水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルも含め画像・文言はサイト制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。無断での転用・転載を固く禁じます。

水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・2020年4月29日~5月10日
日仏文化交流展Part1「アートの散歩道・パリー群馬安中」:群馬県安中市の旧松井田西中学校
【後援:外務省、安中市】
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展Part2「アートの散歩道・パリー瀬戸内」:愛媛県美術館

・2020年8月28日~9月8日
長尾周二企画個展:フランス・ブラシュー・ビエールホール
・2020年9月21日~9月27日
KOKORO JAPON展2020:フランス・パリ・マドレーヌ教会


安中および愛媛展覧会の出品者募集
※出品料は1.5メートルで安中のみが1万円、安中・愛媛に出品が1万5千円予定です。
※いずれもまずはサイト管理者へご一報お願い致します。詳細はご相談ください。
電話09033175672の千田(せんだ)まで。またはメニューバー等のメールフォームからご連絡お願い致します。

【重要】新型コロナウイルス肺炎について(2020.2.26付)
イベントの中止や順延が相次いで居ます。私達も社会の状況や動向で関係者と相談しなければいけない時が来るかも知れません。今は 最善を尽くして対処したいと思って居ます。
一般社団法人アートシップインターナショナル  理事長 長尾周二

2019年11月

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1911301
裏妙義山の横ですぐ横に横川駅が有り鉄道公園があります。
水彩画家・長尾1周二1911302
とても気に入った場所で芸術活動がフランス・ARTECのメンバーや日本の仲間達との企画に許可が下りた事に大変喜んで居ると同時に身の引き締まる思いです。
使用許可は12月2日からだと安中市の財務部長から連絡が有りました。
水彩画家・長尾1周二1911304
早速荒れて居る校庭の一部を掃除、草木の剪定をしました。
写真のリヤカーが写って居る写真がそうです。
水彩画家・長尾1周二1911303
地元の同校卒業生でも有る方に様子をお聞きして、掃除した草木の捨て場にリヤカーで運びました。 今日の午前中の仕事ですが自然相手の事は大変です。
明日も少しずつ綺麗に片付けて準備したいと思って居ます。
水彩画家・長尾1周二1911305
さてどう言う風に展示会場を設営するかどう形にするか此れからが勝負です。
未だイメージは湧いて居ませんが皆様に楽しんで頂き感動を伝える場にしたいと思って居ます。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1911281
先日、群馬県県庁にお伺いした際に群馬の上毛三山の話がありました。妙義山や榛名山は描いた事があり様子が分かっています。
水彩画家・長尾1周二1911282
赤城山は行った事が無かったので車を走らせ大沼を前景に赤城山を写生しました。
標高1340メートルの大沼で写生をして居ると白いものがチラチラ舞って来ました。
「此れはヤバイ」
ノーマルタイヤで来ましたから少し積もるだけでも危険です。
早々に切り上げ赤城山を後にしました。
水彩画家・長尾1周二1911283
気温計は氷点下3度。
赤城神社を参拝して山を下りましたが、空っ風が猛烈に吹いて居て車が揺れます。
 当然外は身を切る様な寒さです。
来春まで私の車では登山は無理でしょう。

前橋市で食料を買い込み安中市に向かいました。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1911251
先日中之嶽神社の宮司さんと話して居た際、「石門」は話がありました。
宮司さんが現在の天皇陛下がまだ皇太子時代に、殿下をご案内して「妙義山の石門巡り」をされたと話されて居ました。

妙義山はつい先日にも滑落事故が有り亡くなった方が有ったという情報を聞きました。
私は基本的に危険な場所には行くつもりは有りません。

第4石門まで真っ直ぐ登れば然程危険な場所は無いと仰って居たのでチャレンジしてみました。登ってみると確かに登れない山道では有りませんが、私にとっては限界に近い場所でした。

