水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像や文言は無断での転用・転載を固く禁じます。
水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・2020年4月29日~5月10日
日仏文化交流展Part1「アートの散歩道・パリー群馬安中」:群馬県安中市の旧松井田西中学校
【後援:外務省、安中市】

※展覧会期間中は新型コロナ緊急事態宣言のため展示内容をネットなどでも配信しましたが、展覧会後は長尾周二作:「渓流」(参考:写真は5月25日付記事に掲載)他、一部の作品を入れ替えて常設展示中です。旧松井田西中学校は水道設備があります。またアルコール消毒液を設置しております。化粧室は簡易の物2基、および近隣に公衆設備があるのみです。ご承知おきください。(不定期休)


・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展Part2「アートの散歩道・パリー瀬戸内」:愛媛県美術館
【後援:外務省、愛媛県、松山市、フランス大使館、NHK松山拠点放送局、南海放送、テレビ愛媛、愛媛新聞、FM愛媛、愛媛日仏文化交流会】

当サイトは画家・長尾周二氏の投稿をほぼそのまま掲載しております。
※掲載においては出来得る限り現行の国内外の法制や社会規範等を遵守しておりますが、お気付きの点等がございましたらコメント等を通じて、直接長尾氏本人にお問合せをお願い致します。適宜対応いたします。
(サイト管理者より)

2018年08月

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1808061
銀座のギャラリーJKよりお預かりした5人の作品を始めメンバーの作品を額装したり点検したりどう対処するか考えています。
版画家の作品は全て額装する事にしました。早速手持ちの額縁とARTEC会長フランソワーズさん手持ちの額縁とで額装を始めました。斉藤良さんの作品はアクリル板をカットして油絵の額縁を版画様に作り変える事にしました。
今日の作業は此処までとして明日取り掛かります。
水彩画家・長尾周二1808062
モリエール瞳さんの作品もS30号なのでパネルを作るか私の持っているキャンバスにするか検討します。
日本も酷暑で大変のようですが地中海側には同様に熱波が入り森林火災が多発して居るとの事です。あまりにも暑いので此処数日は日中は外出せず室内作業をして居ます。
特に裏屋根部屋は深夜になっても暑くて困っています。
この館に冷房設備は当然有りません。
夏でも時にセーターが必要な時が有る位ですから本当に異常です。
水彩画家・長尾周二1808063
明日、日曜日は蚤の市が有る日ですから早朝に二箇所位回って楽しみたいと思っています。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1808031
特に新聞記事が出た後はご覧になる方も多くついでに安価なエチュード作品を購入して頂きました。タブローも含めて13点購入頂きました。初めての場所でこうして評価して頂けるのは大変有難く思って居ます。

新聞記者のミッシェルさんが内容の有る紙面記事にして頂いたお陰だと心より感謝して居ます。
新聞記事の切り抜きを持参して頂いたり新聞を持参して頂いたりと心温まる対応に疲れも飛び最終日作品を引き上げました。シャンソン小劇場を経営して居るジョゼさんとカトリーヌさんも来て頂きました。最終日も通算三度フランソワーズさんも手伝いに来て頂きました。
水彩画家・長尾周二1808032
来場者の中には何度か御会いした方もいらっしゃいました。ギャラリーバカボンドで拝見しましたとかシャトーボガールでとかそうした方が何人かいらっしゃいました。
さて次はブラッシュ市ビエールホールのジャポニスム2018後援KOKOROJAPON展です。未だお預かりした作品を点検して居ませんがこれから作業に掛かります。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1808021
※ARTEC(欧州造形美術振興協会)会長・Françoise ICART氏による撮影
ARTEC (Société Européenne de Promotion de l'Art et du Design) Président · Photographier par M. Françoise ICART


水彩画家・長尾周二1808011
取材の様子
取材新聞社による撮影
Photo prise par une entreprise de presse


新聞記者のミッシェルさんから取材の際に撮影して頂いた写真を新聞記事と一緒に送って頂きました。
水彩画家・長尾周二1808022

長尾周二企画個展の開催を報道した新聞記事(一部抜粋)
※当新聞記事は展覧会において現地新聞社より取材を受け、当該記事を新聞社より提供されたものを新聞掲載されたことの報告のみを目的に加工して掲載したものです。
Cet article de journal a été interviewé par la société de presse locale à l'exposition et posté l'article fourni par la société de presse seulement pour avoir signalé qu'il a été publié dans le journal.


普通取材が終わると早々に引き上げるのが常ですが最後までご一緒でした。
彼女も作品を気に入って頂いた様で大変好意的でした。
記事を送って頂いた事は有りますが撮影した写真全て送って頂いたのは初めてです。先ずフランスでは水彩画家の描くサイズは然程大きな作品では有りません。
5メートルに及ぶ作品サイズとその迫力に驚いたのだと思います。このロワール地方で力の有る記者からのお褒めはありがたく頂戴しています。その大作2点を含む全ての作品を現場で描いて居る事にも驚いて居ました。
建築現場にも似たパネル設置風景写真をお見せして説明しました。又、制作時間も驚いて居ました。これだけ大きな作品を2,3日で仕上げています。
水彩画家・長尾周二1808013
水彩画家・長尾周二1808014
毎日来られるギャラリーからも同様の驚きを感じて居る様子です。・
チャペル内部の柱頭を観察していたら写真の様なフクロウの彫刻が彫られて居ました。何とも言えない愛らしい守り神ですね。
古の時代からの神聖な場所での展覧会に感謝です。
水彩画家・長尾周二1808015

↑このページのトップヘ