ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1405021
四月、着いた時から晴天が続居ていましたが今は寒い雨風の日々です。マダムの話では春先温かい日々が続いて鹿の出産が早く為ったそうです。その後、寒い日が続いたので子供の鹿は寒さに耐えきれず死んだそうです。リンゴの花もプラムも今年は出来が良くない様子です。

artecの手伝い以外は毎日外に出て制作を続けて居ます。雨の日も風の日も時間を惜しんで描いて居ます。描けば良いとは言いませんが描かなくては前にも横にも進みません。ある画家が描けなく為ったら描きたくなるまで待てば良いと答えたそうですが私の様な才能を持ち合わせて居ない絵描きに取って描くしか解決の方法は思い当たりません。
水彩画家・長尾周二1405013
特に思い悩んで進まない時はチャンスと捉え山籠りで誰とも会わず戦いを挑みます。
すると又、新しい物が見えてきます。年中その繰り返しです。

特に勝手に手が動いて対象を見ないで描けたつもりに為った時は要注意で実に浅はかな表現に為っています。そうした時はどんなに泥臭く為っても感じた事を表現しようと努めます。・
そうした心の弱さに負けないと努めています。又、新しいモチーフや人物にもチャレンジしています。
何枚描いても描いてもこれで良いと納得出来る作品が出来ません。しかし、描かないと前進も何も起こりません。大みそかも元旦も多摩川で50号を描きましたしその姿勢は変わりません。何より皆様の支えでこうして絵が描き続けられう事に感謝です。

子供の頃の夢は叶いました。こんな幸せな事は有りません。どうしてこの地にいるのかも分かりませんが運命なのか必然なのかただ感謝です。何が無い何が足りないと言えば片言の英語しか話せず何もかもが信じられません。あえて言えば意志ある処に道は開けると言った所でしょうか。
今後も御声援宜しくお願い申しあげます。