水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
主催:(一社)アートシップインターナショナル
後援:在仏日本大使館
日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
詳細はこちらをご覧ください
長尾周二・KOKOROJAPON展20191
その後の展覧会予定
・2020年5月
日仏文化交流展1(仮称):群馬県安中市文化センター&廃校グランド
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展2(仮称):愛媛県立美術館
・2020年8月28日~9月8日
日仏交流展3(仮称):フランス・ブラシュー・ビエールホール
KOKORO JAPON展2020

2017年01月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二170102
※写真をクリックすると拡大されます
朝、起きると車の窓ガラスが凍って居ました。氷も張って居て氷点下迄下がって居たようです。しかし日中は温かくコートもセーターも脱いで制作しました。
朝食は小さめのおにぎり昼食はおにぎりとリンゴ晩御飯もおにぎりと鯖の缶詰です。
国道まで走れば食料品調達可能ですがこのおにぎりは店で買うよりズーッと美味しいので満足して頂いて居ます。後、大きなおにぎりが2個有りますから明日も大丈夫です。他にパンや非常食も持参していますから作品が来上がる迄多分大丈夫です。
弟の家で十分休みましたから疲れも取れ順調に進みました。前回の渓流作品は疲れて居て完成まで時間を要しましたがベストの時と同様に進みました。
先ずパネルや材木、工具を川原に運びます。それから組み立て制作に取り掛かります。上流部まで制作する場所を探して走りましたが夜明けと共に活動しましたから9時過ぎには現場を見つけました。昼前に組み立て完了、制作に取り掛かりました。
構図やイメージが湧くまで暫し待ちます。
後は一気加勢に筆を進めます。200キロ走って来ただけの事が有る清流です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170101

本年も宜しくお願いいたします。
さて正月
高松から200キロ余走り四万十川河畔に居ます。
天気予報が1週間天気に恵まれ晴れの日が続くと有りましたので清流四万十川を描きたくて車を走らせて来ました。
もちろん四万十川でも制作しましたが此れから川を遡り気に入った場所が有れば大作を描きたいと材木やパネルを積んでやって来ました。川の流れの音が静かに聞こえます。街路灯が対岸に望めますが本当に静かな暗闇に包まれて居ます。

先ず大きなおにぎりを5個作り、ガソリンを満タンに高知県の四万十川を目指しました。日本を放浪して居た時は桜を追いかけて先ず四国足摺岬を目指しました。そうして北に桜を追いかけて最後は北海道。暑い夏は北海道か日本アルプスで過ごし秋の紅葉と共に南の九州迄旅をした物でした。
材木やロールキャンバス道具に着替え、食料品で只でさえ狭い室内は寝返りも儘為りません。
しかし美しい大自然の中での制作は何物にも変えられません。

↑このページのトップヘ