水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2017年07月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二170731
雲が多く風が強い1日でした。
日曜日、早朝蚤の市に行きましたが希望の品は全く無くて値段を聞く事も有りませんでした。最近は大きな街に近い蚤の市にはアンティークらしき物が殆ど無くて生活雑貨が主です。200近く出店して居て二度回り確認しましたが興味を抱く様な品物は有りませんでした。他にもリストアップしていましたがロワール河の風景を描きに行く事を優先しました。
教会が見える場所です。
しかしご覧の通り美しい白い紙を汚して終わりました。懲りもせず明日も挑戦します。
製作中に何人も話し掛けて来て写真を撮る人や川をカヌーで下る人からも声を掛けられました。特にCoqueletさんは自宅に来ませんかと住所電話番号も書いて招いて頂きました。彼女も水彩画を描いて居て私の制作に興味を持った様です。描き終わってカーナビにアドレスを入れてお伺いしました。ブロァの高台でロワール川が望める素晴らしいメゾンでした。
ヨーロッパはこうした事が良く有って新しい友人が出来る事が有ります。
夕方そのメゾンを後にしてロワール河の河川敷に帰って来ました。明日までの食料は有ります。準備万端さて次はもう少しましな作品に為ります様に。
水彩画家・長尾周二1707312
夕方、夕焼けが綺麗で堪らずカメラを取りだしシャッターを押しました。しかし今、目の前の其とはまるで違います。夜明け前から蚤の市に走り50号を描いて呼ばれてブロァ迄走りやっと河川敷にたどり着いてボッとした時に美しい夕焼けです。カメラの画像みてカメラを投げ出しスケッチブックを開けました。
何とか描き留めました。
長い日曜日でした。明日朝夕日の写生写真を添付します。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170729
一度館に帰り休息とアンティークを運ぶ箱の製作、洗濯等で過ごし新たに50号を二枚水張りし制作に備え準備しました。
咲き誇っていた向日葵は頭を垂れて収穫を待って居ます。
幸いフランスは雨が多かったのですが気温は軽井沢に居る様な爽やかな過ごしやすい気候です。
Parisマドレーヌ寺院の展覧会を9月に控えその準備も進めました。
ベルニサージュの際のワインはシャトーモントレゾーの城主推薦のヴィンテージ白ワインを用意しましたし印刷の手配も済ました。
水彩画家・長尾周二1707292
明日は日曜日、蚤の市です。残金が心細いのですが一ヶ所直ぐ近くの村に行くつもりです。過去には2ユーロで日本には殆ど入って居ない超ハイレベルのメゾチント作品を手に入れた事も有りますから回って見る価値は有ります。
秋が来るまでこの季節はロワール河の風景を描くのが常です。
車で寝泊まりしながら描きたくなる情景を待ちます。それも楽しみの一つです。余りにも美しくて絵筆を持つのを忘れて見とれる事も有りました。自然は生涯の私の先生です。
出来る限り子供の様な気持ちでと拘りや約束事にとらわれ無いように心掛けて居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1707027
ParisはParis日本文化会館館長や自治体国際化協会Paris事務所所長が交代したので挨拶に行って来ました。情報交換は常に大切だと思って居ます。オランダでも在オランダ日本大使館の外交官とお会いしてきました。アソシエーションの活動をスムーズにする為には必要な事です。
ま、普段着の格好でお伺いしたので嘸や驚かれたのでは無いでしょうか?
浮浪者同等の格好です。
失礼、私も浮浪者です。

先ず昨夜ロワール河畔に着くとジャガイモを鍋一杯煮ました。パンが主食も飽きて来ますのでご飯やジャガイモを煮炊きしています。ジャガイモと鰯の缶詰が安くて栄養バランスも然程悪くないと考えての事です。そうすると1日3ユーロ位で過ごせます。昨日は午前中と午後4時半の約束でしたからセーヌ河畔の移動クレープ屋さんでハチミツクレープ3ユーロを昼食代わりにしました。ちょっと贅沢でした。
ロワール河の中洲には何百羽もの水鳥が居ます。大白鳥も目の前を羽根切り音を響かせ飛んで居ました。
朝日や青空が覗いて居たのですが鈍よりした雲と強めの風が吹いて居ます。午前中に描いた絵を掲載します。
余談ですがParis日本文化会館館長との話でフランスアーティストレベルが落ちてアーティストの中心とは言えない混沌とした時代に為って居て我々日本人アーティストにも大きなチャンスだと意見を共有しました。ま、一流ギャラリーは殆どビュッフェの作品を掲げて居て他の作家は居ないのかと馬鹿にしたくなるのが私の感想です。勿論ビュッフェの秀作も有りますが多くは注文作品であれ?と言ったのが本音です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1707024
