ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記20100511
フランソワーズさんの館には500年以上経った木像のマリア像が 有ったり大理石の彫刻が有ったりで部屋の中のアンティークを見ているだけでも驚きです。
浮世絵の版画も壁に掛かって居ます。
今日は雨で殆ど外に行かなくて館に居ました。
美術関係の本を見ながら時にスケッチブックに写したり。
ラジオのクラシックを聞きながら何と幸せな環境に居る事かと感動しています。
巡り合わせと運命的な偶然は凄いですね。

ヨーロッパに旅して4年目色々有りましたが大病の後のプレゼン
トでしょうか。
5月18日から6月3日迄シャトーボガールで展示します。
本番の個展は7月27日から8月19日です。
夏が一番世界中からお客様が来られるシーズンなので沢山の人々に見て頂けるのはこの上も無い喜びです。

牡丹の花で苦しめられましたが体調を調えて頑張ります。牡丹はまだまだこれから咲きますから気に入った作品が出来る迄チャレンジです。

この国の凄さは古い旧家にはそのまま美術品が残って居る事です。アンティーク市やショップにも重要美術品が転がって居ます。家具にしてもキャンドルにしても素晴らしい物が有りますね。
お金が有ればもっと良い物が手に入るのですが見てるだけでも幸せです。