水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

2017年08月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170816
今日はフランスも休日で近くで日曜日に続き蚤の市が有りました。
残金が残り少ないし早朝、雨は未だ降って居ませんでしたが怪しい空模様でしたから館でParisマドレーヌ寺院の展覧会準備と次の制作準備を始めました。
そうすると案の定強い風と共に激しい雷雨が来ました。永年野外で自然と共に生活していると天気の移り変わりも分かります。
少々の雨は気にせず写生に出掛けて居ましたのですがちょっと様子が違って居ましたので室内の仕事に変えました。

メンバーのリクエストは殆ど今日で終わりました。後は来月の展覧会を待つのみです。
今月に入って50号の作品8枚30号1枚小品4枚とひたすら描き続けて来ました。少し立ち止まってそれらの作品を点検しました。3点位は何とか残せる感じです。
気が付けば絵の具や水彩紙も無くなって居ます。其処で以前描いた作品の中で出来の良くない作品を剥がして再利用する事にしました。ま、大量に用意していた絵の具も良く使う3色は無くなって終いました。

なぜこんなに闘志を燃やすのかと言うと今年渡仏して作品制作に迷いが生じました。惰性で描いた作品が続き、これではまずいと感じココリコ畑に泊まり込み背水の陣で望み何とか残せるココリコ作品が何点か出来ました。120号1枚80号5枚を始め描き続けてその後 ビザを延長する為イギリスに渡りました。冬の様な天気で風邪気味でイギリス滞在中は観光客でした。
其で再度気合いを入れ直し制作に挑んだ訳です。

