水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2016年11月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1611302
おにぎり一個とリンゴを持って車に乗り込みました。先ずは釣り道具屋さんで情報を入れてサビキで小魚を釣る事に決めました。
アミコマセを買ってつけ餌のオキアミも用意し東に向かいました。大串半島の先の小田漁港です。防波堤には何人か居ましたが私は漁港の小さな堤で竿を出しました。先に中学生が来てメバルやベラ、ガラシを釣って居ました。平日だから彼は学校をサボっての釣りでは無いかと思われます。彼は良く話し掛けて来ました。
水彩画家・長尾周二1611301
サビキに餌を付けてコマセをカゴに入れて釣りを始めました。
今日は余り釣れません。外道のフグばかりです。結果的に50匹以上フグを釣りました。それでもベラやタナゴ、小メジナがたまに釣れます。
その中学生に釣れた魚をバケツごと差し上げて終わりにしました。
私が中学生の頃と良く似て居て小生意気な子供でしたから多分学校で上手く行って無いと推測しつつその後大串半島に絵を描く場所を探しに行きました。
雲が多く光輝く私の好きな風景が無かったのでドライブと為りました。
絵筆を持たず帰りました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二・渓流1611261
(完成間近の「渓流の大作」)

季節が確実に変わって冬に近づいて居ます。
弟の離れ入り口に干し柿を作る為に吊るしました。
私は柿が大好きで畑に有る柿を毎日3個か4個取って制作に向かって居ましたがその柿も取り尽くしました。今度は干し柿作りをしました。写真の様に渋柿の皮を剥き竹竿にぶら下げ後は待つだけです。寒風が吹き始め良い干し柿が出来ると期待しています。
水彩画家・長尾周二1611262
制作現場近くに住んでいらっしゃる農家の方が再度様子を見に来ました。別の方も昨年も描いていたの〜と声を掛けて下さいました。
体力、気力が未だ完全に戻って居ませんから制作に時間が係って居ます。
漸く完成しました。
下記のように完成した絵はまだシートをかけてあります。近日中に公開予定です。
お楽しみに!
水彩画家・長尾周二1611303
(完成した「渓流の大作」)

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1611241
昨日は現場に弟と向かったのですが小雨が降ったり止んだりでシートを外して制作には至りませんでした。水彩画ですから雨の日は残念ながら筆を持つことが出来ません。
作品を制作している近くの神社巡りをしました。最終的に5社参拝し後に88番札所大窪寺を参拝し高仙山標高627メートルで昼食ガスコンロ持参ですき焼きを再度頂きました。この日は寒くて暖かい昼食が大変有り難く温まりました。
水彩画家・長尾周二・渓流1611242
雨が止みませんでしたからドライブと観光です。
この高仙山からの眺めは最高で機会を見て寒くない季節に描きに来たいと思います。
讃岐山脈の山岳道路を走りながら滝を見たり神社を参拝したりと楽しみました。最後はさぬき市にあるカメリア温泉で寛ぎました。
ぽかぽかと体も温まり満足して帰りました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1611201
80号のパネル4枚+1メートル約5メートル×1・55メートルの作品に取り掛かりました。先ずは材料の搬入です。
材木やパネル制作する為と堤防から河川敷きに降りる為の脚立、ドリル等の工具一式を積んで現場に向かいました。
連日通って居ますから近くに住んでいらっしゃる農家の方とも顔見知りに為りました。挨拶を交わし立ち話、宜しくお願いしますと別れました。大作制作も慣れて来て下地を作るのも3時間位で終わりました。
水彩画家・長尾周二1611203
持ち込んだ80号のパネルを二枚繋げ立てます。続けて又、二枚繋げたパネルを繋げ後は少し伸ばします。昨年下流で描いた際のパネル設置時は強い風に悩まされ二度三度と飛ばされ壊れ又、チャレンジと悪戦苦闘でした。曇り空で時折小雨が降って居ましたが風が無くてスムーズに設置出来ました。
今回は動画撮影を弟がして下さいました。荷物運びや設置も手伝って下さると思いきや撮影を対岸や岩の上からして居て全て一人で行いました。
水彩画家・長尾周二1611202
昼はすき焼きを鍋で作り用意したおにぎりと一緒に食べました。ま、一人で食べるより二人の方が美味しいですよね。昨日スーパーマーケットに買い物に行った際に国産牛肉450グラムが1200円の半額600円に為って居て夕食と今日のランチをすき焼きに決めました。
カセットコンロも持参美味しく頂きました。
夕方4時過ぎに工事用のビニールシートを作品に掛けて今日は終わりました。
何日か掛けて渓流を仕上げます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二161118
河川敷に降りて感じるのはフランスやイギリスの川より日本のそれはゴミが多い事です。都市の景観は美しく保たれて居ても河川は汚れて居ます。今、描いて居る場所でも色々な物が有ります。農業用のクワやプラスチックの長い筒、椅子に飲み物のボトルと数えれば切りが有りません。こんな里山の河川ですらそうですから海の海岸線も推して知るべしです。
勿論自然に戻らないプラスチック等は小さな絵の具の容器でも持ち帰り捨てる様にしています。里山も手入れが行き届いていない場所が至るところで見られます。子供の頃川で遊んだ記憶が有る私は一時汚れた水は清流に戻ったのですが一方では荒れた風景に為って居ます。

