水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2017年05月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1705281
昨日アイリス畑で制作して仕上げ南西に走りCHATILLON SUR CHERに着きました。その村の外れに川が流れて居てその河川敷で寝ました。さ!蚤の市、夜明けと共にスタートです。顔馴染みのプロショップバィヤーが三四人来ていました。朝イチは皆さん必死で探して居ます。私のコレクションもそうして集めた物です。ロンドンで蚤の市で数ユーロで買ったダイヤモンドが本物で5000万でオークションにとニュースに為りましたが其処までラッキーな事は有りませんがフランスの美術館に展示している物クラスは何点か手に入れる事が出来ました。そんな期待を込めて朝日が上ると同時に会場に入りました。事前にインターネットで出展者数が100〜200と出て居ましたから期待が持てます。朝の運動としては一汗かく位歩きました。
水彩画家・長尾周二1705282
会場を三回隈無く見て回りました。結果写真のイチゴ1ユーロを買いました。農家や自宅で取れた物も販売しています。日本の容器の倍はある物に山盛りでした。写真は既に6個はつまみ食いした後の写真です。アンティーク
や出物は残念ながら有りませんでした。今日は他の会場もチェックしましたが走る距離が50キロ以上なので止めました。
朝の一枚はロワール川の支流風景を描きました。
今日は此所で1日過ごし明日朝シャトーボガールに向かいます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1705271
何故アイリス畑で描いて居るのかと言うとこの暑さでアイリスの花が終わりそうなので描きました。アイリスファームの方が終わりそうだからアイリスを先に描いてはとアドレス去れて朝9時過ぎから午後3時半迄一番暑い時間に畑に居ました。水を補給しながらタオルで汗を拭き拭きでした。先に描いたアイリスは午後6時過ぎから二日間で仕上げましたから然程暑くは有りませんでした。
私は制作も人と会うのも現場主義でその場で過ごし真剣に語り合うと本性や感じる事が有ります。
ブログに掲載している作品は選んで掲載している分けでは有りません。ま、絵日記の様な物です。
水彩画家・長尾周二1705272
何日間かして廃棄去れた作品も多数有ります。
作品は写真と違って空間や動き等が入りますので写真で見る作品とはまるで別物です。その辺は長年現場で感じた空気感が違います。その辺は是非とも展覧会で現物をご覧頂けば納得頂けると思います。
しかし今日は暑かった。身体が未だ暑さに慣れて居ないので尚更です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1705241
※上の写真をクリックすると拡大した画像をご覧になれます。
ココリコ畑から今度は芍薬畑で一枚描いて同じオーナーの農園のアイリス畑でアイリスを描いて居ます。
此所も広大な畑で一面芍薬畑やアイリス畑が有ります。上森さんから紹介去れた場所でオーナーとも顔見知りで親しくさせて頂いて居ます。芍薬畑を描いて居たらこの陽気でアイリスが咲き終わると知らせて頂いたのでアイリス畑に移り描き始めました。
水彩画家・長尾周二1705242
アイリス畑で野宿です。此所もフランソワーズさんの館から約35キロ以上有りますからガソリン代節約も兼ねて居ます。又、明日からシャトーボガールの展覧会管理を依頼されて居ますので尚更です。
早朝、夕方制作出来ますので会場を閉めたら描きに来ます。
9時40分過ぎ先程日が沈み此から夕焼け空に為ります。畑には野兎や鹿が跳び跳ねて居ます。鹿は今年産まれた若い鹿で此方を暫し見て森に走りました。
朝用意したおにぎりとリンゴ、チーズと鰯の缶詰、スーパーで買ったサラダで3食を済ませ暗く為ったら寝袋に入ります。
一昨日もフクロウの鳴く声賀したので場所が違いますが楽しみにしています。
イギリスでテロが起きたと聞きましたが此所は見渡す限り林と畑でそうした危ない事は起こりません。
昼間は農園の方々が作業していますが夕方からは誰も居ません。
私的にはこうした場所が一番好きで自然と共に居られる事が何より幸せです。10時が来て西の空がピンクに染まりました。流石に夕焼けを描く元気は有りません。空の移り行くイベントを観賞しています。
夜の星空も日本の空より大気が綺麗な事も有って星数が多く視られます。10時半が過ぎると西の空に一番星が視られます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1705232
日の出から日が沈む迄今の季節が一番昼が長いので車の生活も長く感じます。此所はフランソワーズさんの館から約35キロの場所です。通うのにはガソリン代が大変なので車で泊まります。明日は友人の上森さんも来る予定で二人並んでイーゼルを立てます。
今、午後10時30分西の空は夕焼けが終わりましたが未だ薄明かるいです。
水彩画家・長尾周二1705231
季節も変わり天気も変わります。ま、人の気持ちも天気や季節と同じで虚ろな物です。
毎日の様に絵筆を持って居ますが私にはこうするしか能の無いのでそうして居ます。
そのくせ作品の進歩は殆んど見られず自分でもアホらしく為る位です。
手が勝手に動く様な作品だけは描くまいと大自然の中で自分と格闘しています。Parisの画商やギャラリーの展覧会、美術館と数多く拝見しましたが要は自分の感性で戦うしか無いと確信しています。
さて今日も一日が終わりました。明日に備えて寝袋に入りますか♪

