水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

2017年10月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1710052
作品を納めた際に以前買って頂いた作品がダイニングに飾って居ました。川に橋が架かって居る風景です。シャトーモントレゾーや他のシャトーオーナーも同様ですが数百年前からのコレクションが壁に掛かって居てそうした中で現代の作品をコレクションに加えて頂けるのは本当に光栄な事です。
しかも展覧会が有る度に友人を動員して頂いて居て本当に有難いと感謝しています。
水彩画家・長尾周二1710051
今日仕上げたのはその反対側から描きました。橋に絡まる蔦が秋に為ると紅く色付きます。その姿は本当に美しく描かずには居られません。
世の中が騒がしい時代です。アメリカロサンゼルスの銃乱射、フランスマルセイユのテロ、パリの爆弾発見とニュースが駆け巡って居ます。
アーティストは最も平和を願って居ます。貧乏生活をしながら安らぎと歓びを伝えるのが私の仕事だと自負しています。
シャトーのダイニングに掛けられた作品の様に寒い冬や暑い夏でも楽しめると思います。
私の部屋もアンティークと共に自分の作品を多数掛けて居て楽しんで居ます。
ま、次の制作イメージを養い意欲を高めて居ます。
明日も制作をすべく準備をしています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二171004
着いた時は青空も一部見られたのですが描き進んで来ると同時に小雨、霧雨と止まなく為りました。水彩画は雨には敵いませんから車を移動させて何とか進められる様にしました。彼は早々に描き上げ先に引き上げました。30号でしたから其なりの時間は必要です。小雨、霧雨の中で我慢して描いて居たので画面が流れ出しました。乾燥を待って何とか仕上げたのがこの作品です。
最初から雨だったら車のリアドアを開けて雨避けをしその下で描きます。途中からの天候が変わるのには参ります。
次の日は又、先日描いたシャトーの庭を描きはじめました。80号です。
完成間近まで描き進みましたが太陽の移動で影が変わり明日の仕上げとしました。5時過ぎにはシャトーのオーナーが来られ作品が欲しいとの話で先日描いた作品と2枚持参しどちらか買って頂けるとの事です。
画家に取って何よりも励みに為ります。今まで応援して頂いた御礼に格安でお譲りします。作品は息子さん家族の家に飾って頂けるとの事です。

↑このページのトップヘ