勿論、鎖場の石門はパスして安全を優先しました。
若い頃は会津駒ケ岳を縦走して檜枝岐まで50キロを超える山道を駆け上がり、そして駆け下りた事が有りましたが、今は顎を出しながら何とか登れました。
ま、登りより下りの方が危ないので岩を伝いながらの下山です。
水彩画家・長尾1周二1911252
登った証拠の写真を掲載します。
登山家は良く登れば素晴らしい風景が有ると仰いますが、絵描きは山は下から見上げてこそ絵になる事の方が多いです。
水彩画家・長尾1周二1911253
大雪山や尾瀬の山々、北アルプス、南アルプス、霧島連山など多くの山々も登りましたが山頂から望む風景で気に入った風景を描けた事は殆ど有りません。
水彩画家・長尾1周二1911254
蝦夷富士も登りましたが中腹からはがれきで登るのは大変でした、がやはり下から見た方が絵に為ります。そうした経験で利尻島で利尻富士を登りましたが、山頂近くまで登ったところで止めました。利尻富士の面白さはやはり下から見上げる事に有ります。
ま、体力が落ち、運動不足も重なり、「登れなかった」というのが正直な所です。


※横長の画像(上から2番目をのぞく)はクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1911241
地元の方から教えて頂き是非訪れたいと思い、行き方を教えて頂き、そして向かいました。

朝まで雨が降っていたのですが青空が広がり、向かうことにしました。
教えて頂いた林道で尾根まで上がり其処から歩いて向かいました。

この山は手入れが行き届いて他の地方で見た山が荒れて居る風景は見られませんでした。
四駆では無いのでやっと尾根まで上がり車を駐車して後は歩いて現地に。
水彩画家・長尾1周二1911242
「五郎の大杉」は写真の様に幹回り約12メートルの立派な大木でした。
根に近い部分は空洞に為って居ます。
豊臣秀吉の地検の際にその空洞に道具を置いて作業をしたと伝承されて居るそうです。
ま、好奇心旺盛な私は良くこんな山深い場所迄来たものだと自分で感心して山を下りました。

今日もその後パンジーを色紙に描いて一日を過ごしました。


※横長(一番上)の画像はクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1911211
まるで「猿蟹合戦」を見て居る様な気がして不謹慎ですが思わず笑いが込み上げて来ました。
地元の住民に取ってはやり切れない事態だと思います。
水彩画家・長尾1周二1911212
バッテリーが上がって助けに来て下さった方にお礼に挨拶をして来ました。
地元の情報や行政に関する情報も頂きました。
地域の貴重な場所や歴史に関わる事も教えて下さいました。
時間が取れれば是非訪れて見たいと思って居ます。
水彩画家・長尾1周二1911203
紅葉も十分堪能したので色紙にパンジーを描き始めました。
ま、気儘に楽しめますし花は大好きなモチーフですから車の中で描き始めました。
水彩画家・長尾1周二1911204
道の駅にパンジーの花を売って居たのですが、行った時には無くてガーデニングの店で買って来ました。 明日から雨が続く様子ですから又パンジーの花を描く予定です。

※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1911201
完成した大作「裏妙義山」
昨日早朝から松井田宿の農道未舗装で裏妙義山を制作し始めました。
昼食はインスタントラーメンを鍋で作り頂きました。

その時カーナビのテレビを見てたのですが、その後制作に夢中に為って気が付いた時にはバッテリーが上がってしまってどうにも為りません。
夜、運転席の窓は両方とも半開きです。
覚悟を決めてそのまま車の中で休みました。

朝は霜が降りて居て寒くてしかも窓は開いて居ます。
今迄暖かい日が続いていましたのでか身体には堪えました。
朝、温かい味噌汁を作りおにぎりを頂きました。

そうした中制作を続けて居ると安中市の職員が軽トラで来られました。
猿の実態調査の為に巡回して居るそうです。
昨日も巡回して居て猿が民家迄来ていた事を話しました。
バッテリーコードは持って居ましたが軽トラのバッテリーカバーの外し方が分からず、友人を呼んで頂いて無事車を動かす事が出来ました。
作品も今日完成しました。 (写真・上)

しかし今日は群馬のからっ風に見舞われて制作に影響しました。
画鋲で止めた場所は紙が破れて何度か止め直し何とか仕上げました。
強い冷たい風は野外制作には堪えました。

水彩画家・長尾1周二1911202

※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1911191
昨日から大作を制作する予定でしたが天気予報で夜雨が降るとの事で今日からにしました。
渓流や妙義山と大作を2回制作しましたが、10メートルロールが約3メートル残っていて、その残りの水彩紙で「裏妙義山」の制作を始めました。 (写真・すぐ下)
水彩画家・長尾1周二1911193
何ヶ所か制作場所を決めて居ましたが静かに描ける場所にしました。
散歩に来られる方位で殆ど人は見かけません。
水彩画家・長尾1周二1911192
制作していて何となく人気を感じたので振り向くと5~6匹の猿が居るでは有りませんか!
真っ赤な顔の元気そうな猿と子猿が歩いていました。