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170522
例年ココリコが咲いて居る場所も見て回ったのですが未だ良い場所が見つかりませんでした。
Parisに行く途中見つけたココリコ畑は今が盛りと赤い絨毯に為って居ます。その赤の花の合間に青紫の花が加わってキラキラと輝いて見えます。その場所に30号パネル4枚持参し制作します。
昨日フランソワーズさんのお誘いでシャトーボガールでの展覧会ベルニサージュに来ました。其処でブラッシュ市のビエールホール展覧会責任者とお会いして来年展覧会を企画して頂く事に為りました。書類を後日送って頂く事に為りました。来年は日仏友好160周年記念年でも有ります。Parisのマドレーヌ寺院とブラッシュのビエールホールで開催出来る予定ですので大変喜んで居ます。
長年ロワール地方と関わって来ましたからベルニサージュで再会する方々か大勢居ました。特に以前シャトーボガールの畑がココリコで覆われて制作していた際に制作風景を撮って頂いたカメラマンと再会しました。その写真は新聞両面を使ったロワール特集に掲載去れて居て私もその記事写真を持って居ます。

今日は日曜日、BROCANTE開催日です。昨夜調べた場所に来て一回りしました。ご飯を炊いておにぎりを作ってとのんびり会場に行きましたから良い物は殆んど無くなって居る感じでしたが其でも宝探し気分が味わえて気分が高まりました。(何時もは夜明けと共にプロフェッショナルと競争です。)
持参金も本当に少ないので自重気味にしています。
もうすぐ昼です。ご飯を頂いて戦いの始まりです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1705191
写真1
明日、フランス在日本大使館の外交官とお会いする為にParisに来ました。着いた日もParisを通過しましたがその次の日にもParisに来ました。パテシェの千葉さんの店に行ったのですが21日迄バカンス中でお休みでした。その後Paris日動ギャラリーの長谷川さんを訪ねました。其処で日本文化会館の新しい館長と出会い後日コンタクトを取って会う約束をしました。
プチパレスの美術館を見学していたら私のコレクション作家の作品が展示していました。フランソワーズさんに確認しましたが間違いない作品の様です。
長年コレクションした中には良い品物も有る様です。今日は車で走って来ました。来る途中写真の作品の様なココリコ(ポピー)畑を見付けて早速一枚仕上げました。(写真・1)瀬戸のココリコとフランスのココリコ未々楽しめそうで太作を描く予定です。
水彩画家・長尾周二1705192
写真2
昨日は友人の円さんの店を訪ねたらスペインの槙さん(ポートレイト画家)が来ていました。久し振りでしたからヨーロッパ放浪の最初の頃のアクシデントの話等で懐かしく過ごしました。
こうして一日一日が慌ただしく過ぎて行きますがとても充実した日々を過ごして居ます。
セーヌ河畔でブログを書いて居ます。カルチェラタンの画廊街や骨董店を散策これから車に戻ります。
もう一枚の作品はロワール地方で描いた作品です。(写真・2)