普通スランプに入ったら気分が乗るまで待てば良いとか言いますが其では以前のレベルに戻るだけで前進は有りません。私はそうした時はチャンスと捉え此でもかと限界に挑みます。向日葵の作品は一歩前進出来たと来年の向日葵の作品制作が楽しみに為りました。
スペインでも南仏プロバンスでも向日葵に挑戦し続けて居ます。
又過去の作品もインターネット検索「長尾周二」で画像を表示しチェックしました。
同時に気に為るアーティストの情報もチェックしました。
天気が回復していれば又野外で自然と共に制作します。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170814
金曜日は午前中雨が何度か降って寒かったのですが夕方には青空が広がり気温も少し上がりました。
雨が吹き込むのでリアドアを開けた端に傘を紐で固定して防ぎました。9時半過ぎから始めたのですが寒さの影響も有って体調も万全では無く直ぐ横に椅子を用意して少しずつ描き進めました。此処の処制作しているのは50号ですから其なりに時間は必要です。
結局終わったのは夕方7時です。実質9時間は絵筆を持って居ました。
試行錯誤しながら進めて居ます。
疲れもピークに達し描き終わった際は放心状態でした。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170813
対岸の休耕地に向かいました。バカンスの為にキャンプ場はキャンピングカーで大賑わいです。キャンプ場から出てきたスペインナンバーの車はスーパーマーケットに買い出しです。後を追い掛けたのでは無くたまたま方角が一緒だったののでスーパーマーケット迄一緒でした。明日は日曜日でスーパーマーケットも休みですから買い出しの車で駐車場も一杯でした。
雨を予想して車を写生現場まで乗り入れての制作です。案の定小雨が3時過ぎに振りだしました。
風の方向に運転席を向けてリアドアには傘を紐で固定して望みました。今日も気温がさほど上がらず風が吹いて居たので寒く感じダウンジャケットを着ての制作でした。前々日は流石に誰も来ませんでしたが今日は散歩のご夫婦、サイクリングの二人と車で乗り付けての見学と5人も来られました。先ず未舗装の地元の方しか知らない場所です。
同じ車が何日間か人気の無い場所に駐車して居るので来られたのかも知れません。日本は35度以上の日が続いて居て暑い夏の様ですがフランスロワール地方は寒い日が続いて居ます。
今日も50号を描きました。10メートルロールの水彩紙4本使いきり例年よりオーバーペースで制作が進んで居ます。気が付けばお金も水張りテープも水彩紙も無い無い尽くしです。実は月曜日に3ユーロ弱の買い物をしてから今日買い出しに行くまで何も買って居ません。有る食料で何とかしのいで居ます。未だ日本から持参したお米や食材が有りますから何とか為って居ます。粗食であれ空腹を満たせば何の不満も有りません。フランソワーズさんからクルミの実を沢山頂いたのてそれをおやつ代わりにしています。
水彩紙も此れから駄作の裏側に描く様にします。
無ければ無いなりに事は進みます。
疲れの原因も寒さの為ですから来週からもう少し夏らしい気温に上がるそうですから楽しみです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170811
前日は三度四度と雷雨や激しい雨が降りました。その合間には青空が覗き陽射しが有る時間もありました。雨は空模様を見れば予想できましたから車を写生現場まで乗り入れてリアドアを開けて雨避けにして描きました。それでも真っ黒な雲が流れて来た時は作品も車に仕舞って激しい雨をやり過ごしてから再度描きました。どうも一昨日の夜から寒気が入って来た様で日の入りと同時に薄霧が立ちフロントガラスには結露が発生しました。
ダウンジャケットが離せなくて陽射しが出た一時だけ脱ぎました。
館に帰って来てもダウンジャケットは離せません。ま、真冬に使うダウンジャケットとは違いますが寒さの為に着たことは間違い有りません。
館に帰って来てART DECOの本を開きました。ページを捲ると直ぐレオナルド藤田や当時のアーティストのパフォーマンスの写真が掲載されています。次々と当時の熱気や情熱が伝わって来ます。私のベッドの横にもミュシャの鏡や当時の時計が有ります。
現在何度と無くParisを訪れる度にギャラリーを見て回りますが現代のそうした情熱的な作家や作品に巡り会う事が殆ど有りません。
友人のフランス人が話して居た様に良き時代は終わったのかも知れません。
私達が中心の時代です。独り善がりかも知れませんが此処で私達が頑張らなくてはと心を燃やして居ます。ですから野宿を続けながら雨にも負けず制作をしています。日本でもフランスでも風景画家が野外写生して居るのは殆ど見掛けません。特に日本人はテクニックが其なりに有るものだから写真を用いて描いている方が殆どです。私なんか馬鹿だから5メートルの絵さえ現地で制作しています。一度見るとカメラの様に映像が記憶出来る方がいらっしゃるそうですが私は目の前に有る物さえ思う様に表現出来ません。
毎日が試行錯誤の連続です。
馬鹿には此しか方法が有りません。
私は法隆寺や博物館、美術館を良く見て回ります。
自分には無い偉人達が成し得た作品に触れる事に因って自分を鼓舞して居ます。ま、そう言った処で此の程度の作品しか出来ません。しかし明日は一歩でもと又闘志を燃やして居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1708091
『「川面の風景を描き終え休耕地が在る場所に泊まった。南の大地は収穫を終えた乾いた農地と休耕地が広がって居る。北には森が在ってその境界には農道が走って居る。地平線、雲の合間から黄金色に太陽が輝く頃南の空は真っ黒な雲からにわか雨が降って居る。収穫が終わった農地に最初に現れたのは野兎だ何度も辺りを確認しながら走り去った。次に鹿が森から現れた一度此方に気付いて再度もう少し離れた所から3頭で農地に現れ食んでいる。暗くなる前に1匹の青鷺が舞い降り鹿に気づいてクイックターンをして何も無い農地の真ん中に立ちすくんで居る。まるで私の様な気がした。
川面に1日たち疲れは農地で取るらしい。』
水彩画家・長尾周二1708092
『やがて暗くなりシュラフに入り眠りに着く頃車の屋根を雨音が叩いた。朝方もその音で目が覚めたが明るくなる頃は何も無かった様に静かに東北に雲が流れて行く。時折雲の合間から光が降り注ぎ光輝く枯れた雑草の合間に紫色の矢車草の群落がより華やかさを醸し出す。』

