ける事が大切だと思って居ます。
何よりも平和主義の申し子が芸術家だと思って居ます。大自然の中で野宿をしながら心に残る風景画を描いて居るのですから。
ルネサンスの地を旅し尚更そうした思いに為ります。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160717
先ず世界遺産のURBINOを観光して来ました。山の上城郭都市です。昨日はURBANIA近くで野宿、夕方1枚作品を仕上げました。
アーナルドさんが海が好きだと話して居たので私もアドリア海が見たくなりPESARO迄車を走らせました。海岸線の駐車場は全て空いて居ませんでしたのでヨットハーバーが有る港に行きました。防波堤の先端迄歩いてテトラポットを登り防波堤の上に立ち海を見ました。
アドリア海も今まで見た数々の海に負けず劣らず大変美しい海でした。
水平線を暫し眺め潮騒と香りを堪能して昨日見つけた村に向かいました。丘の教会の風景を制作していると近所の住人が来て描いて居る教会はルネサンスの巨匠ミケランジェロとラファエロ、ダ・ヴィンチの3人が聖人として祀られて居ると教えて頂きました。
展覧会会場はそのミケランジェロ生誕の地です。
何かの縁を感じつつ作品を仕上げました。

↑このページのトップヘ