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170514
高松で高松空港に弟が送って頂ける事に為って居たのですが急遽予定が入ったそうでバスで行く事に為りました。大きな荷物は宅急便で羽田空港国際線に送って居ます。
リュックサックを背負って約2キロ半徒歩でバス停へその後高松空港から成田空港に向かい又バスで東京です。
格安航空券だと東京に向かうのは夜行バス並みに安く行く事が可能です。
私が初めて東京に向かった時は瀬戸大橋も無くて船で宇野に渡り汽車を使っての長旅でした。
ヨーロッパの旅もアンカレッジ経由で5月の旅でも寒い場所で休憩しヨーロッパに入りました。
二十歳台に二度植村鷹千代先生と共に旅した際の思い出です。
そうした青春時代を思いだしつつ旅の始まりです。
フランスで所有して居る車の修理は終わって居るのか?とかとか想いを巡らせて居ます。
先日、荘内半島でココリコを描いた際もフランスの初夏を思いだし懐かしく過ごしました。
次のブログはフランスから送る事と為ります。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170513
香川県荘内半島箱を目指して走りました。白のマーガレットピンクのマーガレット、ポピー、キンセンカが海の横に在る畑に植えられて居ました。
30号のパネル二枚持って現地に向かいました。
何度も荘内半島は訪れて居ましたがこの季節に日本に滞在して居ませんでしたからこの場所は知りませんでした。
駐車場からお花畑が望めそのお花畑越しに瀬戸内海が控えて居ます。
先ず制作する場所を決めました。マーガレットとポピー、ポピーと瀬戸内海をテーマに描きました。
毎年、フランスロワール地方でココリコ(ポピー)を描いて居るので本当に楽しんで描きました。
花を鑑賞に来られたビジターと歓談しながら先ず一枚。
二枚目は瀬戸内海を背景に描きました。
今回は二枚目を先に載せました。
ロワール地方では先ず描けない海とポピーは印象的でした。
又訪れて描きたい題材です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170511
高松市の弟宅に帰って来ました。フランスに向かう前にお墓の掃除に行って来ました。竹林に囲まれた其所は静かで清々しい光に包まれて居ました。
筍とフキを取って帰り頂きました。季節の野菜は本当に美味しいですね。

旅をしていて一人釣竿を垂らし海と過ごしました。何時間も何も釣れないのですが潮の時間が良くなると一時釣れます。こうして自然と過ごして居ると待つことの大切さやチャンスの見極めが支配していると感じました。
青い海、直下たつ岩場を目に前にするとその力強さに感動を覚えたり山深い滝の神々しさは心に染み入ります。
そうした美しい自然を描きたいと画家に為りました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1705061
先ず山口県の角島大橋に行きました。さすがに人気スポット橋が渋滞で島に渡って直ぐユータウン。
以前冬に誰も居ないシーズンに来たことが有って爽快な気分で走りましたが今回は来たぞ!で終わりです。
しかし青い海、青い空、白い砂浜と気分は最高でした。
楊貴妃の墓(楊貴妃伝説は他にも有ります。)とされるお寺も参拝して気になって居た元乃隅稲成神社を目指しました。
これがとんでも無い大渋滞!で6キロ手前から動きません。一車線しかない狭い道に観光バスが何台も来て居ました。
水彩画家・長尾周二1705062
3時間以上かかり到着、サンセット前でしたので美しい風景を堪能出来ました。神社の由来は津和野の太鼓谷稲成神社から昭和30年に勧請と有りますからとても新しい神社です。しかし、海辺に赤い鳥居が並んで居てとても日本的な風景ですね。ネットで有名に為って居るので私も是非一度見たいと車を走らせました。 駐車場も狭いし数多く駐車出来ません。道も何ヵ所も車一台しか通れ無い狭い箇所が有りました。
此の場所は一時的に有名に為るだけでは無くて私は又訪れたく為る場所だと思います。
夕陽が海に沈んだ時間に此の地を後にしました。

↑このページのトップヘ