水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
主催:(一社)アートシップインターナショナル
後援:在仏日本大使館
日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
詳細はこちらをご覧ください
長尾周二・KOKOROJAPON展20191
その後の展覧会予定
・2020年5月
日仏文化交流展1(仮称):群馬県安中市文化センター&廃校グランド
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展2(仮称):愛媛県立美術館
・2020年8月28日~9月8日
日仏交流展3(仮称):フランス・ブラシュー・ビエールホール
KOKORO JAPON展2020

2018年05月

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1805051
2、3日前の朝は車のフロントガラスに氷が張り付いて居ました。暖炉に火も入って居ました。
そんな真冬の寒さが今度は初夏の陽気に為るそうです。
そうした異常気象の所為なのか何とココリコ〔ポピーの花〕が咲き始めて居る畑を発見しました。歩いて現地を確認しました。
水彩画家・長尾周二1805052
掲載して居る作品の畑に赤い花が咲いている風景画がそうです。例年5月末から咲き始めるので今年は制作出来ないのではと半分諦めて居ました。明日から気が済むまで描きたいと思って居ます。未だ咲き始めで時間と共に赤いジュウタンと為ります。
今回見つけた畑は車が横付け出来ないので大作は1枚位にして持地運びしやすいサイズに制作しようと思って居ます。
しかもそう遠くない場所で丁度川向こうに在る畑です。
そうした訳でやる気が出て来ました。
絵描きは絵を描かなければ只の遊び人に為りますから絵筆を持つ事が大切と心得て居ます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1805041
在フランス日本大使館で麟太郎さんと一緒に外交官とお会いしました。フランスでの企画に後援をお願いする為です。
フランソワーズさんが企画して居る展覧会のベルにサージュが今日ある為に車でご一緒にParis迄来ました。
先日の騒動と鉄道のストライキが重なって高速道路が大渋滞、大使館には約束の時間より若干遅れて着きました。
暴動が有ろうがテロが有ろうが未だ未だ魅力の有るParisです。政治、経済に問題が有っても芸術の街です。
水彩画家・長尾周二1805042
トゥールのヤマト展やParisで出会った日本人は私も含めて所謂日本人的な規格から大きくはみ出して居ますね。私なんかフランスでも日本でも日本人にも何人か分からないと言われる始末です。

海外に居ると特に中国人、朝鮮人、フランス人も一筋縄では行かない人種でそうした人々の中で揉まれて10年もすると嫌応が無しに精神的にもタフにならざる得ない状況になります。
ま、良く良く話して見ると皆さん隣に居る日本人とはまるで違う濃さを感じます。それだけ海外で仕事を続けるには企画外のタフな神経を持って居ないと生きられないと思います。
メンバーの麟太郎さんもそうした人種の一人で確実に力を溜めて育って居ます。
皆さんにも彼の活躍を見て頂けると思います。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1805021
薄暗い頃からキャリーバックを引きずって会場を隈なく探して歩きました。リュックサックかキャリーバックが無いと買った品物が車迄持ち帰るのに大変な思いをします、数年前にそうしたグッズを持たず大理石の時計と犬の置物がセットの物を買ったのですが重くて何度となく休みながら駐車場にたどり着いた事がありました。それ以来キャリーバックを持参して居ます。プロは四輪のキャリーを引きずって探しています。私は趣味で集めて居ますが駐車場迄距離もあるのでそこまでしませんが必要性を感じて居ます。
水彩画家・長尾周二1805022
写真の女性像も大理石の台に乗っていますのでそれなりの重さが有ります。
アール・ヌーヴォー様式時代の女性像ですが此れは今回買った一番の掘り出し物です。
手持ちのお金が少ないので高価な物は買えません。そうした中で手に入れた逸品です。
館に帰ってフランソワーズさんに見て頂いても絶賛されました。足で稼いだお駄賃と言ったところでしょうか。
水彩画家・長尾周二1805023
もう一つの銅板レリーフは何と2ユーロ !こんな事が有るから止められません。後はアール・ヌーヴォー様式のレリーフ、シャンデリアを手に入れました。日本の皆様にも見て頂ける機会が来ると思います。

連日の展覧会準備で身体がバリバリに疲れて居るのに朝6時から11時半近く迄歩きぱなし昼食の後は昼寝して休みました。あの広い庭に出て居るショップを見て回ったのですから疲れて当然だと思います。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二180501
年に一度のビッグ蚤の市がこの5月1日に開催されます。フランス滞在中は必ず早朝から此処に来てアンテークを物色して居ます。
部屋にあるアンテークの幾つかは此処で手に入れた物です。
市の規模が私が行った限り最大規模てす。
当然掘り出し物が有りますし大勢のプロフェッショナルやコレクターと競争です。
未だ外は暗いのですが昨日と違って良い天気の様で月明かりで周りが見えますが既に数多くの車が来て居ます。
東の空が明るくなり始めましたからもう少しで掘り出し物探しが始まります。
昨年の個展に出品した女性像も此処で手に入れた物です。
ブランスに着いた日は32度有ったのに昨日は16度、朝は6度と真冬並みです。
冬仕度で臨んで居ます。
何を手に入れたかは次回のブログで紹介致します。
ではキャリーバックを引きずって出掛けます。

↑このページのトップヘ