水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2017年09月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170930
※画像をクリックすると拡大した画像がご覧になれます。
先日の作品は50号でしたが今回は80号と大きなサイズで挑戦しました。数年前シャトーの庭を120号の大作作品を制作していたら描き終わったらシャトーに持って来て下さいとその場で買って頂いたシャトーのオーナーの庭です。
買って頂いた後も長く応援して頂いて大変有り難く思って居ます。
家族全員が来られドリンクの差し入れもして頂きました。
昨年帰国前に訪れた際にとても美しい情景だったので今年は描くぞとタイミングを計り何度か訪れて居ました。
紫色の菊科の花が見事に咲いて居ました。
美しい花を美しく絵にする事は大変難しいものです。先ず然程悩まない構図、描き始める時にどうするか少し考えました。
結果其のまま写生するのでは無くてより奥行きを感じる構図にしました。
手前に小川が流れて居て其を入れる構図にするかその辺も少し悩んだ点です。
ま、描き始めると一気加勢に仕上げました。5時前には目処が着き仕上げました。持参して居た絵の具が又、一色使い果たしちょっとイメージ通りには行かなかったのが残念です。使い切った色はレモンイエローです。
画材店で仕入れて次回は望みたいと思って居ます。
日本でしか手に入らない色も数色無くなって居て今年は例年より仕事量が多いと思います。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170928
通行量の多い幹線道路横の花壇で写生していたら車を運転して居る人々から声が掛かったりクラクションを鳴らして通る人が大勢居ました。ま、クラクションは迷惑ですが結婚式の後クラクションを鳴らしながら市内を駆け抜けるのと同じだと思えば納得します。信号機がある交差点でしたが何人もの人からお褒めの声が掛かりました。トラックの運転手や乗用車の助手席から中にはバイクの運転手迄が声を掛けて来ました。
勿論集中して描いて居ますがそうした方には出来るだけ頷いたり挨拶をしています。
人種差別が激しい国ですが画家には寛容な方が多いと感じます。
今日はブラッシュ市のビエールホール契約金を届けました。此れで来年Parisマドレーヌ寺院とブラッシュ市のビエールホールの展覧会が決まりました。
ビエールホールの近くには日本人女性が経営するうまみと言う店が有ります。このギャラリーで展覧会をする度お世話に為って居ます。美味しい日本料理も戴けます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170923
未だ咳が止まりませんが友人の上森さんとシャトーモントレゾに行き写生して来ました。シャトーに行きオーナーに挨拶と思って居たら今外出去れたとの事です。
シャトーや教会が望めその手前にコスモスが咲いている場所でイーゼルを並べ制作しました。
制作場所に着いたのは昼でしたから二人でランチを頂いた後で制作を始めました。私は展覧会開催中は絵を描いて居ませんでしたから楽しくて仕方ありませんでしたが絵筆が思う様に動きません。上森さんは毎日の様に描いて居たそうで激しい気迫の作品を描いて居ました。
そうして居ると一台の車が止まりました。何とシャトーのオーナーコンスタンチーノさんでは有りませんか♪居城から私達の姿が見えたので来て下さったそうです。何とも嬉しい事です。こうしたオーナーだからこそ会いに来たく為ります。未だ体調が本調子では有りませんから完成させたら直ぐ帰路につきました。
帰国までは出来るだけ制作を続けたいと思って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170920
今度はARTECの展覧会が始まります。今日はそのベルニサージュ出席の為にParisに来ています。
セーヌ河畔の街路樹も色付き始めました。
朝、フランソワーズさん等とマドレーヌ寺院に着き私は街を散策してベルニサージュが始まる午後6時過ぎに帰るつもりです。
カルチェラタンの画廊街、アンティークショップ街を見て周り今はセーヌ川を渡る橋の上でブログを書いて居ます。歩行者専用の橋の上は観光客が幸せをかみしめ通って行きます。
バヨリンを奏でる音楽家や水のボトル売る人、鍵を売る人まで居てとても賑やかです。
どんよりした曇り空ですが一部青空ものぞいて居ます。
土曜日日曜日は麟太郎さんと蚤の市に出掛けました。3ヶ所回って三点買いました。その一つが18世紀に作られた花瓶台です。其処には絵付け去れた陶板が二枚付いて居ます。この陶板の絵付けが素晴らしく迷わず買いました。