ま、そうした情景に此れから挑戦する訳です。
さて準備に取り掛かりますか。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170808
35セントのフランスパン69セントの鰯の缶詰め2個そしてコーラ擬きの2リッターの飲料水、合計2ユーロ91セント此で二日間は買い物に行かなくても大丈夫です。飲料水もヤカンを積んで居ますから此でお茶を作ります。庭にプラムが食べ頃ですから容器一杯取って来ました。今日の朝食はパンとジャム、お茶でした。昼はジャガイモと鰯の缶詰め半分デザートにプラムとクッキーでした。夜も昼と同様です。朝買ったフランスパンもかじって居ます。勿論フランスパンはスーパーマーケットで買った一番安いパンですが味は申し分有りません。
今日は対岸のカンデに来ています。
川面の睡蓮を描いています。描き終われば掲載致します。
此がくせ者で思う様に行きません。
こうすれば良いと言う方程式もマニュアルも有りませんから自分で感じた事を正直に表現するしか有りません。
ヨーロッパに来て11年制作だけは嫌でも頼る事が出来ませんから画面に向かう姿勢だけは崩さず立ち向かって居ます。
ま、頑固者がより頑固に為ったのかも知れません。
川面の次は休作地の平原を描きます。車を移動してその場所に来ています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1708061
旅を続けて居て一番費用が係るのはガソリン代金です。そのガソリン代金を捻出為に食事を倹約します。
スーパーマーケットで休日前に売れ残ったパンを格安で大量に売って居るパンを買って毎日カビが生えてもその部分を取って食べました。
ドイツのパン屋さんでバカンスで長期に店を閉めるのでしょう店頭に段ボール箱に一杯置いて居て張り紙が有りました。
私の様な浮浪者?の為のサービスだと思います。
遠慮なくその一部を頂いて食べました。
(さすがに全部持ち帰りは出来ませんドイツの黒パンが印象的でした)

弟から頂いた携帯コンロでご飯やラーメンを作りました。寒い冬は暖かい食事が一番です。

ARTECのフランソワーズさんと出会ってからは展覧会を定期的にしましたのでパリのテロ迄は作品が売れて居て問題は有りませんでした。特にリーマンショック前までは其れなりの売り上げが有りましたからアンティークコレクションも容易に出来ました。
今年は私の個展は有りません。
来年は依頼されて予定して居ますから楽しみです。そうした事ですから耐乏生活と為って居ます。

昨日、一昨日はインスタントチャーハンの素を使い6食分を作り過ごしました。
今日の朝食はパンとジャム、昼は久し振りの贅沢インスタントラーメン後残り2食です。
夜はパンと鰯の缶詰めと考えて居ます。
明日はじゃがいもを煮たものです。
3食同じ物だと飽きます其が一番困った事です。
どんなに美しい女性でも毎日見続けると・・・ですよね?
風景や美食も同様で美味しいチャーハンも6食続けると流石に違う物を食したく為ります。
どんなに粗食でも楽しく頂いて楽しめますが美食は飽きますね。
水彩画家・長尾周二1708062
今は一日3ユーロの食費を目処にしていますが辛いとか苦しいとか思った事は一度も有りません。日本のニュースで20万の生活保護費でやって行けないと泣き言を聞きましたがどんな生活をしているのだろとある面可哀想に為りました。
朝起きれば世界遺産のロワール河風景が楽しめ夜は満天の星空。
他に何を欲するのでしょうか?毎日フカヒレスープでも求めて居るのかな?

ま、今日は久し振りのインスタントラーメンデザートに庭になっているプラム本当に美味しく頂きました。今日夕方二ヶ所から展覧会のベルニサージュ招待が来ています。近いブロァに行こうと思って居ます。

