ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1311162
山口県を日本海沿いに東に向かいました。
途中、北長門国定公園や香月泰男美術館や石正美術館を訪ねました。

水彩画家・長尾周二1311161
特に浜田市世界こども美術館はとても面白い展示内容でした。
島根県浜田市三隅にある石州和紙会館にお伺いしました。
そこで教えて頂いたのですが石州和紙はユネスコ無形文化遺産にも指定されているそうです。
この施設は和紙が出来る工程を実際に実演出来る設備を備えて居る所が素晴らしいですね。日本文化の基礎は木と紙です。

私が子供の頃は四国高松の外れでも瓦焼きや和紙制作をしていました。そうした長く培われた文化を継承する人材や施設が無くなる中でこうした活動は大変意義が有ると思います。
倉井さん等から詳しく話を聞かせて頂きましたがこの様な文化を継承する為にも和紙の使用と販路の拡大が求められます。

美術館も文化財も見学する価値は有りますが地元に根付いた文化を知ることも大切だと思います。
ドライブで日本海を見たくなったら是非立ち寄りたい施設ですね。

日本海を望む小さな漁村で出会った老漁師は漁に出ても生活出来る程魚が取れなく為って市場に魚を卸す事も無くなったそうです。
船を出す時にお聞きしたのですが晩のおかずを釣りに行く位で船も沖に出す回数もすっかり減ったそうです。

30年前に相模湾の漁師が遊漁船等したくは無いけど魚が取れなく為って仕方なく遊漁船をしていると話して居ましたが、東京近郊の海だけではなく島根県や山口県でも同様だとは大変驚きました。
海の渚に貯まったゴミの量は過疎化と高齢化魚が取れなく為って居る事もその一因だと知りました。
私が日本を車で放浪していた時に比べると明らかに全国至るところでゴミが海岸線に貯まって居ます。又、瀬戸内海は?ですが、中国、韓国から流れ着くゴミが大半だとか・・・。