水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
主催:(一社)アートシップインターナショナル
後援:在仏日本大使館
日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
詳細はこちらをご覧ください
長尾周二・KOKOROJAPON展20191
その後の展覧会予定
・2020年5月
日仏文化交流展1(仮称):群馬県安中市文化センター&廃校グランド
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展2(仮称):愛媛県立美術館
・2020年8月28日~9月8日
日仏交流展3(仮称):フランス・ブラシュー・ビエールホール
KOKORO JAPON展2020

2019年06月

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1906291
成田空港からポーランド航空でまずワルシャワにそして乗り換えてParisに向かう予定でした。

何かある時は前兆が有ります。
エコノミー中央通路側が指定のシートでした。
中央シートに身長190センチ体重200キロは有ろう方が座りました。
その前後の中央シートは空席でした。
暫くしてスチワーデスにシート変更をお願いしましたが、高圧的に拒否されました。
ま、そんな事があり常に肘や足がはみ出して来て食事の際などにはテーブルの半分くらい領空侵犯です。

過去にも一度利用した航空会社ですが後が良く有りませんでした。

トランジェストの為入国審査を終え乗り継ぎ便 の手荷物検査がとんでもなく時間がかかりParis行きの便を電光掲示版を見るとその便の表示が出て居ません。
何の連絡も無く空港職員に尋ねるとその便のカウンターにとの事、長い行列の最後尾に並び並んでる乗客に尋ねても状況は分かりません。

並ぶ事数時間、搭乗機のトラブルでフライト変更だと言う話がやっと分かりました。

結局当日はフライト出来ずホテルに一泊してルフトハンザでフランクフルト経由でParisに向かう事となりました。
フランソワーズさんに電話して事の顛末を話し1日遅れでParisに入る旨を伝えました。

そこからが又トラブルです。
機内預け荷物を一旦受け取りホテルに向かい再度別の航空会社となりました。
荷物の受け取りカウンターで指定された荷物の受け取り場所に行って待てど暮らせど皆さんの作品が入った旅行カバンは出て来ません。
再度カウンターに行ってやっと受け取りました。
夜9時位に終わりました。

おまけが有って出口に向かって居ると係官から荷物検査の指示。
この国で検査を受ける筈も無かったのですが、全て自分の絵だと主張し作品価格も0円だと一つのカバンを開けて納得した様ですが税金を何とか取ろうと言う姿勢は万国共通の様です。

結果ホテルに着いたのは夜9時15分、ディナーの受付時間締め切り間際に何とか餌に有り付けました。 ホテルのシャワー室に面白い鏡が有ったので掲載しました。
翌朝は朝6時55分のフライトですから5時にはタクシーで空港に向かいました。

作家の皆さん自分の作品価格を高く言うと関税が発生しますからご注意下さいね。
もし50万と言うとフランスでは20パーセントのタックスが係ます。
10万円払わなくては為りません。日本に入る際も同様ですから8パーセントのタックスが発生する場合も有ります。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1906271
先ず最後に銀座ギャラリーGKの星野さんと最終打ち合わせを済ませて東京駅からリムジンバスで成田空港に着きました。フランソワーズ イカール会長の銀座ギャラリーGKでの個展日程もお聞きしてスケジュール表を受け取りました。
そうして空港に着きParisマドレーヌ展の作品が詰まって居る旅行カバンを受け取り手荷物で持参したカッターナイフの刃やチュブの絵の具を旅行カバンに詰め込みました。
私物はリュックサックの中、パソコンと着替えだけです。
何時もは日本食のインストラーメンや日本米を持参して時々楽しむのですが中々思い通りには行きません。
そうこうして居る間に愛媛県の宮崎さんから電話が有り打ち合わせをしました。
便利な世の中でインターネットを通じて即座に対応することが出来るので色々な事が前に進んで居ます。
それでは次回はフランスでブログを更新致しますので宜しくお願い致します。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1906251
佐藤名誉会員と一緒に上野駅から電車を乗り継いで常陸太田市に着きました。
雨が降ったり止んだりの天気で駅から市役所までタクシーを使いました。
歩けば歩ける距離で帰り道はそうしました。

市役所では常陸太田市・市長とお会いしました。
学校の廃校の件でお伺いしました。
何処も同じ問題を抱えています。
意見交換と提案をして後にしました。

電車の旅はすでに小旅行でした。朝、駅弁を買って食べながらの旅で本当に風情がありました。

今日はフランス展の費用を受け取り、明日はフランスに行かれる5人とお会いします。
今日は朝寝坊をしてしまい荒井先生には大変ご迷惑をお掛けして申し訳有りませんでした。

今年9月でたましん本店のギャラリーが閉館となるそうです。
私も個展やグループ展で何回もお世話になり残念で仕方ありません。
本当にお世話になりありがとうございました。

※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1906201
そこでサヨリがポツポツと釣れて居ます。
そこで私も釣竿を持って半日楽しみました。

昨年釣れたサヨリはサンマと見間違うほど太ったサヨリでした。
今年のサヨリはそこまで大きいサイズではありませんでした。
しかしその白身の刺身や焼き物は絶品です。
15~16匹釣れて持ち帰り弟と分けて食べました。

海を眺めて釣りをしていると世間で騒がれて居る喧騒も忘れさせてくれます。
夕焼けの時間を待ち大串半島で写生です。
二度と同じ風景は見られません。
ですからそこで感じた感動を画面に留めるべく筆を走らせます。

※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1906191
翻訳をして下さる濱岡さんと新しくメンバーになりParisマドレーヌ展に出品なさる七條さんと
お会いして打ち合わせをしました。 出品なさる作家の経歴を簡単にフランス語に翻訳して頂きそれを渡仏される七條さんに持参して頂く為です。
濱岡さんとは帰国するまでお会い出来ません。

