水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
アートシップインターナショナル展(Japonismesジャポニスム2018参加記念)

2019年4月16日~4月29日
今夏にフランスで開催の「KOKORO JAPON展」PART1およびPART2(独立行政法人・国際交流基金主催Japonismesジャポニスム2018参加企画認定イベント)に出品したメンバーおよび一般アーティストによる展覧会を開催します。(【ジャポニスム2018】の詳細は下記参照)会場は2017年11月~12月に理事長・ 長尾周二が個展を開催した香川県高松市の「大西・アオイ記念館」で行います。
〒761-0302 香川県 高松市 上林町148番地
※もよりのインターチェンジは高松中央I.Cです。香川大学工学部、県立図書館近くです。
電話:(087)880-7888
施設入館料:100円

ホームページ


※ご参考:大西・アオイ記念館
アオイ電子および同社の創業者・大西通義氏が設立した「公益財団法人大西・アオイ記念財団」が、文化芸術の振興などを目的に開いた施設です。大西氏がこれまで集めた茶道具や絵画の作品が展示されています。

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。概要は下記の通りとなっています。
「日本とフランスの両国が連携し、芸術の都フランス・パリを中心に“世界にまだ知られていない日本文化の魅力”を紹介する大規模な複合型文化芸術イベントを開催します。」
(Japonismes ジャポニスム2018公式サイトより引用)
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2019年02月

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1902171
私が一番感じる変化は通信だと思います。
日本国内でも30年前には通話料金が数十万円払った記憶があります。
渡欧した際に国際電話で通話する際にも大変な思いをしていました。
水彩画家・長尾周二1902172
スペインに滞在中、インターネット通信が始まった頃でネットカフェでカードを買ってそれに打ち込まれた番号を押してやっと繋がった事を思い出しました。
20桁30桁の数字を打ち込んで途中で間違えたりでした。
公衆電話の国際電話でやっと繋がった物です。
勿論通常の国際電話の通信は大変高い料金でした。
水彩画家・長尾周二1902173
今はスカイプを始め容易に繋がります。
先日もフランスから電話がありました。
何処に居ても電波が届く場所だと繋がります。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1902141
五剣山の先に庵治と言う地名が有ります。
山道を走って居ると大仙山と言う遺跡がありました。
標高136メートルの山頂に磐座と思われる場所が有りました。
解説板には数千年前に出雲から岡山に来て海を渡りこの地に根付いたと有りました。
高さ2.5メートルの立石が有り其処で祭事が営まれて居たと有りました。
小さな祠が後に造られ現在でもその場所では神事が行われて居るそうです。
荘内半島に在る立石同様で、神聖な場所だと感じました。
水彩画家・長尾周二1902142
この場所から西に庵治港がありその岬の先端に皇子神社が有ります。
高貴な方が葬られた地だそうです。
その西に屋島の長崎の鼻には古墳があり古から瀬戸内海は交通の要所だった証だと思います。
夕日の時間に瀬戸内海を写生しました。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1902111b
海外生活が長い七條公光子さんとお会いしました。
今日は七條さんの絵を見せて頂きました。
彼女は特別美術大学等で勉強した訳では有りませんが自分のイメージを高め作品にして居ます。絵を描く事は生活の中で心の叫びだったり夢だったり自分の心情を表現する事が本来の自然の行為だと思います。
そうした本来持っていらっしゃる感性を十分表現して居る作品群で鑑賞する側に感動を伝える事が出来る秀作です。
今後の作品も楽しみです。
水彩画家・長尾周二1902112
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
五剣山の作品は日没前に太陽が有る場所から少し離れて見られた彩雲です。
珍しいので落日を描かず彩雲を描きました。
自然は時に感動を届けてくれます。
水彩画家・長尾周二1902113
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
筆が進まず眺めて一日が終わった事も有ります。二度と同じ光景は見る事が出来ないと分かって居ますが圧倒的な大自然の中で過ごすと描けない事もあります。
そうした情景をイメージしながらその時を待って居ます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1902101
朝日が射して天気の回復を予感させてくれます。
車を大好きな大串半島に走らせ夕方を待って居ます。
風はまだ冷たいのですが青空が太陽の温かい日差しを届けてくれています。
梅の花が咲いて青空と青い海に映えます。
その梅の花を見ていると小鳥が何羽か蜜をついばんで居ます。
海の上はヒサゴが魚を狙って舞って居ます。
穏やかな一日が過ぎて行きます。
水彩画家・長尾周二1902102
こうして高松で過ごして居てもフランスから連絡が有ったり、東京や松山から企画展の連絡や打ち合わせが進んで居ます。
今日はモーリエール瞳さんと連絡してフランスから画家が来日するので宜しくと伝えました。
さてそうして居ると夕日の時間に為りましたから写生します。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1902091
88歳になられて居ますがお元気の様子です。昨年度の活動報告や5月にARETEC(欧州造形美術振興協会)・会長フランソワーズ・イカールさんが来日予定ですと伝えました。
今でも現役で役職や美術館運営等に精を出して居ます。
明日は大阪に向かうそうで毎週の様に出掛けて居ると話されて居ました。
フェイスブックでは趣味の写真撮影の映像を掲載されて居ますが美しい被写体を留めて居ます。
水彩画家・長尾周二1902092
午前中はギャラリーほのほで企画展の打ち合わせをしました。
会期は4月22日~30日で決めて頂きました。
私の展覧会が決まった事でそうした事を念頭に進めて居ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1902053
高松市での展覧会や愛媛県砥部の展覧会が決まり、展覧会準備の一環として色紙も描き始めました。
水彩画家・長尾周二1902051
渡欧する前は毎年400枚は描いていましたが、近年は色紙を描く事が少なくてフランスではパネルに張った余りの水彩紙でスケッチしてそれを販売して居ます。
日本には色紙と言う便利な用紙が有りますのでそれを使い描き始めました。サイネリアを買い求めたのですが少し早いと言われパンジーにしました。
毎日これから色紙を描く様にします。
水彩画家・長尾周二1902052
ARTEC(欧州造形美術振興協会)会長のフランソワーズさんが5月に来日予定に為ったので、その事を愛媛県の宮崎さんにお伝えする為にお会いしました。
高松に立ち寄るとの事でしたので待ち合わせしました。
「愛媛県松山市に来られた時にお世話になります」とお願い致しました。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1902031
今日も瀬戸内海が望めるミカン畑に行って写生しました。
天気が良くて瀬戸が輝いて居ました。
結局、暗く為るまで其処に居て写生して居ました。
梅の花が咲き始め華やいだ雰囲気の中夕陽に染まる瀬戸は夢の様な光景でした。
そうした空気を吸って光の中で写生して居ました。
水彩画家・長尾周二1902032
一枚二枚三枚と絵筆を走らせましたが思う様に行きません。
何年道々廻りをして居るのかと情け無い気持ちに為りました。
所詮絵空事だけど目の前には素晴らしい風景が在ります。
気合いを入れ直してもう一枚と挑戦しますが残念ながら思い通り行きません。
ロワール川の河畔で何日も挑戦したり富士山を何年も追い続けましたが中々一歩前進する事が出来ません。
明日こそと野外写生に出掛けます。

↑このページのトップヘ