ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二130613
とても素敵な風景で気に入って通って居ます。
ヨーロッパではモダンアートやエロ・グロ・ナンセンスの作品が主流で私はそれらは全く顧みず毎日、大自然の中で制作を続けて居ます。
美しい物を美しいと表現する困難さやイメージ通り描けないもどかしさが毎日描いて居ての実感です。
空気が澄んでいて陽射しが強ければ光輝いた大地が微笑みかけて来ます。
しかし戦っても挑戦しても打ちのめされます。
先月作ったパネ29枚が略、描き終わり新たに10枚作りました。120号のパネルにも水張りを終えて明日から挑戦です。
上森さんと競うように毎日描いて居ますがこんなに美しい風景を描きに来る画家が居ない事に二人で不思議だねと話して居ます。
風景画は大自然と一緒に在ってこそ表現出来ると思います。