ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
アパートを引き揚げ車上生活を始めて10年近く経ちます。過酷な生活が続いた結果、歯と目が加齢と共にガタが来ています。昨年は腹膜炎、胆嚢炎を併発入院手術となりました。こんどは歯の治療です。日本に滞在中は数ヶ月おきに歯垢除去と共にチェックして頂いたのですが海外先では儘為らず帰国時に面倒を見て頂いて居ます。
今月中は歯の治療に専念です。

話は変わりますが海外から日本人を見ていると時々理解出来ない出来事や自信過剰と言うか井の中の蛙と言った事を感じます。
毎日メディアでエコノミーエコノミーと連呼し日々一喜一憂している日本の現状を見ていると滑稽さや哀れさを感じます。
日本各地を旅していて挨拶をするとキョトンとしたり返事が返って来なかったりする事が有ります。隣近所でさえ交流が無く孤独死で紙面を賑わせています。

トヨタ自工の社長がアメリカで涙を流して謝罪して居た時、フランスに滞在していましたがフランスの人々はアメリカの野蛮人が騒いで居ると私に話していました。もし彼にアメリカの要人何人かに友人が居たらあんな茶番劇に為らなかったと思います。(帰国してトヨタの社員から聞いた話で社長が友人を作る事の大切さを訓示したそうです。)日本を代表する会社が此ですから言わずともお分かり頂けると思います。

人々が親しくする事によって信頼関係や経済に繋がって来ることは当然で人間関係の基本だと思います。トヨタの社員に限らず海外勤務を命ぜられた時から帰国する事を目標に仕事し、子供は現地の言葉をマスターし仲良くしますが大人達は日本人村で過ごして居て現地の言葉処か友人すら作らず帰ってくるのが大半です。
私も各国で駐在員や企業の社員と出会う事が有りましたが人を見下げた態度や馬鹿にした態度で接した人々が殆どでした。何様で何を目的に海外勤務されて居るのかと疑う程でした。
中には気持ち良く今でも連絡を取り合っている人が数名居ますが珍しい位です。
先端技術であれワインであれ扱うのは人間ですから如何に人々と親しくする事がその販売や経済に繋がる事と為ります。

海外に出ない日本人、出てもツアーと同じ様にぞろぞろと仲間で自分勝手な我が儘で通してる日本人。

私は貧乏で日々の暮らしに事欠いて居ますが心の貧しい姿を見ていると寂しい限りです。
日本の都会で周りを見渡し100年後残っている建物や物が幾つ有るでしょうか?後世に受け継がれ残る物が文化です。一生懸命生きた証が文化遺産になると思います。
又それらの活動全て人との係わりで生まれ来ると思います。

先ずは周りの人々と仲良くする事を心掛けたいと日々願っています。