アーティストのアドリーさんの友人オランダトップモデルのセンディさんを昨日同様郊外の公園で描き始めました。花が咲く美しい公園です。池があり水鳥が集う静かな場所です。ところが風か強くなりイーゼルが倒れ補強、しかし今度は雨が振り出し一時避難。雨が上がって描き始めると又雨。此れでは仕上がらないと彼女の自宅で仕上げました。車に戻ったと同時に激しい雨、撤収の判断は間違って居なかったと3人でミラクルだと話しながら彼女の自宅に向かいました。
描いたのは実質2時間位です。
私の肖像画は余り描く機会が無いので楽しんで制作しました。明日はParisに向かいます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1707231
彼の友人のオランダトップモデルがポートレイト制作のモデルに為ってくれました。隣街にある自然公園で80号を二人で制作しました。彼はモダンアート作家です。明日もモデルに為って頂けると言うので楽しみにしています。制作が一段落して彼女の自宅でご馳走に為りました。流石にモデルをして居るとモダンでお洒落な部屋に住んでいます。
水彩画家・長尾周二1707232
アムステルダムに行った際に街ですれ違う人がマリファナを吸って居ました。
マリファナはタバコとは違う匂いですから直ぐ分かります。街にコーヒーショップと表示された店が有りますが此がドラッグ店です。オランタはありとあらゆるドラッグが合法化去れていますから当然そうした光景を見掛けます。
長いヨーロッパ滞在中に何度かマリファナも誘われた事も有りますが全て断りました。しかし友人が吸って居る処に居たことは何度か有りますので香りは直ぐ分かります。
しかし大量に使用すると問題行動を起こす事も有ります。そうした光景を目にした事が有ります。
何事も自己責任の国と法律で規制して居る国も有ります。
国境が無いユーロ圏はこうした事も何れ問題に為ると思います。
既にロシアマフィア、ドイツマフィア、中国マフィアがアムステルダムでは暗躍して居ると話して居ました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1707211

下の写真は友人宅の直ぐ横に在る公園から見た古のアムステルダム風景です。

水彩画家・長尾周二1707212
今回はゴッホに会いたくてゴッホ美術館に来ました。
約40年前に来た時の美術館は出来たばかりで額に入った作品は10点はかりで後の作品はタブローのみの展示でした。
10年前に来た時は建物が新しく為って居ました。今回は展示作品が少なくなって居ました。ま、その分他の関連作家作品が展示されて居ました。
何より入館料金が高くてビックリ22ユーロまた来館者がとても多くてゆっくり観賞出来ませんでした。
しかしゴッホの作品は今見ても刺激的で参考に為ります。生前は一点しか売れなかったとは信じられません。エネルギッシュな感性は画面から溢れ出て剃刀の様な鋭さを感じます。彼の求めたのは自分自身の感性を極限まで高め望んだ結果だと思います。
現在も過去も今後もそうした姿勢こそが道を開く唯一の道だと感じました。
名作にはそうした共通点が有ります。
60、70鼻垂れ小僧と仰有った作家が居ましたが私もその意気で望みたいと思って居ます。
頑張れば必ず前に進めると確信しています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1707161
今日はBBCニュースで21度まで上がるそうで快適でしょう。
日本からは北海道35度で其じゃ堪らんですよね。日本で放浪して居た時北海道で二週間位同じ様に暑い日が続きました。その時は大雪山銀山平に避難した事を思い出しました。此方でも暑い時は大西洋岸やピレネー山脈に避難して過ごしました。しかしイギリスは監視社会でドーバーの白い壁の丘も車で泊まるのはあいならんと追い出されました。仕方なく近くの街の駐車場(夜は無料の)で寝ました。
その街に入る前に信号機が付いていて交互通行に為っていて此でもかと監視カメラが設置していました。
此の辺りは別荘として居る関係かとても周りの建物や海岸が綺麗に掃除去れて居ます。早朝住民が掃除して居る風景を見ました。
ま、多分規則、規則でがんじがらめなのだと思いますが長い間車をパーキング意外に駐車して居ると通報する様です。10年前にロンドンでカリーナハッチバックを買って近くの公園の駐車場に停めていたらパトカー3台に取り囲まれた事が有りましたがそうでもしないと安全が保て無い国もゝかと思います。
此れも此方に来た頃の話ですがテムズ河畔で写生していて黒人のサラリーマンと意気投合1時間余話して居て彼が立ち去った後ポリスが来てパスポートプリーズ黒人と東洋人が話すと怪しいと勘ぐる国はどうかして居ると思います。
水彩画家・長尾周二1707162
海を1日見て居るとこれ又湾岸警備艇がモースピードで走り回って居ます。
良い処は海岸にしても公園にしても美しく保たれて居ます。住民が犬の散歩がてらにゴミを拾って居るすがたを再三見ました。
ある意味監視社会で私は好きに為れません。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1707141
ノルマンデー海岸のEtretat、印象派の画家が描いた場所で制作したく来ました。夕方7時に着いてParisで買って来た紙を使って描きました。
途中から小雨は降るは風も吹くはで満足が行くまで仕上がりませんでしたが9時半過ぎには止めました。写真の様に描いて居る私もパネルの水彩紙も小雨でびしょびしょになり止めました。
