ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1404241
2日間で5ヶ所の蚤の市を見て回りました。結果写真の卓上鏡1個買いました。マダムに見せると私が買った価格より高い見立てをして良い品物を買ったねと仰有って居ました。
限られた所持金で出物を探すのは宝探しと似ています。
このロワール地方でもアンティークは殆ど出なくて家庭雑貨や新しい家具です。ほんの2、3年前は家具も本当に良い品物が出て居たのですがアンティーク専門のショップでしか見られなく為りました。
其でも探せば良いアンティークが見つかるから楽しみで回って居ます。
古い額縁に入った作品でもルーペで確認しないとプリント物だったり写真にメジュウムでタッチを入れたイミテーションだったりします。以前、小さな額縁に好きな色の花が描かれていて10ユーロで買った作品はイミテーションでした。写真製版にメジュウムでタッチを入れたイミテーションでした。ルーペでプリント物かは確認したのですが紛い物を買うはめに為りました。ま、それ以降は念入りにチェックしています。
業者でも真贋が分からず販売している事があります。昨日コンテによるデッサンが30ユーロと云うのを20ユーロに値切り再度ルーペで確認してみるとプリント物でした。業者でもプリント物かゝか分からなかったのだと思います。額は古い額縁に入って居て時代は有ってガラスも割れて居てもしやと買う気に為ったのですがコピーじゃ塵同然ですから勿論買いませんでした。怪しいと思った時は先ず駄目ですね。何年か前に2ユーロで買ったメゾチントは大変貴重な作品でした。埃まみれでガラスを指で拭いた瞬間、良い品物だと直感しました。勿論、即買って日本に持ち帰りました。銀座古径の社長に見せても大変貴重な物だと鑑定して頂きました。
水彩画家・長尾周二1404242
5月1日はシャトーシャンボールでアンティーク専門の蚤の市が大規模ちに開催されます。
この日は一年でも最も楽しみな蚤の市です。
この蚤の市で小さな塑像で5ユーロで買った女性3人の品物は私が買った中でも一番気に入った品物です。18世紀に造られた当時は大量に造られた型抜きの作品ですがその時代の様式を代表する優雅な作品です。
作品も毎日描いて居ます。今日は雨が降ったり止んだりでしたがリアドアを開けてその下で描きました。