こうして新しい出会いで前に進んで居ます。

七條さんから香港のギャラリストを紹介して頂きましたが、会期の都合が付かず忙し過ぎて個展を今、香港で開催するのは諦めました。

四国愛媛県での企画展や群馬県安中市の企画展が来年進んで居ますので忙しくして居ます。
こうした企画が進められるのは本当に皆さんの助けが有ってこそ進められて居ます。
Parisマドレーヌ展は19人出品して下さいます。

日本の作家とフランスの作家交流がこうして続きそうした中で又新しい企画が進められる事は大変喜ばしい事だと嬉しく思って居ます。

※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1906161
こうした季節は体調も崩しがちです。私は渡仏が近づき荷物の整理をして居ます。

旅行カバン二つはParisマドレーヌ寺院展の為作品を詰めて持参しますので私物は機内持ち込みのリュックサックだけです。
若干の肌着とパソコンです。
そうした中車を走らせ写生をして居ます。
海を眺めて居ると心が和みます。瀬戸内海は本当に美しい国立公園です。

名誉会員の佐藤さんから連絡があり、渡仏前に茨城県に行く事になりました。
フランスロワールで個展を開催する畑さんのグループやギャラリーGKの星野さんともお会いする予定です。
アートシップインターナショナルの活動が皆さんのご協力により活発に為って居ます。
前日、材木を購入し帰国後の制作に対処しました。
桜の作品や紅葉もイメージして居ます。


※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1906121
流石に暑かったり寒かったりと体調が万全では無くて高松に帰って来て暫くは休養を取りました。
それでも東京やメンバーから連絡があったり、 ARTEC(欧州造形美術振興協会)会長・フランソワーズさんに国際電話したり高松の友人と会ったりと忙しくしています。
部屋の作品や額縁を駐車場の倉庫に片づけを始めました。
注文したスズキエブリのルーフキャリアが届き設置しました。
大作制作する際に材木や脚立を積む為です。
水彩画家・長尾周二1906122
今日は大串半島の好きな場所に来て風景画を描いて居ます。
瀬戸内海の海岸は相変わらずゴミが流れ着き足元を見ると残念でなりません。
ゴミ袋二つ分拾って来ました。
ほんの一部ですがしないよりはマシと思って拾って来ました。

私の様な下手な作品を描くアーティストは居ないと実感しています。混沌とした時代、評価基準も曖昧で特に日本はメディアに取り上げられたり有名だとかで評価されて居ると感じます。
そうした中でややもすると技術やパホーマンスの競争で本当に内容がある作品やアーティストが見落としされて居ると思います。
私は人に自慢出来る程、取り柄も有りません。
毎日描けば描くほど表現出来ないと情け無い気持ちで次こそはと取り組んで居ます。


※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1906091
JR松山駅で弟と落ち会い愛媛県伊方町に向かいました。

何時も立ち寄る釣具店でコマセと餌を買って伊方町で氷を買って現場に着きました。
風が強くて釣り場を探しましたが中々見つかりませんでしたが何とか場所を見つけて釣り始めました。
夕飯は買って来た蕎麦をたべました。
夜11時ぐらいまで釣りましたが小さなアジがポツポツとつれました。

朝から又始めました。
ベラやカワハギ、小鯛と其れなりにに釣れました。
帰る間際に40センチ以上の寒鯛を釣りました。
タモも車に持ち帰って居たのですが弟に持って来てもらい無事取り込みました。
水彩画家・長尾周二1906092
高松に帰って50匹位の魚を捌き調理しました。
アジの南蛮漬けが意外と時間が掛かりました。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1906051
先ず砥部町のミュゼ里山房の矢野さんを訪ねました。
展覧会でお預けしている作品を受け取るためです。
又、砥部町町長・佐川さんとお会いする為に打ち合わせをしました。

宮崎さんご夫婦と落ち会い愛媛県県庁に神野副知事を訪ねました。
中国に訪問前日で忙しくしされていましたが時間を取って頂きました。
その後、愛媛県文化局長・信貴さん、課長の山岡さんと再会して協力をお願いしました。

夜はフランソワーズさんの通訳を務めて頂いた長坂さん、宮崎さんご夫婦と夕食をご一緒しました。

こうして愛媛県砥部町での企画展は意義ある内容を伴って終わりました。
町長には内容を充実させて継続し地域活性化に協力したい旨を伝えます。

それらが終われば天候を見ながら山登りか釣りをしたいと思って居ます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1906031
車を志度に走らせて居たら田圃に百合の花が輝いて居ました。
大串半島に向かう途中でしたから帰り道に写生する事にしました。
小雨が降ったり止んだりで私は車の中で写生です。
そうすると地主の方が話しかけて頂き、この方の小父さんが球根を植えたその日に亡くなられたそうです。そうした経緯がある百合の花が輝いて咲いていました。
水彩画家・長尾周二1906032
フランスでも元軍人で畑に百合の花やマーガレットの花を育て居る老夫婦と親しくさせて頂いて居て、この季節にフランス滞在中個展を開催した際に何度か抱き抱える位の百合の花をプレゼントして頂いた事が有ります。
ご自宅にも何度かお伺いした仲です。
その花と同じ花でしたから懐かしく感じ写生した訳です。

そのお花畑の経緯がそうした訳だと聞いて、見事に咲いて、その方も亡くなられた方も喜んでいると感じました。

暫く世間話をして名刺交換して別れました。
香川県の農業の実情も話されて目の前の大きな屋敷も空き家とか、、。
息子さんが専業農家にと話され明るい話も出ました。

↑このページのトップヘ