しかしそうした中でも秋を感じます。赤トンボが石の上で羽を休めて居ます。
湧き水が有る場所では小魚が群れて居ます。
コンクリートに固められた中で逞しく生きて居ました。
病気をしてから気力が少し落ちたのですが其が戻りません。少し描いては車で休息を取りながら描いて居ます。
集中力が持続出来ないのは仕方ないのかも知れませんから出来るだけ楽しんで描いて居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1611161
おにぎりとリンゴ、お菓子を持って昨日描いた場所に向かいました。
天気予報では雨は降らないとの事でしたから安心して河川敷きに降り制作を始めました。

昨日描いた場所より若干上流で堤防から降りるのに梯子を持参して荷物を運びました。昨日の場所は堤防に梯子が付いて居て降りるのは問題が有りませんでした。
50号のパネルですからイーゼルの固定が必要です。買い物袋に石を詰めイーゼルに固定して制作します。描く場所は昨日決めて帰って来ましたからのんびり始めました。

何度か休息を取りながら4時半には終わりそうと計画を立てて画面に絵筆を走らせました。
水彩画家・長尾周二1611162
4時近くに為って雨が降りだしました。最初は小雨でしたのでそのまま描いて居たのですが大粒の雨に為りました。作品を裏返しにして車に戻り雨が止むのを待ちました。西の空が明るいので止むと確信しての避難です。車の屋根に激しい雨音が叩き付けます。夕立の様な感じです。

30分後には雨は止みましたがパネルの桟には雨が溜まり画面も濡れました。
明日は天気が良さそうなので又、同じ場所で描く予定です。
外で過ごす時間が殆どですから雲の流れや空模様で天気も予見出来ます。
止んだのですが想像以上に激しい雨でした。
画面は雨の滴で流れた後が付いて居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1611131
讃岐山脈を目指し南に走りました。
香東川を遡り塩江に向かいます。
何度となく渓流を描きに来た場所に着きました。
同じ場所でも水量が違うとまるで表情が違って来ます。
今回は川の水量が少なく為って居て前回とは違って居ました。
水彩画家・長尾周二1611132
山の紅葉も進み始めポプラや欅の黄色や朱の色が緑の中に映えて居ました。
今日は日射しが強く冬使用の服装では暑い位で上衣は必要有りませんでした。
昼食はおにぎりとリンゴです。高松に帰って来てお米を買って来ました。北海道産のななつぼしです。
全国を回って居て北海道のお米が美味しい事を知りました。当然おにぎりも美味しいです。
そうして渓流の作品を仕上げました。
あっ!
釣りにも行きたいな!!