Parisは観光客が減って居る様に感じましたが此所は天候が良くないにも係わらず大混雑でした。ドーバーの白い壁と同じ様に美しい岬が見られ又来てゆっくり描きたい場所です。
次の日も朝から雨、諦めてカレーを目指しました。
水彩画家・長尾周二1707142
4時5分発のチケットが買えましたのでフェリーでドーバーに渡りました。2時間の船旅です。
そしてドーバーに程近い海岸の駐車場に停めて居ます。今日は此所で泊まりです。イギリスの良い処は自然を大切にする事です。この海岸線に遊歩道が在りますが後は何も手を加えて無いかの様な佇まいです。
環境省の方は是非ともイギリスを視察する事を願います。
ま、余計な事はさて置きその遊歩道に沢山のベンチが設置去れて居ます。
真新しいベンチには庭で栽培してたバラの花が添えられて居ました。
そしてそのベンチにはこう書かれて居ました。
JACKIE SCOTT1950ー2015
GREATLY MISSED BUT ALWAYS REMEMBERED
と有りました。
生まれた年も近く現在の私の年齢にも近く暫くこのベンチに腰掛けて海を見て居ました。左手にはドーバー海峡を挟んでヨーロッパ大陸が望めます。海岸は玉子より幾分小さな丸い石の海岸が次の街まで続いて居ます。ヨットや大型のコンテナ船、フェリーが行き交う姿が見られます。
毎日の様に家族の方が花を添え彼を偲ぶ光景が浮かびます。立派な墓に入るのもそれはそれしかしこのベンチが彼の本当の墓標かも知れません。
写真はフェリーからドーバーの白い壁を撮った物です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170711
降ったり止んだりの雨でしたので傘を持参、マドレーヌ寺院から歩き始め日本大使公邸前日動ギャラリー、プチパレスそしてオルセー美術館前を通りカルチェラタンの画廊街を見て周りルーブル美術館からメトロで車を駐車して居る駅に帰るルートです。途中セーヌ河畔を散策対岸に渡りルーブル美術館でもう一度橋を渡りました。雨も上がり橋の中央のベンチから見るセーヌ河も夕方でとても美しい風景でした。4キロは歩いたでしょうか。
途中で靴底が剥がれ歩く事が出来なく為ってテープを拾い何とか歩く事が出来る様にしました。立ち入り禁止のテープを靴に巻き付け歩いて居たので皆さんの注目を浴びました。終着駅に着いたらもう片一方も剥がれて200メートルが遠く感じた事。
先日はサンダルが片方剥がれて接着剤で修理したばかりです。車に帰ると同様に修理です。
今回の散策では二・三人のアーティスト作品が心に響く展覧会が有りました。私達アートシップインターナショナルの展覧会を9月に控えているマドレーヌ寺院のギャラリーはロシア人の彫刻家の個展でしたが目を見張る程の力作作品でした。Paris日動ギャラリーの横のギャラリーで飾り付けをしていたのですがオーナーが招き入れて頂きました。作家の作品も素晴らしいので見させて頂きました。オーナーからアーティストでしょと言われて名刺を交換しました。
又連絡下さいと言われましたので機会が有れば立ち寄りたいと思って居ます。
後は何時もの様にアンティークショップの作品を堪能しました。
日本でもそうして居ますが美術館やギャラリーを常に見て周る事に心掛けています。他のアーティスト作品を観賞したり拝見するのはとても大切だと思って居ます。自分の勉強に為りますし何を思考し何を求めて居るかも感じる事は大切だと思います。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1707101
※画像をクリックすると拡大した画像をご覧になれます。
水口麟太郎さん始めメンバー全員の作品を展示致しました。写真(下)の立体作品は彼の作品です。旧メンバー作品も展示致しました。別のカメラに全て撮って居ますからメンバーには後日ご覧頂けると思います。
水彩画家・長尾周二1707102
先ずイギリスに渡って滞在期間の延長を確かな物にしなければと行動します。社会情勢が不確かな時代ですから法律に合わせる事も大切です。
そのイギリスもテロで安心は出来ませんがま、交通事故の確率の方が高いと思って居ますから仝って事は有りません。
ノルマンデー海岸に向かうかドイツに向かうか未だ決めて居ませんが当分は気儘な旅をしたいと思って居ます。お金に余裕か有ればポルトガルに向かうのですが儘なりません。
先ずParisに行って画材問屋のマランで水彩紙10メーターロールを仕入れます。此れが一番大事です。国外退去に為っても水彩紙やキャンバスが有れば絵は描けますが此れが無いと頭の中で描くしか有りません。向日葵の作品制作は本当に頑張りました。4枚5日間暑さに負けじと野外写生しました。何となくこうして頑張れば又、道が見えて来るような気持ちに為りました。今回の滞在は未だ2ヶ月も経たないのに3本目のロールを買い求める事でもお分かり頂けると思いますが本当に頑張りました。
ココリコ畑ではイメージ通りの作品が少なかったので尚更戦いました。
誰も誉めてくれませんから自分自身で誉めてやります。ドーバー海峡を渡るぞ!
(本心は余りイギリスには行きたく有りませんが・・・)

↑このページのトップヘ