水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2018年11月

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1811111
事務処理が一段落して車を西に走らせ愛媛県佐多岬に来て居ます。
ブラシュー・ビェールホールでの展覧会のベルニサージュにエレキギターを持参して演奏して下さった松山市の宮崎さんに会う為でも有ります。
先ずは魚釣り夕方着いて竿を出し早速アジを釣りました。此処のアジは型が良くて楽しめました。
明日一日中釣りを楽しみ明後日、魚をお土産にお会いする予定です。
水彩画家・長尾周二1811112
釣りには絶好のチャンスの時間帯で竿を出して直ぐ釣れました。
10匹位釣って全て海に返しその後5匹車に持ち帰って刺身にして頂きました。
勿論釣りたての魚ですから美味です。
他の港で釣りをして居た方が来られて「全く釣れなかった」と話されて居ましたが、此処では良く釣れました。
明日は早朝から釣りをしたり制作をしたりです。
少し冷えて来ましたから防寒着を着込んで釣りをしました。

※上の画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1811071
パソコンに向かい情報を得て事務処理を始めました。
自宅を持たない私はこうした事が一番大変です。
パソコンのプリンターも有りませんから弟の協力が必要です。
先ずジャポニスムの事業報告書を済ませて明日郵便局から書類を送ります。

四国八十八ヶ所最後の札所大窪寺に行って来ました。
私はモミジの紅葉を楽しむ為に、弟は奥の院が在る女体山山頂に。
弟が
山登りをして居る間に紅葉を一枚描きました。
穏やかな天気が続いて居ます。お弁当を持って車を走らせました。
紅葉も進み始めて楽しめました。
水彩画家・長尾周二1811072

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1811051
日本海を毎日見て居て瀬戸内海を見るとまるで湖か河の様に感じます。
岡山県寄島で朝を迎えました。早朝4時半に目を覚まし夜明けを待ちました。日の出前の風景を描いて宇野港よりフェリーで高松市に。
水彩画家・長尾周二1811052
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
パソコンを持参していませんでしたから事務処理が出来て居ません。
先ずその処理をしてから又旅に出かける予定です。
1か月の車上生活の旅で少し疲れました。
日本海の磯場で魚釣りをした際に足を取られて頭から倒れて仕舞いました。その際頭にタンコブが出来て痛い思いをしました。その疲れが出て来た様です。
温泉に入って休息します。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1811031
特に朝と夕方の美しさは格別です。
思わず見惚れて筆を持つのも忘れる事もしばしばです。
今の季節、山陰では珍しく快晴で一日中眺めたり写生したりの日々を過ごして居ます。
私は現代美術や抽象等、時代を追いかけての仕事はしていません。
何故と問われるとこうした旅の中で感じたり目の前の風景と対話する事が好きだからです。
またそうした中で制作する事が自分の感性に一番合って居ると思って居ます。
所謂具象作品には抽象的な表現や現代美術と言われて居る事も含まれてると考えて居ます。二次元の空間に三次元を描く時点で其れらの要素は当然必要です。
所詮絵空事だと思って居ます。
水彩画家・長尾周二1811032
美しい物を美しく表現する事が如何に難しいか私は知って居ます。
ある時フランスのARTEC会長フランソワーズ  イカールさんが花の絵では無い物を描いたらと言われた事が有ります。
現代に置いてフランス画壇で私より素晴らしい花の絵が描ける人が居たら教えて下さいと切り返しました。
会長は押し黙ってしまいました。
それ位美しい花を美しく表現する事は難しいのです。技術でもイメージだけでも描けない何かが有ります。其れを追い求め て居ます。

↑このページのトップヘ