ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二140210
展覧会最終日、東京で雪が舞って居ました。弟から借りた軽四はノーマルタイヤです。四国高松に向かうには先ず箱根山か御殿場の峠を越えなければ為りません。2月4日の雪で山越えが出来るかが問題でしたが箱根山は一部冬タイヤが必要な場所が有るとの情報で246号線を選び6日に走り抜けました。山や畑には雪が残って居ましたが幸い道路は問題有りませんでした。その日は静岡県袋井市に在る南欧料理ピエーノを経営するオーナーシェフの鈴木さん宅に泊めて頂きました。
フランスで出合いフランソワーズさん一家が来日した際にもお世話に為りました。名古屋の知人と会った後は1号線で京都、大阪を目指しました。7日、鈴鹿市から峠越えの際、午後3時で氷点下0度でした。
ラジオニュースを聞いて居ると大雪警報か出て居るとの事です。たとえ数センチでもノーマルタイヤでは走れません。京都に入る頃には道路掲示板にも大雪警報が出て居ると有りました。京都南から高速道路を走り神戸三ノ宮を目指しました。夜、9時頃到着しましたがその時には雪が降りだしました。此所からはジャンボフェリーで高松港を目指します。
8日深夜1時出発です。
出発まで時間が有るので三ノ宮駅前まで食事に行って来ました。勿論、雪で芝生は真っ白に為って居ました。雪で走れ無くなる事も想定しホテルで泊まる覚悟もしました。
無事高松に着いて弟宅に着いたのは早朝5時半頃です。一眠りして外を見ると真っ白で高松も3センチの積雪が有りました。東京は記録的な大雪でしたから間一髪と言った感じです。
フランスとの連絡も有り美術館との打ち合わせが必要で高松に来ました。その顛末がこのブログです。