水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・SHUJI NAGAO(長尾周二)とゴゼ・リマーデ二人展
2019年8月18日~28日

フランス・ブラシュー・ビエールホール
水彩画家・長尾周二とセネガル共和国の画家・ゴゼ・リマーデの二人展です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
KOKOROJAPON展20191

2018年03月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二180307
アートシップインターナショナル〔一社〕の理事改選に伴い司法書士事務所に行って来ました。
今夏のパリ世界遺産マドレーヌ寺院とロワール地方ブラシュー・ビエールホールの展覧会開催に、独立行政法人国際交流基金の日仏文化交流イベント「ジャポニスム2018」参加企画として認可をいただきました。その関係でパリ在日本大使館後援申請を現在パリで留学中のメンバー・水口さんに進めて頂いて居ます。

旅を続けて居ても色々と忙しくして居ます。
春らしい陽気から又寒さが戻るようですが確実に季節は進み山中湖の氷も解けていました。

自分の制作が儘なりません、此れではダメだと思いますが中々落ち着いて絵筆を持てませんね。
明日も新宿、銀座と回ります。
10日はアートシップインターナショナルの会合が有ります。
其れが終われば名古屋でARTEC会長・フランソワーズ イカールさんと二人展です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二180303
最大瞬間風速29メートルだと香川県の天気情報で流れて居ました。弟は出掛けない方が良いと忠告してくれたのてすが好奇心が勝り海辺に出掛けました。
軽四の箱バンは大きく揺れながら走りました。
途中、スーパーマーケットに寄って車のドアを開けた途端に強風に煽られ大きな音と共にフェンダーに傷が付きドアか閉まらなくなりました。スズキのディーラー行きです。何とか閉まる様には為りましたが板金修理が必要てす。
間も無く名古屋に向かいますので余裕が有りませんから傷が付いたままで旅立ちます。

好奇心旺盛も困ったものです。
高松に帰ってモリエール瞳さんと再会しました。制作する事がライフワークの彼女とのひと時は有意義でした。フランスの出品も念頭に制作を続けていらっしゃいます。
近作も映像で拝見しましたが充実した日々を過ごして居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二180301
春の嵐が吹き荒れてゴーゴーと唸って居ます。寒かった冬から春の足音が聞こえて来て居ます。
梅の花も咲いてる風景も車窓から見えて居ます。
厳寒と大雪をくぐり抜けた今年は春の便りが待ちどうしかった昨今です。
車上生活をして居ると温かくなる事は気分も高揚して来ます、

これから瀬戸内海を描きに行ってきます。この風の音だと海も荒れて居ると思いますが楽しみてす。

今年の夏にフランスで開催する(一社)アートシップインターナショナルの展覧会が、安倍総理など日本政府が中心にフランスと進めているジャポニスム2018の参加企画としての認可をいただきました。

フランスパリ マドレーヌ寺院とロワール地方ブラッシュ市ビエールホールで開催予定の企画です。

又昨年末に個展を開催した大西アオイ記念館で来年4月中旬にアートシップインターナショナルの展覧会が決まりました。

↑このページのトップヘ