上の写真は朝描いた教会の絵です。車はご覧の通り河の横に停めて野宿をしました。(写真下)
朝は肌寒位ぐらいでした。今週は連日50号と30号を描きしかも日本から深夜メールが何度もあり本当に疲れて居たのでしょう。昨日等は疲れていて寝つきが悪い状態でした。
朝起きたら9時、身体は正直です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1708051
今日はブロァにガソリンを入れに行ってそのままロワール河の河川敷に来ました。直ぐ横に自転車道があってバカンス中で何台も通って行きます。
シャトーシャンボール迄の道を聞かれたり写真を撮られたりと賑やかです。
その河の横に世界遺産のシンボルマークが設置されています。
風が強いのでイーゼルをそれに縛り描きました。丁度近くに昔の船着き場が有って対岸まで渡船が行われて居ました。殆んどかサイクリングをしている人の渡しです。
水彩画家・長尾周二1708052
写真の様に曇り空で過ごしやすい一日でした。作品を仕上げたあと時々野宿をする場所に移動。此処は釣り人しか来ませんからとても静かな場所です。

朝、インスタントチャーハンを使い3食分を鍋に入れて持参しました。ガソリンを入れた後、スーパーマーケットで買い物何日間は大丈夫な様にして出て来ました。

土曜日二ヶ所の展覧会ベルニサージュの案内が有りますので一ヶ所出席するつもりです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二170803
体調が万全では無くて椅子に座って描きました。
一目瞭然パワーが違います。何時もは何時間で有ろうが立って全身で描くのですが昨日の疲れが取れて居ない様で休み休みの制作でした。朝一で50号のパネルに水張りして11時前には現場に着きました。
その時から少し迷いが有って椅子を用意して望みました。帰って来て昨日のと比べて観るとヤハリ力不足です。
基本的にblogには駄作も良い作品も全て掲載しています。勿論掲載後に破棄した作品は数知れずです。
日々どんな事を考えて行動しているかとか全てをさらけ出す事を心掛けて居ます。NHKの地球ラジオのレポーターとして渡欧して5年間配信しましたがお陰でこうした事が習慣と為り続いて居ます。勿論皆様のご協力が有って続けられて居る事は間違い有りません。
現場で描いて居るので顔は真っ黒、漁師にも負けない黒さです。
しかし対処物の大自然はその美しさを私を試す如く刻々と変化していきます。
負けず嫌いは相変わらずですが今日は妥協して終わらせて頂きました。
明日はもう少し頑張ります。
今日も一組のご夫婦が車から降りて制作場所にいらっしゃいました。片言のフランス語と英語混じりで答えましたが意思は通じて居るのが不思議です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170802
CHOUZYの町を出た所の畑に色々な花の種子を蒔いた場所が有ります。自治体が補助してそうした場所を鳥達の餌さ場と美観の為にしています。
幅5メートル長さ200メートル道に面した場所です。その後ろは向日葵畑でイギリスに旅立つ頃は見事に咲き誇って居ました。今は頭を垂れて居ますがお花畑には向日葵も咲いて居て其所で制作した50号です。前日の夜は雨模様でしたが写生に出る頃は久し振りの太陽が覗いて居ました。私は強い太陽の光が好きで麦わら帽子を被り汗をかきながら8時間掛けて仕上げました。11時過ぎに描き出し教会の鐘を聞いて昼食を取り8時過ぎ迄描いて仕上げました。此所でも車を止めて話し掛けて来る方が数人居ました。
小さなお子様が美しいと声を掛けられ心が和みました。内心仕上げに手間取って最後の方で一時悪戦苦闘して居ましたので嬉しかったです。
前に進む為には先ず画面に向かう事です。向かっても難問やイメージ通り行かない事が殆んどです。
先日教会の絵を描いた時など風景を眺めて居る時間の方が長く2泊3日居て出来たのが画面を汚した程度の物でした。上手く行かない時ほど疲れて自室で寝ることが何れ程幸せか情けない限りです。
今年来仏して1・5×10メートルロール水彩紙3本目ですがま、人前に出せる絵は5枚有るか無しです。特に来仏当初どうやって良いか迷いが出て絶不調でした。その後ココリコ畑に通い詰め何とか頑張り向日葵で一歩前に進む事が出来ました。此れでもかと取り組む事しか解決策は有りません。ま、此ほど恵まれた画家も居ないでしょうから泣き事も無いでしょう。

↑このページのトップヘ