水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
主催:(一社)アートシップインターナショナル
後援:在仏日本大使館
日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
詳細はこちらをご覧ください
長尾周二・KOKOROJAPON展20191
その後の展覧会予定
・2020年5月
日仏文化交流展1(仮称):群馬県安中市文化センター&廃校グランド
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展2(仮称):愛媛県立美術館
・2020年8月28日~9月8日
日仏交流展3(仮称):フランス・ブラシュー・ビエールホール
KOKORO JAPON展2020

2018年06月

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1806081
名古屋から久しぶりに「20年ぶり」に岐阜、関ヶ原、彦根と走り京都を目指しました。基本的にこのルートは時間が掛かりますので滅多に利用しません。
明るい内に彦根城を右側に見ながら走り抜けました。
その日は京都から9号線を福知山方面に、途中丹波で左にハンドルを切り川を渡り畑の横で泊まりました。車を止めて電気を消すと星天と何か光って居る物が見えます。良く見るとホタルです。しかも大きなゲンジ蛍ではありませんか。
私が生まれて7才まで育った田舎の夏と同じでその大きなゲンジ蛍の軌跡を追って楽しみました。
水彩画家・長尾周二1806082
朝、鳥取経由で米子方面に走り約束より早かったのですが作品を受け取りました。
天気予報が微妙ですが釣りを楽しみたいと思います。
瀬戸内よりは大きな魚が釣れますので楽しみにして居ます。釣り道具屋さんで餌を買って更に西に走らせました。
釣れなくてもこうして居る時が一番楽しいですね。
美保関で小アジを釣って居る老夫婦と出会い三匹のアジを頂き捌いて刺身にして頂きました。
日頃の疲れを取るのにはコレが一番です。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1806061
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
梅雨前線が北上して愛知県も雨が降り出しました。夕方から降り出した雨は車の屋根を叩き真夜中に目が覚めブログの更新と為りました。
昨日は西尾市のメンバーとParisマドレーヌ展の打ち合わせをしました。
夢を語り目標に向かって進む姿を見るのは楽しい物です。そうした輝いた瞳の背中を押して一緒に活動出来る事は私にとっても幸せだと思って居ます。

日本の大学を卒業しParisの大学に留学中の麟太郎さんはルーブル美術館ピラミッドで五月個展を開催して早くもその才能を発揮し、高く評価されて居ます。
同様に今回出品し渡仏する千葉さんも素晴らしい才能と行動力があり未来が開けると確信して居ます。
夢を見なければ人生楽しく有りません。その夢を叶えるには行動しなければ夢で終わります。
そうした夢追い人を応援するギャラリストが日本にもいらっしゃってそのオーナーから5人の作家が紹介され出品します。

今年はそうした事も有って会を立ち上げて4年目、がむしゃらに突き進み次の夢に向かって居ます。国際交流は勿論の事、日本文化の為に出来る事を一歩一歩前にと思って居ます。
そうして旅を続けて山を愛で時に海に浸りおまけに魚釣りも楽しみたいと思って居ます。

水彩画家・長尾周二1806062
作品の海は蒲郡市で描きました。
麦わら帽子の釣り人は若い女性で写生が終わった後しばらく釣り談義と為りました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1806041
「白馬連山」
画材の絵の具で無くなった色が数種類あるので補充しました。
毎日の様に使いますから当然無くなります。筆も擦り切れて使い物にならなくなり補充です。
パレットは百均で買った物で十分ですが筆と絵の具はプロフェッショナル用を使って居ます。
取り寄せになる絵の具は次回帰国した時に補充です。

水彩画家・長尾周二1806042
「多摩丘陵の風景」
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
多摩丘陵で泊まる場所から一枚描きました。一日中そうした場所に居ると筆を持ちたくなる風景が現れます。すると直ぐ筆を持ち描き始めます。白馬連峰も何枚か描きました。
何枚も挑戦して居ると稀に納得する作品が出来ます。そうすると又新しい目標を探してトライします。
時間に追われて大作の準備が出来ず旅に出ましたが次の旅では万全で臨みたいと思います。
この後名古屋のメンバーと打ち合わせをします。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1806022
朝5時から大井競馬場のフリーマーケットを見に行く為に多摩から車を走らせました。
7時過ぎには入場して会場を回りました。先ず駐車場の場所と料金が以前と変わりました。6月から変わったそうです。駐車場の場所は敷地内から道路を挟んだ反対側に駐車です。以前は1日500円だったのですが1000円に値上がりして居ました。競馬場がフリーマーケットの盛況振りを見て値上げしたそうです。

水彩画家・長尾周二1806021
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
当然出店料金もワンブロック4000円から6000円に値上げと為って居ました。出店者も利益確保の為に商品の価格もそう為っていました。以前程魅力が無くなって居ました。フランス作家の額縁も此処で安く手に入れましたがそれも此れからは難しいと感じました。
しかし来客数は相変わらず多くて外国人も大勢いらっしゃっていました。
ジーンズとワイシャツをと思って来たのですが程良い商品が有りませんでした。
結局駐車場料金に見合うだけの商品は買えませんでした。出店者数も何割か少なくなって居ました。
時間つぶしにはいいかも知れませんがわざわざ行く程の魅力が無いと感じました。
この後アートシップインターナショナルのメンバーと会ってから名古屋に向かいます。

↑このページのトップヘ