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1611091
今日述べることは私が数十年にわたり美術界で様々な活動をしてきた中で感じたことです。
もちろん、あくまでも個人的な意見や見解です。
違う意見や見解の方もいるかもしれませんが、あらかじめご承知おき頂ければと思います。

私は画家ですが良い作品は機会が有ればコレクションして来ました。
過去に香川県立高松工芸高校に寄贈した荻原守衛作の工夫や猪熊弦一郎のフェイスシリーズ等、縁有って巡り会った作品は手に入れます。現在、サルバドール ダリやレオナルド藤田、エミールガレー他400点を超えてコレクションしています。

常に良い作品と向き合って居ると見識眼が育つと同時に作品の持つエネルギーや品格を身近に感じます。

入場料を払って中身を覗くと名ばかりの美術館が大変多く残念で為りません。
流石に名だたる美術館には其なりに見応えの有る作品が数点は有りますが、まったくそのように感じる作品がないといっても過言では無い美術館も多数有ります。

又、職員の見識を疑う様なコレクションを公費を使って行って居る場合も目にします。
その最たる物は贋作購入です。公的な美術館でもそのように感じることがあり、とても残念です。
数多くの名品に触れて勉強して下さいというのが私からの提言です。
私が過去に係わりが有った処でもそうした美術館が有りました。

良い作品をコレクションするにはお金を用意すれば出来る訳では有りません。私等は食うや食わずの中で自分の作品が売れた一部で購入している訳ですから真剣勝負で臨んで居ます。

私の感性からいえば、一般の方なら誰でも知っているような有名な美術館においても見応えの有る作品は数点です。
何時の時代でも係わって居る担当者には見識眼と廻り合い、そして決断が必要です。
水彩画家・長尾周二1611092
現代アートと称する企画が大流行で其にとやかく言うつもりは有りません。
が、私の考えを述べますと、私はそうした現代アートを否定する訳では有りませんが子供の頃見た見せ物小屋の域だと常日頃思って居ます。
しかしどんな作品であれ時間や時代に淘汰され残れば本物だと思って居ます。
数センチの作品でもビルの様な巨大な物でも最後は作品の持つ永遠的な訴求力、美では無いでしょうか。
そういう意味では長年芸術に係わる者として、アートが大衆化する事は大変意義が有ると思っています。

急に話変わりますが、東京からは殆ど高速道路など有料道路は使わず、一般道で来ました。
なんと東京~高松で有料道路は加古川バイバスの料金110円だけです。
やはり大阪、神戸を通過する時は有料道路を走った方が遥かに楽ですね。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1611071
フリーマーケットでは最大級と言われて居る大井競馬場に行きました。
多摩市から車で走り向かいました。多摩川を横切り環状7号線を走り其所に辿り着きました。駐車料金は1日500円です。
出店は500店以上でアンティークから古着屋さんまで色々な商品が見られます。過去にも着物や反物等を此所で買ってフランスにお土産として持って行きました。トゥルーのヤマト展でインスタレーションをした反物も此所で買った物です。
水彩画家・長尾周二1611072
今回、買った商品は釣具のリール(新品)とマフラーです。後、金比羅さんのうちわ 何れも破格の安さでした。広い会場を3回廻り堪能しました。
露天の店で鉄板焼のチキンと大根の煮物を買って昼食としました。
フランスでも毎週末蚤の市を見て回る事が楽しみでしたから雑多なものの中で探すのは大好きです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1611051
軽井沢で浅間山を描いて東京に戻り今は道志村に居ます。
水彩画家・長尾周二1611052
此所は道志温泉も有り身体を休めるには最適です。紅葉のシーズンなので私も車を走らせました。何ヵ所か富士山山頂が望める場所が有ります。其所で何枚か制作しました。

兄貴分の故高橋秀夫「トヨタ自工デザイナー初代クラウンハードトップ初代カローラスプリンターデザイン」さんが良くこの地に来て富士山を描いた事を思い出しながら描きました。朝日の出から其処に居て富士が紅く染まる時から描き出し1枚仕上げさらに紅葉に太陽が当たり輝き出すともう1枚制作しました。
その後山中湖から小山峠に向かい富士山が望める場所に停まり夕陽が沈む迄楽しみました。暗く為って道志温泉で身体を温めました。私も何度となく写生に来て居て滝や紅葉を描きました。
朝、車のガラスは真っ白でした。流石に寒く暖気運転しなが車の中で描きました。

↑このページのトップヘ