陶板だけでも大変貴重な作品ですが木製の花瓶台も当時の職人が丹精込めて作られたものです。
後は18世紀のパステル画とクリスタルのガラスコップです。ガラスコップは麟太郎さんの専門で安くて価値ある物を選んで頂きました。バカラも含まれて居ます。
写真はマドレーヌ寺院の祭壇です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170915
今日は1日中雨が降って入場者が少なかったのですが作品のお買い上げが有ったり写真の様な方が2時間位いらっしゃって愉快な話で盛り上がりました。彼はユーチュバで明日にでも又来て写真撮影をすると仰っていました。
水彩画家・長尾周二1709141
又、日本文化会館館長やパテシェの千葉さんもいらっしゃって頂きました。
写真のもう1つは水口さんの光ファイバーを使ったオブジェです。
水彩画家・長尾周二1709142
マドレーヌ寺院はParisのセンターに在って観光客も大勢いらっしゃって居ます。特に日本人の方も毎日何人かご高覧頂いて居ます。日本大使館後援のマークが入ったポスターを見られて来られる様です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170912
先ず日曜日、Parisのポートバンブー蚤の市です。近年日本人を見掛ける事が多いです。中には蚤の市に出店している女性も居ます。その方は以前は画家として活動して居たそうですが、、、。
その蚤の市で出会った集団が何とも怪しいので声を掛けました。ま、私も同様な人種かも知れませんが場違いの人達でした。ヤクザに近い位の雰囲気が有り官僚や駐在員、パイロットでは有りません。聞くと若い経営者集団と聞いて何と無く納得しました。だとしても一人女性も居ましたが大変興味深い方々でした。
この日は夜明けと同時に来てアンティークを物色し既に何点か購入済みで帰る途中でした。次に出会ったのがギャラリーで上智大学生で短期語学留学で来ている方でした。ヴィンテージワインを開けて皆さんで酒盛りをしながら雑談をして居ましたが3時間位ギャラリーを閉めるまでご一緒しました。若い青年が私の様な変人の話を聞くだけでも珍しい方だと思います。自治体国際化協会Paris事務所の所長がいらっしゃった際にも紹介しました。こうした出会いを大切にする事が若い人達には有益だと思って居ます。
展覧会に出品して来られて居る荒井さん岩崎さん加藤さんが泊まって居る宿舎に帰る途中雨の中迷って帰れなく為って居た時に助けて頂いたお嬢さんとそのお母様が時間をずらして来て頂きました。しかし今日は3人とも疲れて会場には居ませんでした。日本人は本当に人に優しい人種だと改めて認識させられました。
余談ですが私が蚤の市で購入した3点の合計額が60ユーロです。小さな水彩画は20ユーロ、紫水晶で出来た葡萄10ユーロ最後に購入したのは本当に投げ売りリトグラフ約60センチ×80センチ正確に数えて居ませんが40枚位かな?其が何と30ユーロでした。道を迷ったメンバーを助けて頂いたお母様に一枚お礼に差し上げました。
紙は大変重いので今回の帰国では持ち帰れません。リトグラフに使う紙も水彩紙は同じですから高価な事は間違い有りません。
蚤の市ではこうした事が有るので止められません。自分が利用しなくても40点余りのフランス作家リトグラフ作品が有れば利用価値は有ると思います。
海外に於いて日本人は気を付ろが合言葉ですがこうした素敵な方々にお会い出来て本当に幸せな気持ちに為りました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1709111
無事マドレーヌ寺院ギャラリーに70点余りの作品を展示して展覧会が始まりました。今回は加藤さん岩崎さん荒井さん水口さんがParisに来られて参加しています。
昨日は展示作業中でしたが40人位入場し作品も購入して頂きました。
私はこの会場が好きで毎年この会場で展覧会を開催しています。
ナポレオン一世が建造したフランスの国宝です。(1991年世界遺産登録)
世界中から観光で来られて居ます。
水彩画家・長尾周二1709112
さて初日は入場者が130人と大変大勢の方が来て頂きました。フランス人は基より日本人、台湾人、スペイン人、ブラジル人、アメリカ人、ドイツ人、スロバニア人、と私が確認しただけでもこの様に国際的にいらっしゃった観光客の中で興味が有った方がいらっしゃって頂きました。
