ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二130314
フランソワーズ・イカールさんの館にはルドンの模写が何枚も有ります。その中でも好きな作品が写真の作品です。ルーブル美術館でルドンの特別展が有った時に作品を見ましたが何故此処に模写が有るのかと言うとマダムの御祖父さんがルーブル美術館に勤務して居た画家だったからです。私が居る部屋にも30号の人物画が有ります。

3・11の年、欧州に旅立ったのはその一週間前でした。友人から後で言われたのですが遅れて旅立つと成田から飛び立てなかったよと。
スペインの友人宅で津波の映像を見て直ぐフランスに飛びブラッシュ市の市長にチャリティー展覧会を依頼しました。それらの一連の事も今思うと天命だと思います。
何故フランスのロワールに居候しているのか?しかもARTEC会長の館なのか?不思議なご縁です。