水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

2016年11月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1611022
日暮里駅から歩いて辿り着いた寺町美術館+GALLERYで拝見しました。
お寺や江戸風情が残るこの場所は芸大名誉教授小池先生と呑み屋で良く過ごした場所です。

作品は書の範囲を越えて絵画の領域をも醸し出して居る秀作です。
イタリアカプレーゼミケランジェロ美術館やフランストゥルーのヤマト展、パリ、ロワイヤルマドレーヌ寺院での展覧会でも好評でコレクターにコレクションして頂いた事でも実力が伺い知れます。


明日からは又紅葉を追いかけて走ろうと思って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1611011
日本医科大学永山病院で胃カメラ検査をして頂きました。
その結果は経過観察一年後に再度検査との事です。
フランスでの胃痛は食中毒等の感染症だったとの事です。
医師にフランスの救急病院で検査入院した診療内容を話したら其では本当の病名は分からないと話して居ました。「心電図、血液検査、検診」病気するなら日本でと言うのが私の本音です。
早速、診察が終わって永山でラーメンを頂きました。心配した病名は出て来ませんでしたので一安心です。
水彩画家・長尾周二1611012
昨日は高幡不動尊に行って来ました。一時この駅を利用して居ましたから大変懐かしく思いました。参道も街も面影が無いくらい近代的に為って居ました。
唯一高幡まんじゅうのお店はそのままでした。
参拝後高幡山を登りました。ま、山と言うより丘と呼ぶ方が相応しい位低い山です。しかし街並みや浅川、多摩川を望めるので楽しんで来ました。山頂は城跡だそうでその地に立つと納得出来る眺望です。
運動らしき事を殆んどしていませんでしたから気持ち良く歩きました。

↑このページのトップヘ