住民の方と話して居て猿は日常的に作物を荒らすそうで夜は猪がこれ又作物を荒らすそうです。
確かに何度か猿は見かけて居ますが想像以上に大変だと思います。


※上から1枚目と3枚目の横長の画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1911161
松井田城址は戦国時代の山城です。
国道18号線を走って居ると案内板があり以前から気になって居ました。
入り口には「熊注意」と書かれて居ました。
ま、鹿や猿は何度か見て居ますからあり得ると思いながら登りました。
約一時間の行程で山頂の本丸跡や物見櫓跡迄行って来ました。
此処にも戦国時代のドラマがあった証が残って居ます。
水彩画家・長尾1周二1911162
その後車を走らせ、東京のメンバー宅に向かいました。
というのも、フランスのフランソワーズさん(ARTEC・会長)から私がフランスで制作した大作をメンバー宅に送って頂き、其れが届いたとの事でした。勿論日本で発表する為です。

その後フランス人形が詰まった旅行鞄をブログを管理して下さって居る知人とお会いして受け取りました。勿論此れも展示予定のグッズです。カバンには約30体くらいのフランス人形が詰まって居ます。
子供達を楽しませる仕掛けに展示予定です。


※上の横長の画像はクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1911151
紅葉が盛りに為って居ます。車を走らせ紅葉を楽しみました。霧積ダム湖も行って来ました。
先日の災害で霧積ダム湖迄は行けましたがその先は通行止めで霧積温泉には行けませんでした。又ダム湖には水が貯めて無くて絵には為りませんでした。

さすがに紅葉シーズン観光客もカメラを持って大勢いらっしゃって居ます。
出来るだけ人が居ない場所で制作しています。
水彩画家・長尾1周二1911152
朝晩の冷え込みが始まって昨日からセーターを着て薄手のダウンジャケットで暖を取って居ます。
妙義山山麓で大作を描いていた際に冬を迎える為でしょうか、カメムシが大量に出て居て車の中にも何匹か入ってしまいました。見つけた際にはテッシュで摘み外に出して居ます。
ところが運悪く手にあの悪臭が着いてしまいました。クラクラする位の臭さです。カメムシも暖かく過ごせる場所を探して居るのでしょうが、車内は勘弁して欲しいですね。
水彩画家・長尾1周二1911153
昼食は19円のうどんに下仁田ネギ3本100円、豚肉243円の2割引を買ってその一部を入れて頂きました。食事も楽しみの一つです。地元の食材を安価に入手して頂くのは有難いです。
夕食はレトルトカレーにしようと思って居ます。

昨日はコインランドリーで洗濯しました。こうした利便さが車上生活を支えて居ます。
トイレも最近はウオシュレット付きの公衆トイレが多いですね。
フランスの田舎だと林の中で用を足した事も多々有ります。
しかし日本に帰ってからはそうした事は殆ど有りませんね。

※上の横長の画像2枚はクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1911141
松井田宿から碓氷峠を目指し旧18号線を走りだしました。
途中の紅葉は今が見頃ですが、峠では粗方終わっていました。
松井田宿は紅葉が始まって木々が色づき、登るにつれて盛りに為って居ました。
強い風が吹き枯葉が舞って居てまるで枯葉のシャワーを浴びながら走りました。
水彩画家・長尾1周二1911142
時々気に入った場所に車を停めて筆を走らせ写生をしたした。
未だ数日紅葉が楽しめる様ですから描き続けたいと思います。

夜明け前から写生場所に止まって待ちます。
朝日に映える妙義山は素晴らしいですね。
紅葉が燃える様に光輝き心に染みます。
水彩画家・長尾1周二1911143
弟から電話があり宇高フェーリが12月16日で廃止になると連絡がありました。
私は常に利用して居ただけに残念で為りません。帰りの半券も車に有ります。
約1時間の船旅は瀬戸内海を望みながら楽しみの一つでした。
瀬戸大橋を車で渡るのに比べたら本当に楽しみでした。
時代の流れですが残念ですね。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