水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

2017年07月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1707071
※画像をクリックすると拡大した画像をご覧になれます。
暑さと自分との戦いイヤハや向日葵は本当に難しい花です。
直接太陽を浴びると衣類を通してても汗が吹き出ます。
そして向日葵の黄色い花をまとめて絵にする事の大変さです。アーティストなら良くお分かりでしょうが黄色や紫を使って空間表現するのは他の色彩に比べると至難の技です。あの手この手と思い付く技術を駆使し何とか纏めました。
難しい課題だからこそ逃げては行けないと心に決めて立ち向かって居ます。
水彩画家・長尾周二1707072
Parisの画材問屋から買ってきた10メーター水彩紙が又無くなりました。例年より少し早いペースで制作している様です。
描きゃ良いと言うものでは無いと言う人も居ますが私の経験では苦しい時ほど立ち向かって描き続ける事が次の扉を開ける一番の早道だと思って居ます。
特に知性も教養も無い私はそうするしか手段が有りません。
明日も向日葵畑に向かいます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1707051b
野外写生の対象は向日葵です。向日葵の花はとても難しく厄介なモチーフです。毎年何度も挑戦しています。しかし毎年描いて居ても納得処か破り捨てたい心境です。
季節を象徴する花ですが私に取ってはチャレンジの対象です。
ここの処涼しい日々が続いて居ましたが今日はとても暑い1日でした。朝から描き始め4時前には止めました。光が変わった事も有りますが暑さも有ります。
30号の作品は明日完成させます。
昨日描いて居たら近所の方が来られて写真を撮りその写真を私のパソコンに送って頂きました。
水彩画家・長尾周二1707052
花の中のデッサンは新たにコレクションした作品です。古を辿ると今が見える場合も有ります。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1707021
オランダに作品を取りに行ってManiial SABRIMALAさんのアトリエを訪ねました。
彼はモダンアート作家で今回の展覧会では特別才能が有るアーティストだと感じました。
ま、世間的には奇妙な変人かも知れませんが見識眼や作品から溢れる能力は素晴らしいと思います。
水彩画家・長尾周二1707023
彼の言動や行動は如何な物かと言うかも知れませんが私は彼の作品から衝撃を受けました。
Parisの画廊街やARTEC出品者の作品からそうした印象は有りませんでした。
理念やテクニック、積み上げた物は何だったのだろうかと強い衝撃を受けました。
もっともっと自分に正直に感じた事をストレートに表現しないといけない。11年間ヨーロッパを巡り本物のアーティストだと感じました。勿論、異論反論様々な意見を持つ方も居ると思いますが大きな美術館の企画展やギャラリー、ストレートアーティストの中でも異彩を放ち素晴らしいと思います。片道650キロ大変疲れましたが収穫は有りました。マニイラウ シァブリマーラさんと出会えて良かったと思って居ます。エクス アン プロヴァンスのJ カルロス ガロさんも大親友だったのですが2年前に亡くなりました。違った才能の持ち主に出会って喜んで居ます。
水彩画家・長尾周二1707022
シユウジの展覧会にアートシップインターナショナルメンバーの作品も展示しました。
この街のメイヤーや多くの参加者を招いてベルニサージュが開かれました。

↑このページのトップヘ