水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・SHUJI NAGAO(長尾周二)とゴゼ・リマーデ二人展
2019年8月18日~28日

フランス・ブラシュー・ビエールホール
水彩画家・長尾周二とセネガル共和国の画家・ゴゼ・リマーデの二人展です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
KOKOROJAPON展20191

2017年06月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1706062
以前Parisに向かう途中見付けたココリコ畑で一泊し夕方と次の日2時過ぎまで描いて居ました。

シャトーボガールの受付が終わって5時半荷物を取りに帰ってココリコ畑に着いたのは8時過ぎて居たと思います。私も6号2枚仕上げ風景を見ていたら写真家がココリコ畑を撮っていました。

普通の写真家はパシャパシャとウロウロしながら30分もすると居なくなるのですが彼は違って居ました。私の横を通って違う撮影場所に移動する際に挨拶を交わし少し話をしました。このロワール地方を中心に活動してるそうです。夕陽が沈む9時半未だ撮影をしています。普通日が沈んだら帰りますよね最終的に車を走らせ帰ったのは10時でした。カメラマンも此処までひつこいと本物です。車が動く際は手をふって別れました。
風景写真は日没前です。

水彩画家・長尾周二1706061
そうした事が有った次の日、別の場所で描いた15号に手を加え50号を仕上げ現場を後にしました。作品写真はシャトーボガールの物です。
この日も女流写真家が2人来ましたがパシャパシャ20分もしないうちに帰って行きました。
来た車は四駆アフリカを走る様な「私はプロフェッショナルよ」的な格好で・・。

Parisに入り先ず専門家御用達画材MARINで水彩キャンバスを買いました。既に日本から持参したロールを使い切ったからです。
どうした訳かロールペーパーも水彩キャンバスも殆ど売り切れで水彩キャンバスも最後の一本でした。しかも閉店前ギリギリで帰る時は店の入り口側の門は閉まって居ました。買えなければ又来ることに為ります。
車をメトロの終着駅付近のフリーパーキングに停めてカルチェラタンの画廊街を一回りして来ました。今回はアンティークの店を中心に見て回りました。
そしてルーブル美術館ビラミッド前でメールを打ちました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1706042
今日は10時過ぎからARTEC関係でシャトーボガールの展覧会受付が有りますので何ヵ所も回る事が出来ません。
蚤の市と聞いただけで気分が高揚してきます。先ずは一回り気に入った物が有れば即時に購入勿論価値以上の物は当然です。同様に二回は最低限回ります。
フランスの若者も両親が亡くなると日本と同様自分に興味が無いとなると叩き売ります。家具から一切そうする場合が有ります。そうした中に本物が混じって居ます。
先ず兵士のレリーフ(写真上)は石膏型抜きで直径30センチは有る物です。
私が気に入ったのは作家ものでも無くて職人が作った物だと思われます。
フランスが栄えて居た時代を偲ばせます。

水彩画家・長尾周二1706041
次に買ったのは10センチ位のブロンズ灰皿(写真上)です。
同様に型抜き職人制作物です。この種類の灰皿は良く見掛けますが買ったのはその価格の半分位の価格です。
と言う事でアルバイト代も入らない内に買ってしまいました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1706031
製作中の現場写真をご覧下さい。
地平線迄続くゴコリコ畑の中で描いて居ます。
水彩画家・長尾周二1706032
北海道の其は観光用ですが此所の畑は麦の連作を避けての処置です。
5月末から6月の初めに来られたらこうした風景に遭遇する場合も有ります。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1706022
※上の画像をクリックすると拡大した画像がご覧になれます。
今日から3日間又シャトーボガールでの展覧会受付をARTECより頼まれてしています。しかし朝6時過ぎからシャトーボガールの農園に咲き誇ったココリコを描いてから手伝いをしています。日中は暑いので身体には良いかも知れません。新たに50号を描き始めました。
車にカメラも積んで居て時々写真を撮りますが眼で見えたり感じたりした風景と写真は全く違うので私は写真は記録用として使います。人間の眼で見て自分の感性で感じる美しさを画面に表現しょうと努力していますが思う様に行きません。ある王様が男爵や伯爵は一夜に何人でも出来るが芸術家は何十年も何百年も係ると言ったとか、毎日の様に野に立って顔は漁師か農夫の様に真っ黒ですが作品は真っ白なキャンバスの方が美しい位で思う様に仕上がりません。
水彩画家・長尾周二1706021
若い頃は相当の自信家で天井高5メートルあるアトリエ付きの家を借りて住んで普通の風景画家がしている様に取材と称してカメラとスケッチブックを持って旅をしてはアトリエで制作らしき事をして公募展に出品していました。
その当時の銀座で個展を開催した際も二十歳代にも係わらす7割近くの作品が売れて居ました。
何とも軽い薄っぺらな作品だったかゾーッとします。シャトーボガールの展覧会の主もそうした部類の作家です。現地で描いたと思われる作品は見る物が有りますがタブローは余り頂けません。作品価格を見ると其れなりの経歴が有るとは思いますが。
他人の話は良いとして何時に為れば納得の行く作品が出来るのか知る由も有りません。
昨日も50号を仕上げ6号を2枚描いて車の中で夕陽や星を見ながら寝て終いました。雲がピンク色に染まってもスケッチブックを開く気力も残って居ません。
気が付いたら夜明けです。そんな生活を続けています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1706011
※画像をクリックすると拡大した画像がご覧になれます。
今日は又場所を変え画家の上森さんと2人並んでココリコ畑で制作しました。先週迄今年はどう為るのか心配していましたが例年描いて居る場所の他にもあちら此方に赤く染まったココリコ畑を見つけました。今年は何年振りかシャトーボガールの農園も素晴らしい景色を見せて居ます。
ガソリン代金節約の為に余り動きたくは有りませんが素晴らしい風景が有ると分かって居ますからついつい走ります。
ですから車にコンロを積み込み自炊しながら制作を続けています。カセットコンロのガスが日本の5倍約1本500円以上しますが腹が減っては戦いに為りませんから何本か買い求めました。
此でご飯でもラーメンでも作れます。
早速今日の昼食はインスタントラーメンを作って頂きました。
麟太郎さんから在フランス日本大使館に提出する書類が届きましたから来週又Parisに行って来ます。
来年の企画の相談も兼ねてです。

画家はごちゃごちゃ言わずに描いて描いて、其でも描いて、です。
未だ渡仏して半月ですが日本から持参した10メートルのロールペーパーが無くなりますのでParisに行ってロールペーパーを買って補充します。
水彩画家・長尾周二1706012
ま、下手な鉄砲数打ちゃ当たる的な側面が有りますが手が勝手に動いたらまずいと戒めながら制作しています。
朝は写真の15号の道のあるココリコ畑を描きました。夕方から50号に取り掛かり明日には仕上げる予定です。ARTECの展覧会受付を依頼去れていて其がある日は7時間拘束去れます。今日明日は久し振りに解放去れたので少し大きいサイズに挑戦しています。夕焼けが始まりましたしかし筆を持つだけの気力は使い果たしました。

↑このページのトップヘ