ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
長尾周二120917
アートテクトメンバーによる展覧会が15日から30日迄開催去れます。昨日はトラックと私の車に作品と設営機材を満載してParisに入りました。
都会は何処も同じ様に渋滞と駐車場代金の高い事には参ります。

展示作業を終わって作品を見て回ると現代を象徴する様にごちゃ混ぜの作品群で私は呆れ果てる感じです。フランス美術はダダイズム以降基礎教育が行われて居ません。ですからアマチュアの作品と何等変わらない酷い作品を平気で出してきます。
勿論中には鑑賞に耐えうる作品も有りますが私は現代美術を見ると此れは駄目だと思って居ます。
作品を見てわくわくさせてくれる様な秀作が美術館やアンティークショップにはゴロゴロ有る国ですが作家は少ないのが実感です。
キャンバスに鉄板を張り付け此れでどぅだ!とか大画面に三原色を塗りたくってインテリジェンスを全く感じない物迄で有ります。
特に人物画や風景画は写真を見て描いた作品が殆どで原画の写真を展示したらと言いたく為る位です。
是が現代美術の破綻を象徴するかの様です。
ま、私は自分の道をゆっくり最期迄歩きたいと思って居ます。

写真はマドレーヌ教会内部です。