水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

2018年07月

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1807071
7月16日高松より東京へ17日には成田よりParisに向かいます。
先ず銀座ギャラリーGKより出品作品を受け取ります。
その日は佐藤さんとお会いする約束です。
そして翌日成田より出発です。
最盛期でフライト料金が高いので乗り継ぎ便ワルシャワ経由でParisに向かいます。

Parisでは麟太郎さんとお会いする約束です。
フランソワーズさんからは展覧会案内状が出来たと連絡がありました。
麟太郎さんからも世界遺産Parisマドレーヌ寺院でのKOKORO JAPON展やブラッシュビエールホール展に向けて、Paris在日本大使館後援許可が下りて、「ジャポニスム2018」公認許可とロゴマークを使っての印刷に入ったと連絡が入りました。
こうして地道な国際交流をコツコツと積み重ねて信頼関係が出来て居ます。

渡欧して早くも12年目を迎えます。
年齢も67歳と為りました。こうした活動も天命として受け止めて日本文化発信の一助になればと思って居ます。
水彩画家・長尾周二1807072
愛媛県松山市での車の修理が完了する迄は高松でおとなしくして居ます。
携帯に緊急情報が何度も入る大雨で車も無いしどうにも為りません。
しかし百合の花を買って来て色紙に写生を始めました。画家の性です描かずには居られません。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二180705
台風通過の夜、高松市から愛媛県佐多岬に向かいました。
天気の情報を得ると愛媛県の宇和島迄は当日曇りと出て居ました。高知県は警報注意報が出る位雨風が強いと有りました。
南風は相当強く吹いて居ましたから佐多岬の北側の漁港を目指しました。
毎日の様に野外に出て制作の機会を探して居ますが此処の所制作意欲のあるモチーフに出会って居ません。
そこで弟と釣りに行く事と為りました。
台風通過の中、南風が強く吹いて居ました。
ところが場所も幸いして大漁でした。
15キロの氷の中には大漁の魚が入って居ます。メジナのまずまずの形が4匹アジが50匹以上、小鯛が10匹越え後はカサゴ、メバル、縞ダイ、ベラなど持参した発泡スチロールの箱にご覧の通りです。
そんな楽しいひと時を過ごした後、高松に向けて走り出しました。
処が伊予市手前の三秋峠で車がストップ。クラッチが滑って走行不能、レッカー車を呼ぶ事と為りました。
ま、旅はトラブルとも言います。
弟は別の交通機関で帰宅となりました。

↑このページのトップヘ