勿論こうした中で国際理解と親善に寄与すると同時に日本文化の紹介に為ります。心地よい疲れでよく寝られると思います。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170908
ロワールからParis迄約200キロ、私は余程急ぎの用事が無い限り下道で走ります。高速道路を使うより最低でも1時間余分に係ります。展示作品や必要な備品を満載して一時Paris郊外に駐車、メトロを利用して何ヵ所か展覧会の案内を兼ねて挨拶回りをしました。夕方車に帰り少し休み夜9時過ぎにマドレーヌを目指し10時には着きました。なぜそんな事をするのかと言われれば渋滞で時間が無駄になる事を避ける為です。朝8時までは駐車料金が発生しませんから車で仮眠です。万が一寝過ごして駐車違反に為らない様にパーキングチケットを事前に買ってフロントに提示して寝ます。
此所は銀座で路駐している事と同じですから真夜中でも賑やかです。
もうこうした事を何年間続けて居るのでしょうね。
身体が元気な内だけと知りつつ続けて居ます。荷物が満載ですから運転席で休む事に為ります。
何度と無くParisのセンターに来ていますから何と無く地図を見なくても迷わず着きました。セーヌ川に行き当たれば後はコンコルド広場を通りマドレーヌ寺院に着きます。
今日Parisを散策して居て日本人画家のベルニサージュが有ると言うギャラリーで作品を拝見しました。作品を観ると本当に頑張って描いて居ます。しかしその事は伝わりますがベルニサージュに出席して作家に会いたい等と言う気には全く為りませんでした。売り絵の域を出て居なくて日本人画家が昔描いただろう雰囲気の作品です。こ馴れて居て何の意味も無く筆が走って居ます。こうした作品は逆立ちしても描けませんし目指す事とは真逆です。下手で結構、物や空気を感じなく為ったら止めます。その後、プチパレスの美術館で空気を吸い直し友人に電話しました。下手でも良いから自分の絵を描こうと行き盛んに話しました。
この展覧会が終われば又一緒に制作する約束をして電話を切りました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1709031
3階屋根裏部屋に保管して居るメンバー作品を一階に下ろしたり自分の出品作品を点検したりで近づいた事を実感しています。
水彩画家・長尾周二1709032
日曜日の蚤の市は3ヶ所回りました。絵付け皿二枚と石膏のレリーフ坂それに銅製の一輪挿しを手に入れました。1ヶ所目は日の出と共に行きましたが出店数は多かったのですが何もなかったです。ま、殆ど日用雑貨や古着です。先日リストアップしていた2ヶ所目で3点手に入れました。絵皿はオリジナル作家のサイン入りで手描きです。フランスの古き良き時代の芸術品です。日本で言えば名古屋ノリタケのオリジナル絵付け皿と言う感じです。石膏レリーフも気に入って居ます。多分昔のお土産の様な感じですが図柄が気に入って買いました。絵皿二枚にレリーフと花挿しで7ユーロこんな事が有るから止められません。足で稼いだと言うことでしょうか。3ヶ所目は気に入った物が一点有りましたが値段が高くて止めました。ま、本当に良いものなら有り金叩いてでも買いますが安ければと言った処です。で農家の方が出店して居てトマト2キロ2ユーロで買いました。完熟トマトはスーパーで買う其れより美味しかった事は言うまでも有りません。
未だ車に有りますから楽しめます。
写真の作品は50号でロワール河の河川敷道路を描いた物です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1709021
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
朝、日曜日の蚤の市情報をチェックその間にご飯炊き昼食夕食に備えました。
やはりお米は良いですね。トマト味に為って居るツナ缶をおかずに頂きました。デザートはリンゴです。
水彩画家・長尾周二1709022
早めに昼食を取り制作場所を探して車を走らせました。何ヵ所か以前描いた場所を回りましたが結局対岸の河川敷で描きました。前日は色付き始めた河川敷の道を描いて今日は中洲の風景をアントワープブルー1色で描きました。この季節は何だかんだと探し回りますがロワール河の自然を描いて居ます。しかしご覧の様に秋の気配は日々深まって色が変わり始めました。此方の紅葉は殆ど黄色に色付きます。勿論蔦や街路樹には赤く色付きますが日本の秋の美しさには敵いません。
制作場所を探して35キロは走ったでしょうか畑のトマトが気になって車を停めて観察しましたがイーゼルを出すまでには至らず気が付けば河川敷にたどり着いて居ました。
明日も同じ場所に居るかも知れませんね。

↑このページのトップヘ