ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記写真100623
ヨーロッパを車で旅していて必ず必要な品物が幾つか有ります。
鍋、ヤカン炊飯用。
カセットコンロ、〔最初は大きなガスボンベでした。〕車が事故で小さい車に代わってからはカセットコンロが活躍しています。しかしカセットコンロ用のガスボンベがどの国でも手に入る訳ではないので要注意です。
寝袋、テント。

真冬はダウンのシュラフが必要です。氷点下は当たり前ですから。テントは夏、暑くて寝られない時使います。
虫に刺された時のキンカン。
バケツ、洗濯や身体を拭く時使います。
水、何時も20リットル以上積んで居ます。絵を描くときも使います。
忘れてはいけないのが、孫の手
雨や雪の時はハンドルに差してイーゼル代わりにして絵を描きます。寒い時や雨の日は外で描けませんから。
ハエ叩き代わり。自然の生活は虫やハエも一緒です。今迄に車の中に入って来たハエを何匹やっつけたか!勿論本来の孫の手の利用方法も有ります。
短波ラジオ、NHK地球ラジオを聞く為。

サングラス、紫外線対策。リンゴ、健康維持の為携帯電話やカメラの電源は車で取っています。
バッテリーケーブル何度助けられたか。
小さい車によくぞと思うぐらい荷物が積んで居ます。大型のルーフキャリアボックスに画材が入って居ます。全板画用紙と30号のパネルが10枚積めます。

スペイン、カタロニア地方で爆弾闘争が盛んな時はポリスから良く検問されました。
意外な物が入って居るでしょ。私の車での放浪生活の必需品でした。

何時でも二週間分は食糧積んでるよ。